お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの機能

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのパスコードを忘れた際に試せる事|注意点からデータの救出方法まで

iPhoneを使うときには、「パスコード」と呼ばれる専用コードの入力が求められることがあります。例えばiOSを最新バージョンにアップデートするときや、何らかの理由でiPhoneを再起動するときなどです。

今まさにiPhoneのパスコードを忘れてしまい、操作に困っているユーザーも多いのではないでしょうか。万が一パスコードを忘れてしまっても、すぐにiPhoneが使えなくなるわけではないので安心してください。

パスコードを忘れるといくつかのデメリットはありますが、携帯電話会社やAppleサポートに頼らなくてもユーザー自身での対処が可能です。本記事ではiPhoneのパスコードを忘れたときの対処法を解説するので、ぜひ今すぐ試してみてください。

iPhoneに必要なパスコードを忘れたときの対処法

iPhoneユーザーにとってパスコードの存在は重要です。パスコードを設定している場合、パスコードを入力しないと操作できないからです。iPhoneのパスコードを忘れたときの3つの対処法を解説します。

対処法1:Face IDやTouch IDを使う

パスコードを設定しているユーザーは、画面ロックを解除する際に入力が必要です。もしパスコードを忘れても、二度と画面ロックが解除できなくなるわけではありません。Face IDやTouch IDがパスコードの代わりになるからです。

しかし、ひとつ注意しなければならない点があります。Face IDやTouch IDでロックを解除できるのは、事前に設定していた場合のみです。そのため、今のパスコードがどうしても思い出せないときには初期化を選択せざるを得なくなります。

なお、iPhoneを初期化する方法は「iPhoneを初期化する3つの方法」で詳)く解説します。「iPhoneを初期化するとどうなるか」では初期化が与えるiPhoneへの影響も解説しているので、初期化を行う前に確認してみてください。

 

対処法2:ロックを解除するアプリを使う(パソコン用アプリ)

iPhoneのパスコードを忘れたときに、二度とロック画面が解除できないとあきらめるのはまだ早いです。専用のアプリを使えば、ロック画面を解除できる可能性があるからです。

iPhoneには、ロック画面が解除できる複数のアプリが用意されています。ただし、多くのアプリではパソコンとの接続が必要です。また、アプリには無料版も用意されていますが、利用できる機能や期間に限りがあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

対処法3:iPhoneを初期化する

iPhoneを初期化するのもひとつの手です。ただし、初期化するとiPhoneに保存されたデータが消去されるので注意が必要です。初期化とはiPhoneを工場出荷時と同じ状態に戻すことで、iPhoneに入れた写真や動画、アプリなどのデータが削除されてしまいます。

iPhoneを初期化すると各種設定もリセットされるため、パスコードも未設定の状態になります。新たにパスコードを設定できるため、どうしてもロックを解除できない場合は初期化しましょう。

初期化する方法は「iPhoneを初期化する3つの方法」で詳しく解説するので、このまま読み進めてみてください。

iPhoneを初期化するどうなるか

iPhoneを初期化するとどのような状態になるのでしょうか。上記の「対処法3:iPhoneを初期化する」で解説した通り、初期化するとデータがすべてリセットされます。しかし、リセットされるのはデータだけではありません。ここでは、初期化するとどのような状態になるのかを解説します。

データや設定がすべて削除される

iPhoneを初期化すると、これまでに保存されたすべてのデータが削除されます。しかし、初期化されてもこれまでのデータが取り戻せなくなるわけではありません。初期化の前にバックアップを取っていれば、後からデータを復元できるからです。

その一方でバックアップを取るのを忘れて初期化してしまった場合は、残念ながらこれまでのデータを取り戻すことはできません。また、初期化するとパスコードとともに次の設定も削除されます。

