お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのバッテリーを無償交換?その方法は?

iPhoneを使う上でバッテリーの減りの速さはかなり重要です。

みるみるうちに電池残量が減っていってしまうとついつい使うのもセーブしがちになってしまったり、いざ使おうと思っても電池が切れていると電話もできなかったり連絡がとれなかったりとかなり不便です。

そんなiPhoneのバッテリーを無償で交換できる方法があるってご存知でしたか?

今回はそんなバッテリーの無償交換の方法や条件についてご紹介したいと思います。

iPhoneのバッテリー交換をするべきかお悩みの方へ

iPhoneのバッテリーを無償交換してもらえる条件は?

無償交換の条件①:AppleCare+に加入している

バッテリーを無償で交換する方法の大前提としては、Appleの保証(AppleCare+:アップルケアプラス)に加入している必要があります。

自分が加入しているかどうかはAppleの公式サイトで確認することができます。

「アップルケア 加入 確認」で検索をかけると、加入確認のページに飛ぶことができます。

自分のiPhoneの設定画面からシリアルコードを見ることができるので、シリアルコードを入力して確認することができます。

AppleCareとは

Appleが提供しているApple製品の保証サービスです。

月額で支払うか一括で支払うか選択でき、それによってApple製品の保証期間を2年延長することができます。(自動延長もあり)

AppleCareに加入している場合は、iPhoneが壊れた場合も保証適用の料金で修理することができます。

例えば、画面破損の場合は最新機種で最大約4万円ほどかかるところが、AppleCareに加入しているだけでなんと手数料の3700円で修理することができるんです。(2021年7月時点)

「よく落としてしまう」「壊してしまわないか心配」という方にはおすすめの保証で、製品購入時に加入するかどうか決めることができます。

無償交換の条件②:バッテリー最大容量が80%以下である

この条件を聞いて「バッテリーの最大容量」が何かわからない方が多いと思います。

実は設定アプリからこれも確認することができるのですが、簡単に言えば今のバッテリーのステータス(状態)を表す数値です。

最大容量

iPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーは使用するごとに、どんどん溜められる電力の最大容量値が減少します。

そしてそれがパーセンテージとして可視化されたものが設定から確認でき、これが80%以下であると無償交換の対象となります。

無償交換の条件③:本体に損傷がない・改造行為をしていない

これも大切な条件でありますが、本体に損傷がないことはもちろん改造行為をしていないことが前提になります。

本体の損傷はいわずもがな画面破損や背面破損がないことをさします

改造行為ときくと、そんなことやってないよ〜と思いがちなのですが、実は非正規の修理店で一度でも修理したことがあるとそれは改造行為にあたってしまいます。

非正規の修理店で正規のパーツを使うことはできないため、互換性のある他社のパーツを使うことになります。

それがメーカーからすると改造行為にあたってしまいます。

iPhoneのバッテリー交換をするべきかお悩みの方へ

無償交換の方法・流れ

では全ての条件を満たしている場合に、どのような方法でバッテリーの無償交換を行うのかというところですが、簡単にいうとメーカー修理に出す形になります。

Appleの保証を利用してバッテリー交換修理をすることになるので、まずはWebやアプリを利用して修理の予約をとるところからになります。

WebならAppleの公式ホームページから予約が可能です。

アプリは「Appleサポート」という標準アプリから予約が可能です。

どちらにせよ現在使用しているAppleIDが必要になりますので改めて確認しておきましょう。

修理場所はメーカー(Apple Store)もしくは、正規修理代理店のどちらかを選択することができます。

ただしここで注意する項目が何点かあります。

  • 正規修理は非常に混みやすく時間がかかる
  • 予約がすぐにいっぱいになってしまうため基本的に当日飛び込みでの利用は難しい可能性が高い
  • 予約に関しても数日前から取得する必要がある

また、基本的にデータ保存の保証はないので事前に自分でデータバックアップをとってから持っていくことになります。

修理後にデータが残っていたという話もありますが、初期化されていたという話も聞きますので一応バックアップはとってから修理にいきましょう。

無償交換の条件を満たしていない場合はぜひスマホスピタルへ!

上で紹介した無償交換の条件を1つでも満たしていない場合は、通常料金もしくは本体交換料金が発生する可能性があります。

特に画面破損や背面破損が起こっている場合は、正規修理では本体交換料金がかかることが多いので正直かなりもったいないです!

画面や背面の修理はしたくないけど、バッテリーは交換しておきたい…

そんなときにはスマホスピタルでの修理がおすすめです!

スマホスピタルでは本体に損傷があってもお客様のご希望の箇所しか修理しないため、バッテリー交換の費用だけで大丈夫です!

※過度の損傷がある場合は修理過程で損傷が広がる可能性があるので事前にご相談ください!

ぜひ一度ご自身が無償交換の対象かどうかお調べいただき、必要であればスマホスピタルへご相談ください!

ご来店お待ちしております。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。