• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneのロック解除は顔認証と指紋認証どっちが良い? 二つを比較してみましした
お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのロック解除は顔認証と指紋認証どっちが良い? 二つを比較してみましした

smartphone

スマートフォンの中で一人勝ちを続けているiPhoneですが、Androidと比較してセキュリティが強固である事で有名です。

デバイスのデータ管理やApple IDの保護、生体認証に使われている指紋や顔のデータなど個人情報に関わる部分はとても強固にセキュリティで保護され管理されています。

デザインや品質、サポートの手厚さのみではなく、デバイスの安全性やデータのセキュリティ保護の高さなどはiPhoneを選ぶ上での大きなメリットではあります。

そんな中でユーザーが最も頻繁に使い、保護してくれるセキュリティ機能があります。それが生体認証機能です。

今回は使用するユーザーを認証してロックを解除する生体認証機能についてまとめて比較していきます。

iPhoneのロック解除について

iPhoneはスリープ状態から立ち上がる際に他人が勝手にiPhoneを使用しないようにロックをかけることができるようになっています。

それが暗証番号によるパスコードロックと指紋や顔を使って解除する生体認証です。

iPhone5sから指紋認証が、iPhone Xからは顔認証機能が搭載されました。

5s以前の機種は生体認証がなかったのでスリープ解除されてから毎回パスコードによる暗証番号ロックでした。

少し通知やメッセージを確認したり、操作するのに毎回パスワードを入力しないといけなかったのでとても面倒で煩わしかったのを覚えています。

生体認証が搭載されてからはすぐにロックを解除し、使うことができるようになったのでとても便利で画期的だと当時は感動しました。lock_nankinjou_shimon

iPhoneの生体認証方法

現在、iPhoneのロック機能は二つの機能があり、指紋認証であるTouch IDと顔認証であるFace IDです。

パスコードロックと同時に登録することができ、認証すれば暗証番号なしで解除できます。

しかも暗証番号を入れずに一瞬で認証されるのでスムーズです。

それぞれ指紋と顔、使っている人間が以外の他人が持っていない特徴です。

もちろん現行機種にもどちらも採用されています。それぞれ詳細を確認していきます。

指紋認証のTouch IDについて

smartphone_shimon_ninsyou指紋認証機能であるTouch IDはiPhone 5s以降から搭載されており、スマートフォンにおける生体認証機能としては最も搭載されている機能でもあります。

6s以降の機種では第2世代の認証センサーになっており、高速な指紋認証が可能になっております。

iPhone 6Sの発売当時は通知を見る前に認証されてしまい認証が早すぎるなんて言われたこともありました。

メリットは指紋を最大5つまでの指紋を登録することができ、登録する指によっては左右の指どちらを使っても認証が可能です。

また、顔認証と違い指をホームボタンに当てるだけで解除され、iPhoneを注視する必要もないので通知のみの確認がしやすくスマホを顔の前まで持って来なくても良いというメリットがあります。

デメリットは指紋を使う都合上、手が濡れていたり汚れている状態では反応しません。

また手袋をつけている状態でも使うことができないので冬場で手袋ををしていたり職業上、手袋を使っている方などは使いづらく感じてしまうかもしれません。

手を洗って乾く前や雨で手が濡れている状態では使うことができないなど日常生活の中でも多くあるシチュエーションですね。

指紋で認証する関係上、指が触れれば解除してしまうので寝ているうちに他人から手の指を当てられ、解除されてしまう可能性もあります。

実際にあった事件になりますが、夫婦で飛行機に搭乗中、寝ている夫の携帯を指紋認証で解除し浮気の証拠を見つけてしまった奥さんが激昂し、飛行機が緊急着陸する事態が発生したこともあります。

顔認証のFace IDについて

顔認証はiPhone X以降の機種で搭載されており、iPhoneの最近の流れはこの認証方法となっています。

iPhone上部のカメラで顔を識別しているのではなく、iPhoneに搭載された赤外線センサーで顔の形状や凹凸で顔を認識しロックを解除しています。camera_kao_ninshiki_smartphone

メリットは顔の形状で解除しているので指をホームボタンに当てる必要性がなくスムーズに解除ができるメリットがあります。

デメリットは顔の形状で判断する関係上、マスクをしたりフルフェイスヘルメットをしているなど顔が覆われた状態では認識ができないデメリットがあります。

また、iPhoneを注視しないと顔を認識せず解除されない為、カバンに入れたまま通知のみの確認や座った状態で膝下での操作などは難しいですね。

また、指紋認証は5つまで登録可能ですが顔認証は2つの顔までの認証となっています。

最近はコロナウイルス対策でマスクをするのが日常化していますのでマスクで解除ができずにパスコードを打って解除することになるのは多いですよね。kao_ninsyou_mask_man

顔認証は解除されやすいの?

顔認証は他人から解除されやすいのではないかと言われることがありますが、決してそんな事はありません。

顔の形状と凹凸で認証するので顔を印刷した紙や写真では認証されませんし、目を開けていないと解除されないので寝ている時に他人が勝手に解除するということもありません。

登録された顔の情報は暗号化されてiPhoneの基板上のチップに保存されるのでインターネット上に保存されることもないので他人が顔の情報を見ることもありません。

しかし顔の形状が限りなく近い場合認証されてしまう可能性はあります。

顔が瓜二つの親子や双子が解除されるか実験をして認証されてしまったケースもありますので絶対のセキュリティではないようです。smartphone_big_screen_u

認証方法の比較まとめ

2つの認証方法を比較しましたがセキュリティ面では指紋認証よりも顔認証機能の方が安全性は高いですが、最近のウイルスに関する騒動でマスクの着用で生活するのが日常になってしまったので指紋認証の再評価する流れがあります。pleats_mask_hida

現行機種の一つであるiPhone SE2では指紋認証が復活し、マスクがある中では指紋認証の方が都合が良いということで機種を変更される方もいます。

Android端末ではすでに液晶画面に指紋認証機能を埋め込んだ「画面内指紋認証」を実用化しており、次に発表される新型のiPhone13(仮)では実装されるのではと言われております。

もし実装されれば大きな画面領域をそのままで指紋認証機能が使うことができるのでコロナ禍の世の中では願ったり叶ったりな機能ですね。

まとめ

今回は生体認証機能について比較してみましたが指紋、顔認証ともにメリットとデメリットがありますね。

Face ID搭載の機種でマスクで解除できないので認証ロックそのものをかけずに使っている人もいるくらいです。

iPhoneを落としてしまい誰かに拾われたら、データが閲覧できるので大変です…。

マスクをする必要がなくなれば顔認証が自由に使えるのでFace IDの方がメリットずくめですが、コロナウイルスが収まるまでは指紋認証のTouch IDの方が使いやすいと思われます。

今からiPhoneのお買い替えを検討されている方は指紋認証が良い方はiPhone SE2を選んでいただき、顔認証の方が良い方はiPhone12シリーズが良いと思います。

もしくは今秋発表される予定のiPhone13(仮)で画面内指紋認証が搭載されるかどうか発表を待った方が良いかもしれません。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。