修理速報
SCROLL DOWN

スリープボタン交換修理

スマホスピタル町田 【iPad電源ボタン陥没修理】Proシリーズなど全てのiPadを受け付け可能!データそのまま即日返却出来ます!

iPad電源ボタン陥没修理

iPad第6世代を落としてしまって、電源ボタン周りのフレームが変形してしまい、電源ボタンが凹んだまま戻らなくなってしまったとご相談を頂きました!

 

iPad電源ボタン陥没修理作業①

電源ボタンが陥没したiPad第6世代

このように、電源ボタン自体が凹んで変形してしまっています。

変形した部分がフレームに引っかかってしまって陥没してしまっています。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業②

電源ボタンが全く出っ張っていないiPad第6世代

上からだと完全に電源ボタンが見えません…。

このように電源ボタンが陥没してしまう例が多くあります。

ただ、スマホスピタル町田では今まで多くの修理実績があり、iPad第6世代以外にもProシリーズなど、発売された全てのiPadの修理を承ることが出来ます!

 

iPad電源ボタン陥没修理作業③

ガラスを剥がしたiPad第6世代

まずは表面のガラスを剥がします。

所々フレームが凹んでいるので、ガラスが割れないように慎重に作業しなければなりません。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業④

ガラスを持ち上げたiPad第6世代

ガラスの粘着を剥がせたらこのようにガラスを大きく開きます。

そして液晶を固定している四つ角のネジを外します。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑤

液晶を持ち上げたiPad第6世代

するとこのように液晶を持ち上げることが出来ます。

作業しやすいように液晶を取り外しておきます。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑥

電源ボタンのコネクタをカバーしたプレートを外したiPad第6世代

電源ボタンケーブルを覆っているプレートを外します。

ネジで止まっているだけなので、ネジさえ外せば簡単に取り外すことが出来ます。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑦

カメラを取り出したiPad第6世代

外カメラも外します。

ここまで分解してようやく電源ボタンを取り外すことが出来ます!

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑧

電源ボタンを取り出したiPad第6世代

電源ボタンを押し出し、取り外すことが出来ました。

後は変形した箇所を矯正する作業です。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑨

変形したフレームを矯正しているiPad第6世代

電源ボタンや本体フレームを研磨ドリルで矯正します。

変形した部分を極力元の形に戻します。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑩

削って使用できるようになったiPad第6世代

するとこのようにしっかりと出っ張るようになりました!

押した感触もしっかりとあります。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑪

電源ボタンが出っ張るようになったiPad第6世代

上から見てもこのようにちゃんと出っ張っています。

本体を組み上げて動作確認を行います。

 

iPad電源ボタン陥没修理作業⑫

電源ボタンを押せるようになったiPad第6世代

電源のオンオフ、そして画面のオンオフがしっかりと出来るようになりました!

電源ボタンが押されっぱなしだったので突然電源を切る画面になることもあったのですが、その症状も無くなり、いままで通りお使い頂けるようになりました!

 

同様の作業をスマホスピタル町田では数十件修理実績がございます。

お持ちのiPadの電源ボタンが陥没してしまってお困りの際は、ぜひ豊富な実績のあるスマホスピタル町田へご相談くださいませ!

スマホスピタル町田
住所
〒194-0013 東京都町田市原町田6丁目21−5 ARCビル 301号室
営業時間
10:00~19:00
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。