iPhoneの充電ができない!原因はケーブル?それ以外?適切な対処法

「いくら待っても充電が始まらない」、「そろそろ充電完了したかと思ったのにまったく充電されていなかった」など、iPhoneの充電にまつわるトラブルは多いものです。 充電ができなくなる原因のひとつに、ケーブルが挙げられます。今回はケーブルに問題がある場合、ない場合のiPhoneが充電されない原因と対処法について詳しく解説します。


この記事は約7分で読み終わります。

【ケーブルに問題がある場合】iPhoneが充電されない原因と対処法

iPhoneが充電されない原因として、まず考えられるのがLightningケーブルのトラブルです。

Lightningケーブルとは、充電する際にコンセントとiPhone本体をつなぐものです。不具合を感じたらまずチェックしてみましょう。

ここでは、Lightningケーブルに原因がある場合とその対処法について紹介します。

Lightningケーブルやコンセントの差し込みが甘い

LightningケーブルがiPhoneにしっかりと差し込まれていないのかもしれません。カチッとした感触があり、充電開始の音が鳴るまで差し込みましょう。

また、壁のコンセントにアダプタが十分に差し込まれていない可能性も考えられます。この場合、漏電やショートといった現象を引き起こすおそれもあります。アダプタがきちんと差し込まれているか、確認しましょう。

Lightningケーブルに異物や汚れが付いている

Lightningケーブルの端子(iPhoneに差し込む部分)にホコリなどが付着し、接点不良を引き起こしている可能性もあります。乾いた布で端子部分を優しく拭き、もう一度差し込んでみましょう。

非純正のLightningケーブルを使用している

非純正のLightningケーブルを使用していると、充電がうまくいかないケースがあります。安価で購入でき、手軽な非純正のLightningケーブルですが、中には品質が悪い製品もあります。iPhoneがアクセサリとして認識しない、iOSを更新したら使えなくなったなどのトラブルも多いものです。

対処法としては、純正のLightningケーブルに交換する方法がベストです。また、他社製でもAppleの認定品があり、パッケージに「Made for iPhone」のロゴがついているものが目印です。「MFiバッジ」と呼ばれ、偽造品や模造品と区別するポイントになります。

Lightningケーブルが壊れている

Lightningケーブルが壊れていると、十分に充電が行えないでしょう。断線していることも多く、外側から一目でわかる場合もあれば、内側で起こっていて見た目では判断しにくい場合もあります。とくに根元付近は力がかかりやすく、断線しやすい箇所です。

この場合は、新しいLightningケーブルへの交換をおすすめします。前述したように、純正品や認定品のケーブルを購入するようにしましょう。

壊れたLightningケーブルをそのまま使うと、思わぬトラブルを引き起こすこともあります。壊れたケーブルは使用しないようにしましょう。

また、充電しながらiPhoneを使用すると、ケーブルに無理な負担がかかりやすくなるため、注意してください。

目次へ

【ケーブル以外に問題がある場合】iPhoneが充電されない原因と対処法

Lightningケーブルをチェックしたものの、不具合やおかしい点は見当たらなかったのであれば、その他に問題があると考えられます。

以下、考えられる原因をまとめました。ひとつずつチェックしてみましょう。

Lightningポートに異物や汚れが付いている

Lightningケーブルの端子の差し込み口であるLightningポートにホコリや汚れなどが付着していることが原因かもしれません。Lightningポートにはカバーがなく、異物などが付いてしまう可能性は十分にあります。

この場合は綿棒や爪楊枝などを使って掃除する方法もありますが、Lightningポートを傷つけてしまうおそれもあります。自分で対処するよりも、専門の修理店に依頼する方がおすすめです。

また、奥に入り込んだ異物を取り除くために息を吹きかけたり、エアダスターを使ったりする方法はおすすめできません。逆に奥に入り込んでしまい、取り除けなくなってしまうことがあります。

充電が0%の状態で充電している

充電がまったくない、あるいは極端に少ない状態だと、充電するための電力が足りなかったり、画面に反映されるまでに時間がかかったりすることがあります。

このような場合は慌てずにLightningケーブルを差し込んだ後、時間を置いてみましょう。しばらくすると充電の表示があらわれるはずです。

バッテリーの初期不良や経年劣化

ここまで解説したような外的な原因が見当たらない場合、内蔵バッテリーの不良によるものかもしれません。バッテリーが劣化し、充電できなくなっていると考えられます。バッテリーの持ちが悪いなどと感じることがあれば、その可能性は高いでしょう。

この場合は修理店でバッテリーを交換してもらいましょう。ただし、バッテリーの不良は経年劣化だけでなく、初期不良が原因のこともあります。購入後すぐの不良であれば、交換が可能なため、購入店に相談してみましょう。

充電口の故障

ケーブルを長い期間使用していると充電口が摩耗し、充電できなくなることがあります。

この場合、自分で判断したり対処したりすることは難しいため、修理店に相談しましょう。

iOSやシステムの不具合

iPhoneのシステムやiOSに原因があると、一時的な不具合が生じる場合があります。この場合は電源のオンとオフを連続して行い、再起動することで改善されることが多いです。

それでも充電ができない場合、iPhone本体の初期化を行う方法もあります。ただし、初期化によってiPhoneのデータはすべて消去されてしまうため、事前にバックアップをとっておきましょう。

安定したWi-Fi環境があるならiCloudによるバックアップがおすすめです。ホーム画面から「設定」をタップし、「ユーザー名」→「iCloud」→「iCloudをバックアップ」と進み、「今すぐバックアップを作成」をタップすればOKです。

バックアップが終了したら、初期化を行います。ホーム画面から「設定」→「一般」→「リセット」と順にタップし、「すべてのコンテンツと設定を消去」→「iPhoneを消去」、確認のために再度表示が出るのでもう一度「iPhoneを消去」をタップしたら完了です。

目次へ

原因が本体にある場合や原因がわからない場合は修理店へ!

ここまで解説した方法でも改善されない場合や原因がわからない場合は、自分で対処するよりも修理店へ相談するのがおすすめです。

iPhoneを修理するには正規店や街の修理屋に依頼する方法があります。

Apple Storeなど正規店に修理を依頼する場合、Apple製品限定保証またはAppleCare+ の保証対象であればバッテリー交換は無償です。もちろん保証対象外の場合は有償となります。

正規店に依頼する場合純正パーツを使ってもらえるなど安心感がある一方、修理の際には初期化されて戻ってきます。万が一バックアップをとっていない場合、すべてのデータが消えてしまうため注意が必要です。また、5〜7日ほどかかるケースも多く、その間は代替機もないため、しばらく不便な生活となることもあります。

数多くある街の修理屋の中でもおすすめは、「スマホスピタル」です。修理の際には初期化されず、データが消えることもありません。バッテリー交換なら最短15分ほどで完了し、即日修理が可能な場合もあります。

また総務省登録修理業者のため信頼度も高く、安心して修理を依頼できます。バッテリー交換だけでなく、iPhoneのさまざまなトラブルに対応し、幅広く対応しています。iPhoneの不具合で困ったら、スマホスピタルへ相談しましょう。

目次へ

まとめ

iPhoneが充電できない場合、まずはLightningケーブルに原因がないかチェックしてみましょう。外的な原因が見当たらない場合、バッテリーの劣化やiPhone内部の不具合が考えられます。修理が必要な場合にはスマホスピタルがおすすめです。

目次へ