お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの機能

スマホスピタルお役立ち情報 みなさん気になるiPhone12の内部構造って?【iPhone修理 新宿】

今回は、最新機種であるiPhone 12miniの内部構造についてご紹介します!

もちろんいつも修理している私たちであればこその知識も紹介しちゃいます!

 

気になるiPhone12の中身って?

普段なかなかiPhoneの中身を見る機会はないですよね?

今回は特別にiPhone12の中身をご紹介したいと思います!

 

バッテリー

まず写真右側の本体のAppleロゴが大きく描かれている長方形のやつがバッテリーです

こちらはほぼバッテリーの大きさでバッテリー容量が異なる為

12miniの機種に関してはその他の12シリーズの中では一番小さい大きさになります。

その為小型化しているがゆえにちょっと大きさが小さいので容量面で見ると少なく感じられる方もいると思います。

もちろん大きい機種であればあるほど、バッテリー部分を占めている大きさとなるので

容量も大きくなります。

 

アウトカメラ

バッテリーのちょっと上側にある銀と黒のパネルやシールがあるところが

アウトカメラ(外側に向けて撮るカメラ)になります

機種によっては1~3個カメラがある機種が多いので

その分本体側の占める面積が多くなります。

こちらに関してはカメラ1つ1つではなく、2個なら2個、3個なら3個まとめての交換となります。

1個壊れた際にも3つごとの交換となります。

 

20210615_135233-2
インカメラ

写真左側の液晶画面側の上にあるのが

インカメラのパーツになります。

さらに近接センサーやイヤースピーカーなどのパーツも一緒についております。

なので修理される場合は、こちらもアウトカメラ同様に1個壊れた場合にも全部交換となります。

 

バイブレーター

写真右側のバッテリーの左下にあり、appleロゴがある小さいものが

バイブレーターとなります。

ご存じの通り、着信時や受信時、その他の時に端末が振動するための機械ですね!

こちらが壊れてしまっても端末に直接大事な機能が失われることはないのですが

やっぱり、マナーモードなどで振動とかしないと不便になることもあります。

 

その他非常に多くのパーツなどがありますが

こちらはまた次回ご紹介いたします!

 

iPhone12の故障もスマホスピタル新宿南口店にお任せ

今回ご紹介したiPhone12の機能ですが、精密機器なので故障してしまう可能性は十分にあります。

そんな時気軽に買い替えることができればいいのですが、発売されてからまだ間もないので、機種代金が残っていたりでなかなか買い替えることができない方も多いと思います…

そんな時に知っていただきたいのが、スマホスピタル新宿南口店ではiPhone12が修理をできるということです!

データそのままで最短15分で修理が可能です!(修理箇所や混雑状況によって異なります)

スマホスピタルグループは全国に80店舗以上で修理実績も100万台以上!

確かな技術でお客様の携帯をお預かり致します。

スマホスピタル新宿南口店の修理料金は下記の画像をタップしていただければご確認いただけます!

repair-price

皆様のご相談お待ちしております!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。