iPhoneのマイクの雑音の原因はホコリ?そのほかの原因や改善策を紹介!

iPhoneで電話をしている最中に、「ザー」というような雑音が聞こえて、相手が何を話しているのか聞き取れないことはありませんか?雑音の症状が出ているなら、iPhoneが故障しているかもしれません。 ここでは、iPhoneに雑音が出たときの対処法や、雑音が改善されない場合にとるべき行動をご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneのマイクの雑音の対処方法


iPhoneのマイクから雑音が感じられた場合、まず試してみてほしいことが5つあります。ここで紹介する1〜5までを順番に試してみてください。

【1】ノイズキャンセリングを確認

iPhoneには、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。ノイズキャンセリングとは、通話するときに周囲の雑音を取り除き、相手の声をクリアに聞こえやすくするための機能です。ノイズキャンセリング機能が搭載されているおかげで、駅や街中のようなガヤガヤとうるさい場所でもストレスなく通話ができます。

そこで、このノイズキャンセリング機能が動作しているかを確認してください。

①iPhoneの「設定」の中にある「一般」をタップする
②「アクセシビリティ」をタップして「電話ノイズキャンセリング」を確認

電話ノイズキャンセリングの項目を見たときに、オフになっていた場合はオンにして確認してみてください。

このノイズキャンセリングが搭載されている機種は、iPhone5Cを除くiPhone5以降の機種で、iOS7以降のiPhoneです。それ以外の機種を使用している場合は、ノイズキャンセリング機能は搭載されていないので注意してください。

【2】マイクにホコリがついていないか確認

iPhoneには、下側面左側や表面の上部、裏面のカメラレンズの横など、さまざまな場所にマイクがついています。これらのマイク部分にホコリが被っていないか、汚れで詰まっていないかを確認しましょう。

iPhoneは、普通に使用していてもかなり汚れやすいです。ポケットに入れれば服についているホコリが付着しますし、手垢や皮脂汚れも蓄積していきます。

マイク部分が汚れている場合は、綿棒で拭いてみて雑音がなくなるかを確認してみてください。このとき、汚れが酷いからといって水などを使用すると故障や劣化の原因になるので、絶対にやめてください。あくまでも綿棒で撫でる程度に留めておきましょう。

意外と忘れがちなのが、マイク部分に保護シートが被さっているパターンです。この場合も、雑音の原因になるので、保護シートを利用している人は確認してみてください。

【3】録音機能で音声を確認

通話中の音声に雑音が出た場合、本当に自分のiPhoneが異常をきたしているのか、通話中だけでなく、マイク自体が故障しているのかということを調べましょう。

そこで、確認してほしいのがiPhoneの録音機能で音声を録音しておこなうテストです。やり方は簡単で、ボイスメモを開き録音ボタンをタップして話しかけ、声を録音します。録音が終わったら、再生アイコンをタップして録音した声を再生してください。

このとき、自分の録音した声がはっきり聞こえるならiPhoneのマイクは故障していません。音声が流れない場合や、雑音が混じっていて聞き取りづらい場合は、iPhoneのマイクが故障している可能性が高いといえます。

【4】一度iPhoneを再起動する

iPhoneの再起動は、さまざまなトラブルに有効な手段です。雑音の原因がマイクではなく、iPhoneの本体側にある場合、再起動することで改善される場合があります。

再起動をしても、iPhoneのデータが消えるわけではありませんが、念の為再起動の前にデータのバックアップをとっておくと安心です。

【5】最新のiOSバージョンをインストールする

iOSは、iPhoneに搭載されている基本ソフトのことです。最新版にアップデートしないで、基本ソフトが古いままiPhoneを使っているとiPhoneのマイクが正常に機能しない場合があります。もし、長期間アップデートしていない場合は、最新版にアップデートしてみてください。

このiOSというiPhoneのソフトウェアは、不具合があればすぐに改善し更新されます。日頃から新しいアップデートがないかを確認して、常に最新版のiOSを使用するように心がけましょう。

〇アップデートの方法〇
①iPhoneの「設定」をタップして「一般」を開く
②「ソフトウェア・アップデート」をタップ
③「ダウンロードとインストール」をタップ
この3ステップでアップデートが完了します。

目次へ

それでも雑音が改善されない!

先程ご紹介した、1〜5の方法を試してみてもマイクの雑音が改善されない場合、部品交換や修理をしないと直りません。

iPhoneの修理をおこなう方法は、大きく分けて2つあります。それぞれの特徴を知って、早めに修理してもらうようにしましょう。

Apple Storeに相談する

iPhoneの不具合や故障、iPhoneが販売されているApple Storeでおこなってもらうことが基本です。しかし、直営店のApple Storeは日本で8店舗しかなく、人によっては自宅からかなり離れた場所の店舗まで、予約をした上で出向く必要があります。予約もApple公式アプリからおこなうか、公式ホームページの「Appleサポートへお問い合わせ」のページからおこなう必要があり、慣れていない人にとっては複雑です。また、完全予約制のため、希望する日時に予約を入れられるとは限りません。

近くにApple Storeがない人のために、配送修理サービスも展開していますが、一度Appleリペアセンターへ送って症状を確認してからの修理となるため、手元に返ってくるまで1週間以上待たなければいけない場合もあるのです。

また、AppleCare+と呼ばれるApple独自の保証に加入していない場合は、修理代が高額になる場合があるので、保証に加入しているかを確認した上で修理を依頼するようにしてください。

スマホスピタルなら当日修理可能!

スマホスピタルは、日本全国に80店舗あるので、遠く離れた場所まで出向く必要はありません。Apple Storeと違い、予約の必要がなく当日修理もOKです。そのため、外出中で急にiPhoneの調子が悪くなってもすぐに対応できます。

実績豊富なスタッフが、迅速に対応しますので最短15分からのスピード修理が可能です。iPhoneの修理は、故障している部分のみを修理するのでApple Storeよりも安く修理することができます。

iPhoneの修理で一番心配なことは、データが消えてしまうことですよね。スマホスピタルでは、データをそのまま残して修理できるので、重要な仕事関係のメールや思い出の写真、大切な連絡先やスケジュールもそのままで大丈夫です。バックアップを取っていない場合も、安心してお任せください。

他にもスマホスピタルでは、30日間の修理保証があるので、修理後に万が一不具合があった場合も無料で修理交換できるので安心です。

そしてスマホスピタルは、総務省登録修理業者です。しっかりとした知識を持ったプロが対応しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Apple Storeでの修理より、安く修理できますが、それでも修理代が不安という方には、アプリ割をご用意しております。スマホスピタルの公式アプリをダウンロードしていただくと、実質2,000円割引で修理を受けていただけます。

iPhoneの修理は、どこの部分が故障しているかという的確な診断と、正確な部品交換がおこなわれなくてはいけません。間違った修理をしてしまうと、別の箇所に不具合が起きることもあるからです。iPhoneに異常や不具合を感じたら、修理実績豊富なスマホスピタルへお任せください。

目次へ

まとめ

iPhoneのマイクから雑音がすると、大事な電話も聞き取りにくくなり、場合によっては仕事ができなくなったり、重要な項目を聞き逃したりして大変なことになります。

iPhoneから雑音がする場合に、自分でできる対処法はたくさんあるので、まずはここでご紹介した対処法を試してみて、それでも改善しないという場合は速やかに修理を依頼するようにしてください。

今では、多くの人の生活必需品となったiPhoneです。不具合があると生活に支障をきたします。ぜひ素早く修理できるスマホスピタルにお任せくださいね。

目次へ