• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneのバッテリー寿命に注意!劣化の原因と長持ちさせるポイント
お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのバッテリー寿命に注意!劣化の原因と長持ちさせるポイント

iPhoneのバッテリーには寿命があります。充電方法や使い方によっては、バッテリーに負荷をかけてしまい、寿命を縮めてしまうおそれがあるので注意しましょう。

この記事では、iPhoneのバッテリー寿命を劣化させる原因と、長持ちさせるポイントについて解説します。

iPhoneのバッテリー寿命に注意

iPhoneのバッテリーには寿命があります。「電池の減りが早い」「iPhoneの挙動がおかしい」といった症状があれば、寿命が近づいているのかもしれません。ここでは、iPhoneのバッテリーの寿命や確認方法を紹介します。

iPhoneのバッテリー寿命は1年半から2年が目安

iPhoneのバッテリーにはリチウムイオン技術が採用されており、従来のバッテリーよりも速く充電でき、長持ちするといわれています。フル充電を500回繰り返した後でも、本来の蓄電容量の最大80%を維持できます。

一般的にiPhoneのバッテリーは1年半から2年で寿命がくるといわれています。とはいえ、iPhoneの使用時間や使用環境、充電方法などによって寿命は異なるため、この限りではありません。

iPhoneのバッテリーが劣化したと感じたら、早めに交換することをおすすめします。バッテリーが劣化したiPhoneを使い続けると、電源がすぐに落ちたり、本体が変形したりするおそれがあるので気をつけましょう。最悪の場合、発火する危険性もあります。

iPhoneのバッテリー劣化のサインと確認方法

iPhoneのバッテリーは、以下のような症状やサインがあると劣化している可能性が高いといえます。

・バッテリーの減りが早く、頻繁に充電をしなくてはいけない
・充電に時間がかかる
・バッテリー部分が変形している、膨らんでいる
・バッテリー残量の表示がおかしい
・アプリの起動に時間がかかる
・スピーカーの音量が小さくなった

バッテリーの状態は以下の手順で確認できます。

1.「設定」を開く
2.「バッテリー」をタップ
3.「バッテリーの状態」をタップ
4.「最大容量」を確認

上記手順で最大容量を確認し、80%以下になっている場合はバッテリーの交換を検討したほうがよいでしょう。バッテリーが劣化していると、「お使いのバッテリーは著しく劣化しています」と表示されます。

iPhoneのバッテリー寿命を早める原因

iPhoneを長く使い続けるためにも、バッテリーが劣化しやすくなる原因を知っておくことが大切です。ここではiPhoneのバッテリー寿命を早める原因を解説します。

iPhoneの使用環境に問題がある

iPhoneの使用環境が悪いと、バッテリーの寿命を早めてしまうおそれがあります。推奨されている使用環境は0〜35℃です。

iPhoneは普通に使用していれば問題ありませんが、「極端に暑いor寒い」といった環境下で使っている場合は注意しましょう。

例えば、「温度の上がりやすい窓際にiPhoneを置きっぱなしにしている」「暑い日に外でゲームをしている」「熱くなったiPhoneを保冷剤で無理やり冷やした」などです。

特に、直射日光の当たる場所に置いてしまうと、iPhoneはすぐに熱くなるため気をつけてください。また長時間ゲームをしたり、動画を見続けたりすれば、iPhone本体の温度は上がっていきます。使用環境に配慮して使いましょう。

iPhoneの充電方法に問題がある

iPhoneの充電方法によっては、一般的な寿命よりも早くバッテリーが劣化してしまうので注意が必要です。iPhoneのバッテリーは、500回程度充電ができるといわれています。そのため、単純に充電の頻度が多ければバッテリーは早く劣化します。

バッテリーが少し減った状態で充電したり、iPhoneを使用しながら充電したりするのは寿命を短くする原因なので気をつけましょう。

また、過放電状態のまま放置しておくのもNGです。過放電状態とは、バッテリー残量が0%の状態のことです。過放電状態になるとバッテリーの劣化が加速してしまうため、早めに充電する必要があります。バッテリーの残量は常に50〜80%の間を保つのが適正です。

iPhoneの使い方に問題がある

iPhoneの設定によっては、バッテリーに負荷をかけるおそれがあるので注意が必要です。常にバックグラウンド処理しているアプリがあると、バッテリーが消耗しやすくなります。

また、位置情報や通知などの設定が有効になっているアプリもバッテリーの消耗が激しくなるため気をつけましょう。

多くのアプリをインストールしている場合も注意が必要です。バックグラウンド処理されているアプリの数が多いほど、バッテリーの消耗が早まります。

そのほか、iPhoneの使い方も見直しが必要です。充電しながらゲームや動画を見れば、本体が熱くなりやすく、劣化を早める原因となります。

iPhoneのバッテリー寿命を延ばすポイント

iPhoneは充電方法や使い方を見直すだけで、バッテリーの劣化を遅らせることにつながります。ここでは、iPhoneのバッテリーの寿命を延ばす方法を紹介します。

iPhoneの充電方法を見直す

iPhoneの充電方法を見直し、バッテリーの劣化を遅らせましょう。まずはiPhoneの充電回数を減らしてみてください。バッテリー残量が少し減ったからといって、こまめに充電するのは控えましょう。

とはいえ、0%になるまで使うのはNGです。過放電状態になればバッテリーの劣化を早めてしまうため、残量が30%以下になってから充電するようにしましょう。

充電が完了したらiPhoneを充電器から外します。100%を超えたまま充電し続ける必要はありません。

iPhoneの使い方を見直す

充電方法とともに、iPhoneの使い方も見直してみてください。充電中にiPhoneを使用している方は、できる限り充電が終わるまで使用するのを控えましょう。

充電中に動画を見たり音楽を聞いたり、ゲームをしたりすればiPhone本体が熱をもちやすくなります。熱をもてばバッテリーにも負荷がかかり、劣化を早めるので注意しましょう。

また、真夏や冬の外出時での使用にも気をつけてください。極端に暑い・寒い環境下で使用すると、バッテリーの劣化を加速させます。窓際に置いておくのも、直射日光や外の気温の影響を受けやすいため注意しましょう。

iPhoneの設定を低電力モードに変えるのもおすすめです。低電力モードは、iPhoneのバッテリー残量が少なくなった際に消費電力を節約してくれる機能です。iPhoneが十分に充電できるまで、メールやダウンロードなど、バックグラウンドでの動作を一時的に抑えられます。

そのほか、不要なアプリを消すのもおすすめです。アプリを多くインストールしていると、普段使用しなくても電力を消費してしまいます。この機会にアプリの整理をしてみてください。

まとめ

バッテリーの寿命は1年半から2年と目安がありますが、充電方法や使い方を見直すだけでバッテリーの劣化を防げます。iPhoneを長く使い続けたい方は、この記事で紹介した方法を実践してみてください。

「すでにバッテリーが劣化している」「どの方法を試しても改善しなさそうだ」といった方は、バッテリーの交換を検討しましょう。バッテリー交換はAppleサポートのほか、街の修理店でもできます。

急いでバッテリーを交換したい方は、スマホスピタルにご依頼ください。総務省登録修理店で、安心かつ即日交換にも対応できます。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。