  • Apple ID
  • Face ID
  • Touch ID
  • スクリーンタイム
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • 位置情報など

iPhoneを初期化とデータを取り戻すことは可能ですが、上記の設定は再度やり直す必要があります。

iOSのバージョンは最新のまま

iPhoneを初期化するとデータや設定はリセットされますが、変わらないものもあります。それは、初期化前にアップデートしていたiOSのバージョンです。iOSのバージョンは定期的にリリースされるため、iPhoneの使用期間中にアップデートした経験があるユーザーも多いでしょう。

初期化してもiOSのバージョンは元のままなので、後からアップデートする手間が省けます。iOSを常に最新バージョンにしておくと、新しい機能が利用できたり不具合が解消されたりなどメリットがあります。元々iOSが最新バージョンでない場合は、初期化をきっかけにアップデートするのもいいでしょう。

iPhoneを初期化する3つの方法

ここまでは、iPhoneのパスコードを忘れたときの対処法と初期化したときの状態を解説しました。パスコードを忘れると、最終的にはiPhoneの初期化が必要になる可能性が高いです。ここでは、iPhoneを初期化する方法を3つ解説します。

方法1:iTunesを使った初期化方法

まずは、iTunesを使ってiPhoneを初期化する方法を解説します。iTunesを使う場合は、PCの準備が必要です。

1.PCとケーブルを用意する

準備するPCのOSは、MacまたはWindowsのどちらでも問題ありません。ただし、Windowsを使う場合、Windows8以降でiTunesがインストールされていることが条件になります。

また、iPhoneとPCを接続する必要があるため、ケーブルを準備しておきましょう。PCやケーブルが準備できない場合は下記で解説するほかの方法を試すか、Apple Store直営店またはApple正規サービスプロバイダに相談してみてください。

2.iPhoneの電源をオフにする

ここからは、iPhoneを初期化する手順になります。iPhoneとPCをケーブルで接続している場合は、一旦解除します。次の手順でiPhoneの電源をオフにしましょう。

【iPhone X以降、iPhone SE (第2世代)、iPhone 8、iPhone 8 Plus】

  1. 「電源ボタン」と「音量を下げるボタン」を同時に長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. 長押しを解除
  4. 電源オフスライダをドラッグ

【iPhone 7、iPhone 7 Plus】

  1. 「電源ボタン」を長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. 長押しを解除
  4. 電源オフスライダをドラッグ

【iPhone SE (第1世代)、iPhone 6s 以前】

  1. 「電源ボタン」を長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. 長押しを解除
  4. 電源オフスライダをドラッグ

3.リカバリモードを開始する

iPhoneの電源をオフにした後は、リカバリーモードに切り替えます。リカバリーモードに切り替える最初の手順は、モデルによって異なります。

【iPhone X以降、iPhone SE (第2世代)、iPhone 8、iPhone 8 Plus】

  • 「電源ボタン」を長押し

【iPhone 7、iPhone 7 Plus】

  • 「音量を下げるボタン」を長押し

【iPhone SE (第1世代)、iPhone 6s 以前】

  • 「ホームボタン」を長押し

その後の手順はどのモデルも変わりません。

  1. モデルに応じたボタンを長押ししながらPCに接続
  2. リカバリーモードの画面が表示

4.iPhone を復元する

iPhoneにリカバリーモードの画面が表示された後は、次の手順で操作を進めていきます。

  1. 長押しを解除
  2. PCでiTunesを開く
  3. 「場所」の中から「iPhone」をクリック
  4. 「復元」をクリック
  5. 復元開始
  6. 復元完了
  7. iPhoneとPCの接続を解除

方法2:「iPhoneを探す」を使った初期化方法

次に、「iPhoneを探す」を使って初期化する方法を解説します。「探す」は、iPhoneやiPadなどのApple社製品オリジナルの機能です。クラウドサービスを利用してiPhoneの位置情報を取得し、どこにあるかを探せる機能になります。

「iPhoneを探す」では遠隔操作で初期化が行えるため、iPhoneが盗難されたり紛失したりしたときにも便利です。「iPhoneを探す」を使った初期化は、iCloudまたはアプリで行えます。

iCloud.comからiPhoneを探す場合

iCloudでiPhoneを初期化する手順は、次の通りです。

  1. 「iCloud.com」にアクセス
  2. 「iPhoneを探す」をタップ
  3. iPhoneの所在地が表示
  4. 「○○のiPhone」をタップ
  5. 「iPhoneを消去」をタップ

