スマホの機種変更でデータ移行は必要?手順と注意点を解説

スマホの機種変更をするとき「データ移行に失敗したらどうしよう」と考えることはありませんか。スマホには、大切なデータをたくさん保存しているという人も多いはずです。 そこで今回は、機種変更時にスムーズなデータ移行ができるよう、手順と注意点を解説します。また、iPhoneやAndroid、ほかのキャリアへの乗り換えを検討している人向けに、OSごとの移行手順を紹介します。買い替え検討の参考にしてみてはいかがでしょうか。


この記事は約8分で読み終わります。

スマホを機種変更するときはデータ移行が必要!

スマホを機種変更するときは、現在のスマホに保存してあるデータを、新しいスマホに移行する必要があります。ここからは、データ移行が必要な項目や、注意点について解説します。

スマホの機種変更でデータ移行が必要な理由

スマホは電話機能だけでなく、手のひらサイズのパソコンのような優秀な機能を持ち合わせています。毎日当たり前のように使用していくなかで、スマホ内には膨大なデータが蓄積されていきます。パソコンの機種変更と同じように、その膨大なデータを移行する必要があるということです。

データ移行の準備をせずに機種変更した場合は、大切なデータを失う可能性もあります。スマホで貯めたポイントや、アプリのデータなどが失われると、困る人も多いのではないでしょうか。そんなときは、事前にデータ移行の準備をしておけば問題ありません。

スマホの機種変更でデータ移行が必要なものは?

スマホの機種変更において、データ移行が必要な項目は以下のようなものが挙げられます。

・電話帳
スマホに登録している電話番号やメールアドレスは、バックアップを取って移行します。
・アプリ
ゲームや動画、LINEなどのSNSアプリに関しては、機種変更後に再ログインする必要があります。機種変更までにアカウントの引継ぎをしておきましょう。
・写真、動画、音楽データ
スマホに保存している写真や動画、音楽データが膨大な量になっている人も多いのではないでしょうか。大事な思い出ですが、新しいスマホにそのまま移行すると、容量が圧迫されてしまうため、外部記録装置やパソコン、クラウドサービスを利用しての保存をおすすめします。
・おサイフケータイ
スマホに電子マネーを導入している人は要注意です。楽天Edy・Suica・iD・nanaco・WAONなど、引継ぎを忘れてしまうと、残金やポイントを使用できなくなります。引継ぎ方法は、各電子マネーで異なるため、公式サイトでの確認をおすすめします。

大切なデータを失わないよう、現在よく使っているスマホの機能を確認しておきましょう。

スマホの機種変更でデータ移行をする際の注意点

スマホを機種変更するときは、事前にデータ移行の準備を済ませておく必要があります。思い付きで機種変更を始めると、バックアップが取れていないデータが失われてしまう危険があるので注意しましょう。

また、ゲームアプリやSNSアプリのIDやパスワードを失念してしまい、再ログインができないといったトラブルも考えられます。機種変更前にパスワードの変更を行っておきましょう。

目次へ

iPhoneからiPhoneへの機種変更する際のデータ移行方法

iPhoneの使い勝手の良さから、そのまま機種変更して使い続けようと考える人も多いのではないでしょうか。ここからは、iPhoneからiPhoneへ機種変更するときのデータ移行方法について解説します。

パソコンがある人

自宅にパソコンを所有している人は、iTunesを利用してデータを移行できます。例えばWindowsの場合は、iTunes入手後にパソコンとスiPhoneをUSBケーブルで接続し、データをパソコン上に保存します。その後、同じように新しいiPhoneをパソコンと接続し復元するといった手順でデータ移行が可能です。

パソコンがない人

自宅にパソコンを所有していない場合でも、Wi-Fi環境があればスマホ端末のみでiCloud上にデータを保存することができます。手順としては、iCloud設定画面よりユーザー名の入力を行い、「バックアップ」をタップするだけで完了です。

データの容量によっては時間がかかることもあるため、余裕をもって行いましょう。また、iCloud上の空き容量が不足している場合は、バックアップできません。5GB以上データを保存すると有料になるため、注意してください。

目次へ

AndroidからAndroidへの機種変更する際のデータ移行方法

続いて、AndroidからAndroidへの機種変更方法を解説します。Androidでは、GoogleアカウントやSDカードを利用するなど、iPhoneとは異なるデータ移行方法があるのでチェックしておきましょう。

