耐水のiPhone Xが水に濡れたけど大丈夫?まずは水没マークを確認

iPhone Xには、IP67等級の耐水性能が搭載されていますが、完全に水を防げるわけではないので、もしも水に濡れてしまったときは不安になってしまうでしょう。 突然雨が降ってきたり、うっかり水のある場所に落としてしまったりしたときなど、iPhoneが水没状態になっていないかを確認する方法があります。 今回はiPhone Xの水没確認方法をはじめ、自分でできる応急処置や、水没してしまっていた場合の主な修理先について紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

iPhone Xの水没マークを確認する方法

iPhone Xが水に濡れてしまった場合でも、基本的には耐水性能が搭載されているので、必ずしも水没といえる状態になっているとは限りません。

しかし、これはあくまでもiPhone Xの場合です。耐水性能が搭載されているといっても、しばらくiPhone Xを使っていると、ほかの部品が劣化するのと同じように、耐水機能に関係する部分も劣化していきます。

iPhone Xの耐水機能はIP67等級という規格で、真水の水深15cm~1mに30分間は耐えられるという仕様になっています。

とはいえ、実際にiPhone Xの耐水機能は、普段目で確認できるものではありませんので「水没したかも?」と思ったときには、目に見える方法で確認しなければなりません。

そこでひとつの指標となるのが、水没マークの確認です。水没マークとは、液体浸入インジケータ(LCI)と呼ばれるもので、水に濡れると赤くにじむようになっています。
iPhoneの液体侵入インジケータは、機種によって搭載してある場所が若干異なるので、Apple公式サイトなどで確認してください。

iPhone Xの場合は、iPhoneを背面から見て左側の、SIMカードが挿入されている場所にあります。見えにくい場合は、iPhoneを傾けて見やすくするか、ライトで照らして確認しましょう。

目次へ

水没後の応急処置

先ほど紹介した方法で液体侵入インジケータが赤くにじんでいた場合は、iPhone Xが水没しているということになりますので、早急に応急処置をしなければなりません。

水没している状態でも、iPhoneが問題なく使える場合もあります。しかし徐々に支障をきたし、最終的には電源自体が入らなくなってしまう恐れも考えられますので、そのまま使用するという選択はやめましょう。

まず、電源が入っている状態のiPhoneならば、電源をすぐに落としてください。電源が切れているiPhoneの電源を無理に入れたり、充電器に差したりする行為もしないようにしましょう。通信に必要なSIMカードも、このときに抜いておいてください

水没しているiPhoneの電源をつけたままにしていたり、充電したりすると、iPhone内部に格納されている電子基板がショートしてしまい、iPhoneが復旧できなくなる危険性があります。

また、水没したiPhoneを乾かそうとドライヤーを使う行為もNGです。ドライヤーの熱で、iPhoneが故障する危険性がありますので、iPhoneに付着している水分は、乾いた柔らかい布で拭き取るようにしましょう。
拭き取りの際は、iPhoneに付けているイヤホンやカバーなどのアクセサリー類もすべて外して、隅々まで丁寧に拭き取ってください。

目次へ

水没していた!修理先はこの3つ!

水没後の応急処置ができたら、一刻も早く修理をしてもらわなければなりません。iPhoneが水没しているということは、いくら外側を乾いた布で拭いても、内部には水分が残っています。
iPhone内部には、iPhoneのシステムを動かすための大事な電子基板や部品が入っているので、水分が残っているということは「いつ故障してもおかしくない」状況になります。

そのため、修理するまでの期間が長くなれば長くなるほど、故障のリスクは上がり、内部の電子基板や部品が錆びてしまう危険性が高くなってしまうでしょう。

iPhoneの修理先は、主に3つあります。ここからは、それぞれの修理先について解説していきます。

①Apple Store

iPhoneのメーカーである、Appleの正規店です。iPhoneをはじめとするApple製品を取り扱っているお店ですが、iPhoneの修理も受け付けています。
バッテリーの無償交換などもおこなっており、普段はApple製品に関するサービスが非常に充実していて、Apple製品を使っている人には心強い存在です。

しかし水没しているiPhoneのバッテリー無償交換は対象外となっています。iPhoneには、基本的に1年保障が付いていますが、水没しているiPhoneの故障は対象外です。そのため水没したiPhoneの修理は、修理費用が高くついてしまいます。

また、Apple Storeに修理依頼するためには、事前にネット予約をしなければなりません。非常に混雑していることが多いので、希望の日時が取れにくいこともあります。
修理も即日修理になることは稀なので、手元にiPhoneが戻ってくるまで日数がかかるのにも注意してください。

②Apple正規サービスプロバイダの専門店

Appleの正規サービスプロバイダの専門店にも、修理を依頼できます。Apple Storeよりも店舗数は格段に多いですが、保障内容などはApple Storeとほぼ同じです。
そのため、水没しているiPhoneの場合は保障が受けられないので、修理には高い修理費用がかかる可能性が高いといえるでしょう。

Apple正規サービスプロバイダの専門店とApple Storeとの大きな違いは、プロバイダの方は修理専門店であるということです。Appleの認定を受けている店舗なので、修理部品もApple純正部品が使われます。
しかしApple Storeと同様に、お店が混雑していることが多く、予約を取るのが難しいこともあるでしょう。

③街の修理専門店

街のiPhone修理専門店に修理を依頼する場合は、修理店によってサービスの質が異なるので、きちんと優良店を見極めなければなりません。
近年ではiPhone修理専門店の数も多いので、一部では交換部品やサービスの質が低いお店もあります。

その一方で、街のiPhone修理専門店に依頼した場合、「待ち時間が少ない」「Apple Storeよりも修理価格が安い」「対応が早い」などのメリットがあります。

当店スマホスピタルでも、iPhoneの水没復旧修理に関してはスピーディーな対応を行っています。当日の受付時間によってはお返しが後日になる可能性はありますが、早ければ即日対応することもできるでしょう。

さらにスマホスピタルは総務省登録修理業者として認定されていますので、修理内容や交換するパーツについて、自信を持って質の高いサービスを提供することをお約束します。

スマホスピタルの水没復旧修理にかかる目安時間は、約120分です。突然の水没でも素早く修理できるので、忙しい方にもおすすめです。

予約していただくと案内がスムーズですが、予約なしでも対応できますので、出先で突然水没してもそのままお店に持ってきてもらえば、すぐに対応できるでしょう。
スマホスピタルは、全国に80店舗ありますので、お近くの店舗に持っていってもらえれば、スピーディーに対応しますが、万が一お近くに店舗がないという場合は、郵送での修理にも対応しています。

 

目次へ

まとめ

iPhoneは普段から携帯するものなので、いつどこで水没するかは分かりません。もしもiPhoneが水没してしまったときは、慌てずにまずは応急処置を行ったのち、早急に専門店へ修理依頼をしましょう。
その際は、丁寧かつスピーディーな修理対応のスマホスピタルへもぜひご相談ください。

目次へ