アプリでiPhoneを探す場合

初期化したいiPhoneのほかにもApple社製品を持っているなら、アプリで「iPhoneを探す」が使えます。

アプリの「iPhoneを探す」でiPhoneを初期化する手順は、上記と同様です。iPhoneを選んで「iPhoneを消去」をタップすれば、iPhoneの初期化が行えます。

方法3:わざとパスコードを10回間違える

iPhoneは、上記の方法を使わなくても誤ったパスコードを10回入力すれば自動で初期化されます。ただし、この方法を使うためには「データを消去」の設定がオンになっている必要があります。iPhoneのデフォルト設定では、「データ消去」がオフになっています。

これまでに変更したことがない場合は、オンに切り替えておくと初期化がスムーズになります。なお、「データを消去」の設定を切り替える手順は「パスコードを忘れたときのための対応策」で解説します。

パスコードを忘れたときのための対応策

iPhoneを初期化してパスコードを再設定できても、また忘れたときは同様の手順を踏まなければなりません。パスコードを覚えていないと必要なときにiPhoneが使えなくなるため、次回忘れたときに備えて対応策を施しておきましょう。

こまめにバックアップをとっておく

iPhoneのパスコードを忘れたとき、ロックを解除する最終手段は初期化です。一度初期化するとこれまでに保存されたすべてのデータと設定がリセットされますが、バックアップを取っていれば復元できます。

パスコード忘れへの対策だけでなく、iPhoneの不具合で初期化が必要になるケースも起こり得るため、定期的にバックアップを取る習慣をつけておくのがおすすめです。

iPhoneのバックアップは、iCloudやiTunesで行えます。それぞれの手順は次の通りです。

【iCloudでのバックアプ方法】

  1. 「設定」を開く
  2. 「ユーザー名」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」をタップ
  5. スイッチを右にスライドしてオンに切り替える
  6. 「今すぐバックアップを作成」をタップ
  7. バックアップが作成されるまで待つ
  8. 「最後に作成されたバックアップ」にバックアップを取った日時が表示
  9. バックアップ完了

【iTunesでのバックアプ方法】

  1. PCでiTunesを開く
  2. iPhoneとPCをケーブルで接続
  3. iTunesのメニューバー下に表示されたiPhoneマークをクリック
  4. 「今すぐバックアップ」をクリック
  5. バックアップ開始
  6. 画面上部のステータスバーにAppleのロゴマークが表示
  7. バックアップ完了

パスワード管理アプリを使う

iPhone上で様々なアプリを使用している際にパスワードを忘れる可能性がある場合は、「パスワード管理アプリ」を利用してみましょう。パスワード管理アプリはいくつかありますが、代表的な機能は次の通りです。

  • 各種パスワードを一括管理
  • パスワードの自動入力
  • セキュリティレベルの高いパスワードが自動作成される など
  • iPhoneの基本機能の「パスワード」で保存しておく、FaceIDやTouchIDと連携で入力不要に

アプリによって、登録可能数や料金は異なります。基本的な機能だけなら無料で利用できるものもあるため、自分に適したものを探してみてください。パスワード管理アプリを利用すると、アプリやサイトログイン時のパスワードを
保存しておけます。

データ消去の設定をしておく

先述の「方法3:わざとパスコードを10回間違える」でiPhoneを初期化するためには、事前に「データ消去」の設定をオンに切り替えておく必要があります。今のうちに「データ消去」をオンに切り替えておくと、パスコードを忘れたときに故意に10回間違えての初期化が可能です。

「データ消去」の設定をオンに切り替える手順は、次の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「Touch IDとパスコード」または「Face IDとパスコード」をタップ
  3. 「データを消去」を右にスライド

iPhoneの新しいパスコードの設定方法

iPhoneを初期化した後は、新たにパスコードを設定する必要があります。パスコードの設定方法は次の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「Touch IDとパスコード」または「Face IDとパスコード」をタップ
  3. 「パスコードをオンにする」をタップ
  4. 任意の6桁の数字を入力※
  5. 再度6桁の数字を入力※
  6. 画面下部に「パスコードをオフにする」が表示されたことを確認
  7. パスコードの設定完了

※4桁の数字に変更することも可能。

パスコードを忘れたiPhoneのデータは救出できる?

