【iPhone修理の不安】中のデータは店員に見られるのか

iPhoneの不具合やバッテリー交換で、iPhone修理を業者に依頼するとき、「店員が中のデータを見るのでは?」と不安に思う人もいるでしょう。 iPhoneの中には、写真や連絡先など個人的なデータがたくさん入っているため、他人に見られたくないものです。 そんな修理を依頼する際の疑問に答えるとともに、対処法についても解説します。


この記事は約6分で読み終わります。

実際のところ、iPhoneのデータは修理先で見られるのか?

iPhoneを修理に出したお店で、店員が意図的にiPhoneの中のデータを見ることは基本的にありません。

修理業者の店員は、iPhoneを素早く修理することが目的であり、興味本位でデータを見ることは業務に関係ないからです。

しかし、iPhoneの不具合を再現するための動作確認の際に、意図せず形で目に入ってしまうことはありえます。

例えば、カメラの不具合で修理を依頼した場合、本当にカメラに問題があるのかを確認しなければならないため、店員はカメラを起動します。そのときに、不意に写真フォルダに入っている写真が目に入ってしまうことはあるのです。

万が一、意図しない形で個人情報を目撃しても、店員には守秘義務があるため、データを持ち帰ったり、他人へ公開したりすることは、絶対にありません。

目次へ

どうしてもデータを見られたくない場合の対処法

修理店の店員が、意図的にiPhone内のデータを見ることはありませんが、どうしても心配だという人のために、対処法を紹介します。

パスコードロックをかけたまま修理に出す

普段から、iPhoneにパスコードロックをかけて使用している人も多いですが、修理に出す際もパスコードロックを解除しないで預ける方法があります。

パスコードロックを解除しなければホーム画面を開けないため、他人がiPhone内のデータを見ることは不可能です。

しかし、不具合の再現を行う際や、修理後にiPhoneが正常に修理できているかを調べるための動作確認もできなくなるため、パスコードロックをかけたまま出しても、結局は業者にパスコードを提供しておくほうが安心できます。

初期化を行う

iPhoneの初期化をすれば、端末内にあるデータが完全に消去され工場出荷時の状態に戻るので、iPhone内のデータを見られて困ることはなくなります。

しかし、iPhoneの初期化は、事前にバックアップをとらなければ、修理後に元の状態へ復旧できなくなるので、手間がかかります。

初期化するには、大まかな工程に分けても、

①Apple Watchとのペアリングの解除
②iPhoneのバックアップ
③iCloudからサインアウト
④iMessageの登録を解除

これらの手順を踏んでから初期化となるのです。

iPhone内に保存しているデータが多ければ、バックアップにもそれなりの時間がかかるので、忙しい人にとっては負担になることもあるでしょう。

iPhoneのバックアップをiCloudでとるなら、データ量によっては追加で容量を買わなければなりません。

初期化してしまってから「バックアップが正常にとれていなかった!」とならないためにも、バックアップ方法や容量のことなどを、しっかり理解しておきましょう。

そして、初期化する前には、アプリなどの引き継ぎ設定もしておきましょう。引き継ぎができていないと、アプリ内のデータが消えてしまうことがあります。

目次へ

対処法が難しいなら信頼できる優良業者に依頼しよう

iPhoneの初期化が面倒に感じたり、難しく感じたりしているなら、できる限り信頼できる修理業者に依頼するのがおすすめです。

とはいえ、修理業者は数多くあるので、どこが信用できるか分からないという人も多いでしょう。以下に、信頼できる業者選びのコツをまとめました。

スタッフに「個人情報保護士」がいるか

個人情報保護士とは、国家資格ではありませんが、個人情報保護法に正しい知識を持っており、個人情報を専門的に運用、管理する人を指します。

この個人情報保護士が常に在籍しているiPhone修理業者は少ないですが、どうしてもiPhone内のデータを見られたくない人は、業者選びのひとつの基準として考えても良いでしょう。

また、個人情報保護士とは少し違いますが「Pマーク」と呼ばれるプライバシーマークを取得しているお店も、個人情報保護体制の基準への適合性を評価されていることが証明されています。

ただし、大前提にあるのは、修理店での取得はあまり見かけませんし、取得していないからといって危険というわけではありません。あくまでも、ひとつの基準として考えましょう。

総務省登録修理業者であるか

iPhoneを含むスマホ修理を行う上で、政府が施行した、適正な修理方法と技術基準に適合しているかを示す法制度の「総務省登録修理業者」があります。

簡単にいえば、この総務省登録修理業者に認定されるには、交換パーツの品質、管理や仕入元、修理技術など、さまざまな角度から見た厳しい審査をクリアしなければなりません。

総務省登録修理業者であれば、適法に則って正しい修理サービスが受けられます。さらに、交換するパーツの品質も良いと判断できるので、信頼できる業者といえるでしょう。

総務省登録修理業者は、ホームページに記載しているところが多いです。もし依頼予定の修理店のホームページに記載していない場合は、一度問い合わせて聞いてみると安心できます。

目次へ

スマホスピタルならお客様の目の前で修理します!

iPhoneに不具合が出て修理する前には、ほとんどの修理店でまずは、本当に不具合が出ているか、そしてその不具合はどのような形で出現しているのかを調べるためにチェックを行います。

例えば、カメラが起動しないという不具合の場合は、修理スタッフがカメラを起動させるためにお客様のiPhoneを操作してカメラを起動しようとしてみるのです。

そこで不具合が再現されれば、実際にiPhoneを修理します。修理が完了したら、次は、本当に不具合が直っているか、ほかの機能に影響はないかを調べます。これが、一般的にいう「動作確認」という工程です。

中のデータを見る機会は、この修理前のチェックと修理後の動作確認時ということになります。

スマホスピタルでは、この修理前のチェックと修理後の動作確認をお客様の目の前で行うようにしています。そのため、お客様に立ち会いの時間をいただくこととなりますが、もし時間がなくて立ち会いできない場合でも、ご安心ください。

スマホスピタルは、しっかりとした研修制度を設けており、スタッフは、守秘義務に関しても徹底的な教育を受けています。

また、当然ながら総務省登録修理業者であり、スタッフ全員が、それに裏打ちされた高いプロ意識を持っているのです。

iPhone修理業者の中には、修理前にiPhone内にあるデータを消去してから行うところもありますが、スマホスピタルでは不良部品のみの交換修理を行えるので、データはそのままの状態で修理できます。

スタッフが勝手にデータを消してしまうことも、もちろんありません。「データが消去されるかも」といった心配は、一切無用です。

修理前の不安があれば、遠慮なくスタッフに申し出てください。iPhoneのことを熟知したスタッフが、明確に丁寧に回答します。

守秘義務の徹底だけでなく、iPhoneの修理技術にも自信があるので、他店で修理を断られたiPhoneでも、一度ご相談ください。

目次へ

まとめ

iPhone内のデータを見られることは、避けたいものです。iPhone修理店では、個人情報を勝手に見ることは原則ないと考えられますが、お店のポリシーや働いているスタッフにもよるでしょう。

修理店を選ぶときは、スタッフがプロ意識を持って働いているか、信用できる店かの見極めが大切です。

目次へ