【簡単】iPhoneのデータ移行を「パソコン」で行う方法を紹介!

「iPhoneのデータ移行を行いたいけれどやり方がわからない」「パソコンを使ったデータ移行の方法を知りたい」このような悩みを持った方も多いのではないでしょうか。 ここではiPhoneユーザー向けに機種変更時のデータ移行を行う方法を解説します。記事を読むことでiPhoneのデータ移行について詳しく知ることができるでしょう。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneのデータ移行をパソコンで行う方法

まずはiPhoneのデータ移行をパソコンで行う方法から紹介します。iPhoneのデータ移行をパソコンで行うにはiTunesとLightning-USBケーブルが必要です。事前にiTunesのダウンロード、インストールを行っておきましょう。Lightning-USBケーブルはできるだけ純正のものを使用しましょう。

①データのバックアップ

1. 移行元のiPhoneとパソコンをLightning-USBケーブルで接続します。
2. iPhone側に「このコンピュータを信頼しますか」というメッセージが表示されるので「信頼する」をタップします。
3. パソコンでiTunesを起動します。
4. iTunesにiPhoneアイコンが表示されるのでクリックして「概要」を選択します。
5. 「今すぐバックアップ」をクリックします。
6. Wi-Fi設定やサイトのパスワード設定を引き継ぎたい場合は「 iPhoneのバックアップを暗号7. 化」にチェックします。
8. パスワードを入力して「パスワードを設定」をクリックします。
9. バックアップが開始されます。

②データの移行

1. 移行先のiPhoneとパソコンをLightning-USB ケーブルで接続します。
2. パソコンでiTunesを起動します。
3. iTunes画面にiPhoneアイコンが表示されるので選択して「概要」を表示します。
4. 「バックアップを復元」をクリックします。
5. 復元したいバックアップデータをクリックします。
6. バックアップのパスワードを入力(設定している場合)します。
7. データの復元が開始されます。

以上でパソコンによるデータ移行は完了です。

目次へ

【パソコン以外】iPhoneのデータを移行する方法

次にパソコンを使用せずにiPhoneのデータ移行を行う方法を紹介します。Appleの提供するクラウドストレージiCloud上のバックアップから復元する方法と、新旧iPhone間でデータ転送を行う「クイックスタート」を利用する方法があります。

データのバックアップから復元する方法

クラウドストレージのiCloudを利用してバックアップおよび復元を行います。大容量のデータ転送が必要なためWi-Fi環境下での作業が好ましいでしょう。

①iCloudへデータをバックアップ

1. iPhoneの設定画面でユーザー名をタップします。
2. 「iCloud」を選択し「iCloudバックアップ」をタップします。
3. 「iCloudバックアップ」をオンにして、「iCloudバックアップを開始」というポップアップ4. 画面で「OK」をタップします。
5. 「今すぐバックアップを作成」をタップします。
6. バックアップが開始されます。

②バックアップデータの移行

1.移行先のiPhoneの電源を入れ、画面の案内に沿って設定を進めます。
2.「Appとデータ」画面が表示されたら「iCloudバックアップから復元」をタップします。
3.バックアップしたデータを選択します。
4.データの復元が開始されます。

以上でiCloudからのデータ移行は完了です。

iCloudの料金

iCloudでは5GBまで無料で利用できますが、5GBを超えて利用したい場合は月額の利用料金が発生します。ストレージ容量ごとの料金は以下のとおりです。

・50GB:130円
・200GB:400円
・2TB:1,300円

新しい機種で「クイックスタート」を利用する

クイックスタートは移行元のiPhoneを移行先のiPhoneへかざすだけでデータの移行を行える機能です。iOS12.4以降であればパソコンやiCloudへデータのバックアップを行うことなく、iPhone間で直接データ移行が可能です。

クイックスタートもiCloudの場合と同様、Wi-Fi環境での作業が必要です。また、移行元のデータ容量が移行先のストレージの容量より多いようであれば、移行元のデータ容量を減らしておく必要があります。

①iOSのバージョン確認

1. 「設定」アプリを開きます。
2. 「一般」をタップします。
3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップするとiOSのバージョンが表示されます。
4. バージョンが「12.4」未満の場合は「ダウンロードしてインストール」をタップして、最新5. バージョンにアップデートします。

②iPhoneのデータ容量確認

1. 「設定」アプリを開きます。
2. 「一般」をタップします。
3. 「iPhoneストレージ」をタップします。
4. 「使用済み」の箇所に表示されているのが使用しているデータ容量となります。

③クイックスタートの手順

1. 工場出荷時の状態で移行先のiPhoneの電源を入れます。
2. 移行元のiPhoneを移行先のiPhoneの近くに置きます。
3. 移行元のiPhoneに「新しいiPhoneを設定」という画面が表示されるので「続ける」をタップします。
4. 移行元のiPhoneにカメラが表示されるので、移行先のiPhoneに向けます。
5. 移行先のiPhoneの画面で移行元のiPhoneのパスコードを入力します。
6. データ転送が開始されます。

以上でクイックスタートによるデータ移行は完了です。

有線でデータ移行を行う場合

Wi-Fi環境がない場合や不安定な場合、有線を用いてデータ移行を行うことも可能です。有線でのデータ移行にはLightning-USB3カメラアダプタとLightning – USB ケーブルが必要になります。

1.Lightning-USB3カメラアダプタのLightningポートを電源へ接続します。
2. 移行元のiPhoneにLightning-USB3カメラアダプタを接続します。
3. 移行先のiPhoneのLightningポートにLightning-USBケーブルを接続します。
4. Lightning-USB ケーブルのUSB端子をLightning-USB3カメラアダプタに接続します。
5. クイックスタートの手順を行います。

目次へ

iPhoneのデータ移行でお困りのときはスマホスピタルへ!

ここまで解説してきた手順を行えば、自分でiPhoneのデータ移行を行うことは可能です。しかし、失敗して大切なデータを消してしまわないか不安だったり、予期せぬトラブルが発生したりすることもあるかもしれません。また、Wi-Fi環境やパソコンがなく自分ではデータ移行ができないこともあるでしょう。そんなときは専門業者へ依頼するのもひとつの方法です。

スマホスピタルではスマホの修理のほかにデータ移行にも対応しています。確実にデータ移行を行いたい場合は、ぜひスマホスピタルにご相談ください。総務省登録修理業者のため安心です。店舗数も多くアクセスするにも便利で、仕事帰りや休憩時間に立ち寄ることができます。

スマホの知識が豊富なため、iPhoneのデータ移行以外に以下のようなご相談にも対応します。

・iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneへのデータ移行
・格安SIMのアクセスポイント設定
・LINEのトーク履歴移行
・メールやSNSのアカウント設定

目次へ

まとめ

iPhoneのデータ移行は決して難しい作業ではありません。パソコンがあればiTunesを利用してデータ移行を行えます。パソコンを持っていなくてもWi-Fi環境があれば移行作業は可能です。最新のiOSへバージョンアップすれば、クイックスタートを用いてバックアップ不要でデータを旧機種から新機種へ移せます。

とはいえ、初心者には敷居が高いと感じることもあるでしょう。迷ったときは専門業者へ依頼することをおすすめします。

目次へ