【iPhoneのトラブル】音はするけど画面が映らない!原因と対処法を紹介

iPhoneを使っていて、急に画面が映らなくなった経験はありませんか。そういった場合、音さえ出ていれば復旧できる可能性があります。 今回は、iPhoneの音はするけど画面が映らなくなってしまう原因と、自分でできる対処法について紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

「iPhoneの音はするけど画面が映らない症状」の主な原因

iPhoneの画面が真っ暗になっているけど音が出ているのであれば、その原因はある程度絞り込むことができます。考えられる原因は、次の2つに分類されます。

iPhoneのシステムに問題がある

まず考えられるのが、システム上の問題です。

ソフトウェアをバージョンアップせずに、古いまま使っていたり、OSの動作環境が合っていなかったりすると、不具合が起きる可能性があります。iPhoneは精密機器なので、こういったことも原因になるのでしょう。

また、「アプリを複数立ち上げたままにしている」「起動しているアプリのシステムに問題が生じている」「メモリリークというプログラム異常が発生している」なども、不具合の原因につながることがあります。

iOSやアプリは定期的に更新されているので、その都度バージョンアップをしておくと良いでしょう。

iPhoneの本体に問題がある

iPhone本体が落下などによる強い衝撃で内部基盤にダメージを受けてしまうと、バックライトパーツが破損してしまうことがあり、これも画面が映らなくなる原因となります。
また、ライトそのものが寿命を迎えてしまった場合も、破損と同様に不具合の原因となるでしょう。

さらに、内部のディスプレイケーブルが損傷することも、画面が真っ暗になる原因のひとつです。ケーブルは本体内部で液晶画面と繋がっていますが、損傷などで接続不良が起きると画面の映りに影響を及ぼすことがあります。

そのほかにも、本体を水没させてしまったり、長時間使うことで本体に熱が溜まり変形してしまったりなど、外的な理由で画面が映らなくなるケースはさまざまです。

目次へ

iPhoneの画面が映らないときの対処法

ここまではiPhoneの画面が映らなくなる主な原因について紹介しました。
では、実際に画面が映らなくなったときは、どのように対処すると良いのでしょうか。

システムに問題があるときの対処法

ホームボタンが問題なく使える状態であれば、強制再起動を実行することでシステムが復旧して、不具合が改善されることがあります。

機種によって再起動の方法が異なります。以下に再起動の簡単な手順を紹介します。

■iPhone X 以降
1.デバイスの側面にあるサイドボタンと音量ボタンを同時に押す
2.スライダが表示されるので、ドラッグしてデバイスの電源をオフにする
3.しばらく放置したのち、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しすると、再起動が始まる

■iPhone 8 以前
1.デバイスの上部またはサイドボタンを長押しし、スライダを表示させる
2.スライダが表示されたら、ドラッグしてデバイスの電源をオフにする
3.しばらく放置したのち、Appleのロゴが表示されるまで上部またはサイドボタンを長押しすると、再起動が始まる

本体に問題があるときの対処法

iPhone本体に問題がある場合は、自分では対処することが困難なので、専門の修理店へ出しましょう。

バックライトは、液晶パネルに組み込まれているので、ライトのみを交換することはできません。本体ごと修理するか交換が必要です。

この際、内部のディスプレイケーブルが外れているだけならば、元通りに繋ぐだけなので問題ありません。しかし、落としたときの衝撃などで断線している場合は、パーツ交換が必要となる可能性が高いでしょう。

水漏れや破損などが起こっている場合は、該当箇所の状態を確認し、パーツや本体を交換してもらいましょう。特に水没したiPhoneは、外部から見えない箇所が故障していることも多く、電気が通るコネクターが濡れているとショートしてしまいます。

ほんの少し水がかかっただけでも、水没した状態になってしまうため、水没したデバイスは、できるだけ早く修理に出す必要があります。

目次へ

画面が映らないiPhoneの修理先は大まかに2つ

iPhoneの画面が映らないとき、修理を依頼する修理先の選択肢は、主に2つあげられます。

Apple正規店

Apple正規店とは、Apple社が正式に認めている修理窓口のことです。主にApple StoreとApple正規サービスプロバイダーが該当します。

Apple Storeの多くは都心にあるので、地方在住の方は直接訪れるのは難しいかもしれません。それに対し、Apple正規サービスプロバイダーは全国にあるので、住んでいる地域に近い店舗を利用することができるでしょう。店頭修理のほか、配送修理も受け付けています。一部の大手有名電器店なども、正規サービスプロバイダーの認定を受けています。

正規店のメリットは、Apple社が認定するスキルを取得したスタッフが在籍していることから、手厚いサポートが受けられる点です。交換パーツも純正品を使用しており、修理代金もApple社の基準により全国で統一されているので安心です。

正規店のデメリットは、修理代金が高額になる可能性がある点です。(ただし代金に関しては、Appleの保証制度であるApple Care+に加入していれば、自己負担額が減らせます)

また、来店時に予約が必要で、特にApple Storeは予約がとりずらいといわれています。修理完了まで時間がかかることもあるほか、配送修理では代替機が借りられない場合もあります。

正規店以外の街の修理店

現在では、正規店以外でもiPhoneの修理を受け付けている修理店が増えてきています。これらは正規店よりも数が多く、修理対応が速い場合がほとんどというのがメリットだといえるでしょう。

全国チェーン展開している修理店も多くあるので、自宅や職場の近く、外出先などで、店舗を見かけることもあるかもしれません。少しでも早く直したい方には、信頼できる街の修理店に依頼するのがおすすめです。

最近では、実績が豊富で修理技術の高い修理店も増えています。街の修理店では、故障した箇所のみパーツ交換することも多いので、正規店と違ってデータが消去される心配もありません。これも大きなメリットだといえるでしょう。

スマホスピタルでも、画面が映らなくなったiPhoneの修理を受け付けております。

故障の症状にもよりますが、最短で即日修理が可能です。もちろん、データを残して修理できますので、バックアップをし忘れても安心してご依頼いただけます。

また、スマホスピタルは総務省登録修理業者として登録されています。

総務省登録修理業者とは、「修理の箇所や方法が適切である」「修理後のデバイスが技術基準に適合していることが確認できる」など、政府の定める特定の基準をクリアした質の高い修理業者のことを指します。

スマホスピタルが提供する修理内容や交換パーツも高いクオリティとなっています。少しでもお客様の不安を解消すべく、信頼できる修理サービスを提供いたしております。

修理中の代替機もご用意しておりますので、万が一修理に日数がかかるときでも、手元にスマートフォンがないという状況を回避できるでしょう。iPhoneの画面が映らなくなったときなど、ぜひスマホスピタルへ修理をご依頼ください。

目次へ

まとめ

iPhoneをはじめとしたスマートフォンは、今や現代人にとって日常生活に欠かせないアイテムです。使用頻度が高い分、あらゆる場面で故障のリスクがつきまとうといえます。

もしも「音はするのに画面が暗くなった」といった不具合が発生したときは、今回紹介した対処方法をぜひ試してください。それでも改善されない場合は、スマホスピタルをはじめ、iPhone修理の専門店に修理を依頼するのがおすすめです。

目次へ