修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル町田 AQUOS Rのバッテリー膨張でハマグリ化!?背面パネルが浮いて押しても元に戻らない!修理時間30分で交換完了![町田のアンドロイドスマホ修理店]

AQUOS Rのバッテリー交換修理完了

AQUOS Rのバッテリー交換のご依頼を全国から毎日のように頂いております。

そのほとんどが「バッテリー膨張により背面パネルが浮いてしまっている」という内容です。

AQUOS Rはバッテリーが膨張しやすいようです。

今回お持ち頂いたAQUOS Rも…

背面パネルが浮いて変形しているAQUOS R

この通り背面パネルが大きく浮いてしまっていました。

バッテリー膨張は非常に危険です。

放置すると発火・破裂の恐れがあるので早急に対処する必要があります。

そこで今回はAQUOS Rのバッテリー交換作業を写真付きで詳しく解説いたします!

 

AQUOS Rのバッテリー交換


【使用する工具】

ヒートガン

ピック

プラスドライバー

ヘラ

 

分解前に電源を切ります。

電源ボタンを長押しして…

電源を切ろうとしているAQUOS R

「電源を切る」をタップします。

シャットダウンを待っているAQUOS R

シャットダウンするのを待ちます。

シャットダウンされたら分解開始です!

 

①背面パネルを剥がす


AQUOS Rは背面パネルを剥がして分解します。

今回のようにバッテリー膨張により背面パネルが浮いているなら…

粘着を切っているAQUOS R

ヒートガンを使わずともピックを使ってある程度粘着を切ることが出来ます。

背面パネルの粘着を切っているAQUOS R

本体下部も同じようにある程度粘着を切ります。

ただ、強引に粘着を切ろうとすると背面パネルがひび割れてしまいます。

ですのでいくら背面パネルが浮いていても…

背面パネルに温風を当てているAQUOS R

当店ではヒートガンを使っています。

温風を当てて粘着を弱めて…

ピックをスライドさせているAQUOS R

温風を当てた部分までピックをスライドさせます。

このように1周分の粘着を切ることで…

背面パネルを剥がしたAQUOS R

背面パネルを剥がすことが出来ます!

 

②バッテリーを取り出す


背面パネルを剥がして本体を横から見てみると…

横から見るとバッテリーが膨れているAQUOS R

この通り、バッテリーがかなり膨れているのがよく分かります。

バッテリーコネクタを基板から抜くために基板を覆っているプレートを剥がします。

本体内部のネジを外そうとしているAQUOS R

プレートは4箇所ネジで固定されています。

AQUOS Rの内部のネジはプラスネジ

ネジの形状は全てプラスです。

ネジを外しているAQUOS R

ドライバーを使って全て外します。

この4箇所のネジは長さが同じなので、バラバラになってしまっても問題ありません。

ネジを外し終えたら…

基板を覆ったプレートを剥がしたAQUOS R

基板を覆ったプレートを外すことが出来ました。

バッテリーコネクタを外そうとしているAQUOS R

この赤丸がバッテリーコネクタです。

プラスチック製のヘラを引っ掛けて上に持ち上げることで…

バッテリーコネクタを外したAQUOS R

バッテリーコネクタを外すことが出来ます。

これで絶縁できたので基板がショートする心配はありません。

膨張したバッテリーは慎重に剥がす必要があります。

シールで固定されたAQUOS Rのバッテリー

AQUOS Rの場合、バッテリーは3か所のシールで固定されています。

ピンセットなどでシールを剥がすことで…

バッテリー固定シールを剥がしたAQUOS Rのバッテリー

バッテリーの固定を解くことが出来ます。

後はシールを上に引っ張れば…

バッテリーを取り出したAQUOS R

膨張したバッテリーを安全に取り出すことが出来ます。

ちなみに、今回取り出したバッテリーと新品のバッテリーを比べると…

バッテリーの厚みが全く違うAQUOS Rの新旧のバッテリー

倍くらいの厚みにまで膨張してしまっていました…。

背面パネルがあれだけ浮いてしまうのも頷けます。

 

③本体を組み上げる


古いバッテリーを取り出せたら、新品のバッテリーを本体にセットします。

本体に新品のバッテリーをセットしたAQUOS R

新品のバッテリーを本体にセットしたら…

バッテリーコネクタを基板に接続したAQUOS R

バッテリーコネクタを基板に接続します。

コネクタを付ける作業は注意が必要です。

ズレた箇所でぐっと押し込んで基板側のコネクタを破損させると電源が入らなくなります

正しい位置を確認してから押し込みます。

バッテリーが基板に接続出来たら…

起動確認を行っているAQUOS R

電源ボタンを長押しして起動確認を行います。

ちゃんと電源が入ってホーム画面まで進み、操作できることを確認しました。

ここまで確認したら本体を組み上げます。

バッテリー固定シールを貼ったAQUOS R

バッテリー固定シールでバッテリーを覆います。

基板をプレートで覆ったAQUOS R

そして基板を覆っていたプレートを元通り被せて…

基板を覆うプレートをネジで固定したAQUOS R

ネジで固定します。

背面パネルを接着したAQUOS R

背面パネルや本体側に残った粘着テープを綺麗に剥がし、新品に貼り替えます。

そして背面パネルを本体に接着したら…

バッテリー交換修理完了後のAQUOS R

AQUOS Rのバッテリー交換作業完了です!

これで電池持ちが飛躍的に良くなりました!

そして問題の背面パネル浮きも…

背面パネルの浮きが解消したAQUOS R

この通り解消しています!

これで今後も長く安心してお使い頂くことが出来ます!

 

今回の様に、AQUOS Rのバッテリーが膨張してしまう問題はそう珍しくありません。

当店にお持ち込み頂ければたった30分程度、即日で新品に交換することが出来ます!

AQUOS Rの背面パネルや画面が浮いてきてしまっている、という方はぜひスマホスピタル町田へお越しくださいませ!

 

 

関連記事はこちら

AQUOS R Compact(SHV41/701SH)のバッテリー交換!電池持ちが悪い症状をデータそのまま改善させられます!

AQUOS sense lite (SH-M05)のバッテリー交換!修理方法を分解から解説!スマホスピタル町田なら即日返却可能!

AQUOS Rの画面が真っ暗で何も映らない!スマホスピタル町田なら写真や連絡先などデータそのまま即日修理可能!

 

スマホスピタル町田
住所
〒194-0013 東京都町田市原町田6丁目21−5 ARCビル 301号室
営業時間
10:00~19:00
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。