Googleサービスのデータ

Androidスマホを利用している場合は、Googleアカウントを利用してデータ移行を簡単に行えます。例えば、連絡先やGmail、Googleカレンダーなど、Google関連のアプリやデータについては、Googleアカウントを同期するだけで移行可能です。

お使いの機種によって細かい手順は異なりますが、Googleアカウントによるバックアップを行ったのち、Googleアカウントの同期を行うといった手順で進めましょう。

キャリアが提供するサービスのデータ

キャリアが提供するサービスのなかに、バックアップサービスがあります。そのようなサービスプランに加入している場合は、キャリアを解約するまで適応されます。自身のキャリアサービスが不明な場合は、公式サイトにて確認してみましょう。

その他のアプリデータ

Google Playストアから、自身でインストールしたアプリなどは、保存の設定方法によってデータ移行の手順が異なります。スマホ本体やSDカードのバックアップデータをパソコンに保存してから移行したり、クラウドサービスにバックアップを取ったりと、さまざまです。アプリに合った移行方法で行いましょう。

目次へ

iPhoneからAndroidへの機種変更する際のデータ移行方法

続いて、iPhoneからAndroidへ機種変更するときのデータ移行について解説します。Androidスマホはメーカーごとに、データ移行方法が異なるため、お使いになる予定のスマホに合った移行方法で行いましょう。

Googleドライブ経由でデータ移行する

iPhoneからAndroidスマホへデータ移行する場合は、Googleドライブを経由できます。Googleドライブを活用することで、15GBまで無料で保存できるといったメリットがあります。写真や動画、音楽、ファイルなど、保存量が多い人におすすめです。Googleドライブのサービスは、全機種共通なので、メーカーや機種、キャリアを問わないのもポイントです。

メーカーが提供する移行アプリ・ツールを利用する

メーカーが提供するツールを利用して移行する方法もあります。auなら「データお預かりサービス」といった移行サービスを実施しており、公式サイトで簡単に手順を確認できます。また、GalaxyやPixelなら、iPhoneから直接データを受信できる機能もあるので、大変便利です。

目次へ

Android からiPhoneへの機種変更する際のデータ移行方法

最後に、AndroidスマホからiPhoneへデータ移行する場合の方法を解説します。iPhoneからAndroidスマホへの移行で前述したように、メーカーが提供しているツールを使って移行することも可能です。

パソコンを使ってデータ移行する

AndroidスマホからiPhoneへ移行する場合は、パソコンを利用してiTunesを経由する方法がおすすめです。手順としては、AndroidスマホとパソコンをUSBケーブルで接続し、バックアップを行います。その後、パソコンにiTunesをインストールし、iPhoneに転送して同期するという流れで完了です。

移行アプリ・ツールを利用する

iPhoneからAndroidスマホへの移行同様、auなら「データお預かりサービス」が使えます。また、Appleの「Move to iOS」を利用すれば、異なるOS間のデータ移行にも使えます。

目次へ

スマホの機種変更のデータ移行にお困りならスマホスピタルへ

スマホの種類ごとに、データの移行方法が異なるため、機種変更に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。もし万が一、大切なデータを失ってしまったらと思うと、不安ですよね。

自身でのデータ移行が困難な場合は、スマホスピタルへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。スマホスピタルなら、データ移行だけでなく、APN設定やSNSアカウントの設定にも対応しています。また、幅広い機種変更に対応し、ahamoなどの乗り換えもサポートしています。

スマホスピタルは全国にお店があり、各店舗アクセス良好な立地にあるため、気軽に利用できます。大切なスマホのデータ移行は、専門家に任せれば安心といえるでしょう。

目次へ

まとめ

スマホを新しくする際には、データの移行が必要不可欠です。しかし、データ移行方法は多岐に渡り、苦手意識をもってしまいがちです。スマホの機種変更時に、データ移行がうまくできず機種変更を後悔する人も多いようです。

自身でのデータ移行に不安を感じる場合は、スマホの専門家に任せるのも手軽に機種変更できるポイントになります。スマホスピタルなら、データ移行だけでなくアカウントの設定まで行ってくれるので慣れない人でも安心して機種変更できるといえるのではないでしょうか。

目次へ