お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneSE2のバッテリー交換はいつ頃が目安?

iPhoneSE2は2020年5月頃に発売されており、発売当時に購入された方は使用して約1年経過しています。

皆さんの中にはバッテリー交換を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お使いの iPhoneSE2も「充電の持ちが悪くなってきた」「1日に充電する回数が増えてきた」と言ったことはないでしょうか?

今回はお問合せの中でも非常に多い、バッテリー交換時期についてご紹介します。

バッテリー交換時期を逃して使い続けると電源が入らなくなってしまったり、最悪の場合は発火に繋がる可能性もあります…

iPhoneSE2のバッテリーに少しでも異変を感じたら、本記事を参考にしてみてください。

iPhoneのバッテリー交換をするべきかお悩みの方へ

iPhoneSE2のバッテリー交換時期は?

スマホのバッテリー交換時期は目安として「2年〜3年」とされています。

もちろん使い方や設定などで劣化の早さもかなり変わるので、あくまで目安になります。

サブなどで使用されているスマホは2年半ほどまで交換が不要な場合もありますが、お仕事などで使用頻度の高いスマホは1年ほどで交換時期になってしまうことも..あります。

そのため、比較的新機種のiPhone SE2でもバッテリー交換時期を迎えている可能性があります。

次にiPhoneのバッテリー交換時期かどうか見極める方法をご紹介します。

この症状が出たら要注意!iPhoneSe2のバッテリー交換時期かも

先に記述しましたが、一般的にはiPhoneSE2を含むスマホのバッテリー交換時期は2年~3年といわれています。

ですが、使い方や環境によってはバッテリーが思いのほか劣化するスピードが速くなっていることもあります。

ここでは、こんな症状が出たらバッテリー交換時期かも、という症状をご紹介します。

バッテリーの最大容量が80%未満

ご存知の方も多いかもしれませんが、iPhoneは設定からバッテリー容量を確認することができます。

この容量は購入時と比較した数字なので、今現在の容量が数字でわかるというわけではないのでご注意ください。

では早速、iPhoneのバッテリーの最大容量を確認する方法をご紹介します。

  1. 設定アプリを開く
  2. 【バッテリー】をタップ
  3. 【バッテリーの状態】をタップ

以上でバッテリーの最大容量が確認できます。

例えば、バッテリーの最大容量が90%だった場合は、購入時と比較すると90%まで充電を溜めることができるということになります。

バッテリーの最大容量が80%未満の場合はバッテリーが劣化しているという判断になります。

もし、バッテリーの最大容量を確認した際に、80%未満だった場合はバッテリー交換時期の可能性が高いです。

バッテリーの消耗が早くなった

バッテリーが劣化している状態というのは、バッテリーの最大容量が低下している状態のことも指します。

基本的には自然にバッテリーの最大容量が増えることはなく減る一方です。

バッテリーの最大容量が減るということは、電池を溜めることができない状態になります。

つまり、バッテリーの消耗が早い=バッテリーの最大容量が低下しているということになります。

バッテリーの消耗が早くなっていると感じた方は、バッテリーの交換を検討してもいいかもしれません。

iPhoneSE2の電源が落ちる・再起動する

iPhoneSE2のバッテリーが著しく劣化すると、起動するだけの電力を供給できなくなります。

その結果、iPhoneSE2の電源が落ちたり、再起動を起こしてしまうのです。

一度でも電源が落ちたり、再起動を起こしてしまった場合は要注意です。

iPhoneSE2のバッテリーを長持ちさせるには?

バッテリーの寿命は2~3年といわれていますが、使い方に注意するだけでバッテリーの寿命を長持ちさせる方法もあります。

お使いのiPhoneSE2のバッテリー寿命を縮める使い方をしていませんか?

バッテリーの劣化を感じられる方は、以下を確認してみてください。

バッテリーは充電回数が増えるごとに劣化が進むので充電する回数を減らす=充電を節約するという流れで充電の節約が結果的にバッテリーの寿命を長持ちさせることにも繋がります。

過充電を避ける

夜寝る前に充電して、朝まで充電しっぱなし。なんて方も多いのではないでしょうか?

これはバッテリー劣化に繋がります。

できる限り100%になったら充電をやめることをオススメします。

ただこの方法は、既に劣化を感じている方が行っても充電の持ちが良くなるわけではないので今からでもできる充電の節約方法は以下2点となります。

GPS(位置情報サービス)はOFFにする

こちらは設定から変更ができます。

購入時には基本的にONになっているので、さわったことがないと言う方は「設定」→「プライバシー」から確認してみてください。

アプリごとに使用を制限することもできます。

Wi-FiやBluetoothも使用時以外OFFに

これらも充電の持ちを悪くする原因になります。

画面上部よりスワイプして手軽にON/OFFできるコントロールセンターを利用されている方も多いかと思います。

コントロールセンターでは完全に機能をOFFすることができないため、常に次に繋げるWi-FiやBluetoothの接続先を探し続けている状況になっています。

少し手間ですが「設定」より機能をオフにすることをオススメします。

画面の明るさを暗くする

画面の明るさを暗くするのも効果的です。

特に自動調節にしている方などは、知らず知らずのうちに画面が非常に明るくなってしまっていることもあります。

意識的に画面の明るさを暗くすることで、バッテリーの減りを抑えられる=バッテリーの寿命を延ばすことになります。

iPhoneのバッテリー交換をするべきかお悩みの方へ

iPhoneSE2のバッテリー交換ならスマホスピタルまで

長くスマホをお使いいただくためには、正しい時期のバッテリー交換が必須です。

交換時期に該当された方はぜひスマホスピタルへご相談ください!

冒頭でもご紹介しましたが、iPhoneSE2のバッテリー交換時期を逃してしまうと電源が入らないだけでなく、爆発してしまう可能性もあります。

バッテリー交換時期は見逃さないように注意しましょう。

スマホスピタルでしたら、iPhoneSE2のバッテリー交換修理もデータそのまま最短15分で修理可能です。

同じような症状でお困りでしたら、スマホスピタルまでご相談ください。

スマホスピタルは使用するバッテリーは安心安全のPSEマーク付きです。

スマホスピタルで使用するバッテリーについては以下をご覧ください。

使用パーツの品質

皆様のご来店お待ちしております!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。