ここまでで何度か解説してきた通り、iPhoneのパスコードを忘れて初期化しても、バックアップを取っていればデータの復元が可能です。万が一バックアップを取り忘れた場合は、次の方法を試せばデータを取り戻せる可能性があります。

過去に接続したことのあるPCならバックアップ可能

iPhoneのバックアップは、iCloudやiTunesで取ることが可能です。バックアップを取り忘れたまま初期化した場合は、過去にiPhoneと接続したPCがないか思い出してみてください。該当のPCがあれば、バックアップを作成した上で初期化が行えるからです。

過去に接続したPCでiPhoneのバックアップを取り、初期化も同時に行う手順は次の通りです。

※PCとiPhoneを接続して「信頼する」

 

  1. PCでiTunesを開く
  2. iPhoneとPCをケーブルで接続
  3. iTunesのメニューバー下に表示されたiPhoneマークをクリック
  4. 「今すぐバックアップ」をクリック
  5. バックアップ開始
  6. 画面上部のステータスバーにAppleのロゴマークが表示
  7. バックアップ完了
  8. 「新しいiPhoneへようこそ」と表示
  9. 「新しいiPhoneへようこそ」に✔を入れる
  10. 「続ける」をクリック
  11. 「開始」をクリック
  12. iPhoneの画面に「こんにちは」と表示
  13. 初期化完了

iPhoneの専門業者でデータ救出可能な場合も

パスコードを忘れてデータの取り出しが難しい場合は、iPhoneの専門業者に相談するのもひとつの手です。100%ではありませんが、データを救出できる可能性があります。ユーザー自身でデータの取り出しできないときは、専門業者に相談してみましょう。

スマホ修理専門業者のスマホスピタルは、iPhoneの修理だけでなく、データ復旧や取り出しサービスを行っております。総務省登録修理業者として、実績や技術力にも自信があります。全国約80店舗を展開しているので、iPhoneでお困りのことがあればスマホスピタルにご相談ください。

※iPhoneのパスコード(画面ロック)、AppleID、パスワード、アプリ内でのメール連携、事前の自動・手動バックアップデータなど状況によってはすべてが
復旧しきれない場合もございますのであらかじめご了承ください。状況を店舗で確認して可能な限り最善のサポートをさせていただきます。
その他、iPhoneのOSバージョンによっての可不可もございます。

例)LINEやゲームアプリ内でご自身のメールアドレスと連携しており、そのパスワードは認識している などの条件

→スマホスピタルに相談する

パスコードを忘れても初期化すれば再設定できる

iPhoneのパスコードは、iOSのバージョンアップや再起動などのさまざまなシーンで必要です。万が一パスコードを忘れても、iPhoneが使えなくなると慌てる必要はありません。パスコードは、iPhoneを初期化すれば再設定できるからです。ただし、iPhoneを初期化するとデータや設定がリセットされます。

iPhoneを初期化した後もこれまで通りのデータや設定で使うためには、バックアップを取ることが大事です。定期的にバックアップを取っておけば、パスコードを忘れた以外のトラブルが起きたときにも役立ちます。

iCloudを利用すると、毎日自動的にバックアップを取ることが可能です。これを機に、万が一に備えてバックアップの自動設定をしてみてはいかがでしょうか。もしバックアップの方法や初期化方法など、お悩みのことがあれば、ぜひスマホスピタルにご相談ください。ご予約不要でご来店をお待ちしております。

→スマホスピタルに相談する

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。