お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの未来予想図はこんな感じ?いいの?ダメなの?

今回はiPhoneの未来について個人的な考察に基づいてただただ、妄想していこうと思います。iPhone3Gの発売から11年程が経過しており今年の9月には恐らくiPhone13(仮)が発売されることでしょう。これがこのまま進んでいくと9年後にはiPhone20が発売されていくことでしょう。さてここでiPhone20とは一体どのような形をしていて、どのような機能が搭載されているのでしょうか?想像が出来ませんよね?超薄型かのかな?超軽量なのかな?カメラは高性能なのかな?などなど今考えられることで推し量っても様々な内容が妄想出来ます。ということで完全な妄想となりますが下記より是非チェックしていただければと思いますので宜しくお願い致します♪

 

超薄型?超軽量?

iPhone20が発売されるとすればあと9年後ということになります。表記としては「iPhone XX」ということになるのでしょうか?その辺りもついつい妄想してしまいます。まずは超薄型になるのではないでしょうか?今はガラスのディスプレイになっているので落として割れることがありますが、この頃になると割れないガラスという素材、ガラスのコップではなくペットボトルっぽい落としても割れないディスプレイが出てくるでしょう。少し曲げただけでは壊れないという感じです。そして薄型=軽量となります。今のメイン基板は曲げると壊れるのですが曲げても大丈夫な基板なども出来ているのではないでしょうか。それにより軽量・薄型なiPhoneとなると思います。カードみたいな感じになるのではないでしょうか?楽しみですね♪

 

更にその先は?!

さて、iPhoneの未来予想図ということで更に進めてみると一体どのようなモノになっているのでしょうか?まず、普通に持ち歩くことはないと思います。クラウド上に全てがあり高速通信でやり取りすることで情報をやり取りすることになります。なので今のスタイリッシュなフォルムのiPhoneはもう存在しなくなる!という可能性がありますよね・・・悲しいけどもうiPhoneをどこかに忘れるなんてことや落として画面が割れてしまった!なんてことが起こらなくなるかもしれませんね。では端末やディスプレイはどうするのでしょうか?ディスプレイに関しては網膜ディスプレイですかね?自分の視野に映像として表示されるでしょう。端末に関しては自分の体に埋め込んでしまうかもしれませんね。置き忘れることもなくなりそうです♪

まとめ

ということで完全なる妄想となるわけですが、端末を体に埋め込むととても便利だと思う反面で、健康アプリで自分の体を24時間監視されてGPSで常に居場所が分かる・・・こんな世の中?になるのかな?と考えると少し怖くなりました。もちろん自分の健康を24時間監視してくれることはいいことかもしれません!GPSで常に居場所が分かれば犯罪率も下がってくるかもしれません。しかし人として、何かたいせつなモノを失ってしまうのではないか?と書いていて急に感じてしまいました。みなさんはどう感じましたでしょうか?とはいえかなり未来のお話ですので気軽に是非妄想してみていただければと思います!ではまた!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。