お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPadのバッテリーの交換時期はどれくらい?

iPadは一度購入するとなかなか機種変更をしないかと思います。

スマートフォン端末は2年や3年機種変更する方が多いかと思いますが、タブレット端末に関しては頻繁に変えることが少ないですね。

理由としてはスマートフォンと比べると使用頻度も少なく、故障や劣化がしにくいのが要因として考えられます!!

 

スマートフォンの場合普段から使用しているので落としてしまったりして画面が割れてしまいそれを機に機種変更するとか、バッテリーは劣化してきて使いにくくなったら機種変更するなどがあるかもしれません。

スマートフォンに使用されているリチウムイオン電池の寿命としては、2年から3年といわれています。

これは満充電を200回から300回(満充電1回とは0%から100%充電すること)を行うと劣化が進みやすくなるといわれており、1日半から2日で満充電が1回ほどになりますので寿命はこれくらいといわれてます。

 

バッテリーが劣化してくると

十分な残量が残っているのに急に電源が落ちてしまう

バッテリーが膨張する

電源が入らなくなる

このような症状が起きやすくなります。

これはiPadにも同じように言えて、使用年数が長いとバッテリーは劣化します。

ipadmini%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e4%ba%a4%e6%8f%9b

 

ただiPadの場合はiPhoneなどのスマートフォンと比べるとバッテリーの容量が多く劣化がしにくいです。

アップルの公式サイトによるとiPadの寿命目安は3年程度といわれてます。

iPadのバッテリーは約1000ほど充電できると言われておりますんで1日1回充電するとしても3年ほどは使用できるということになります。

しかし、iPadは毎日充電することも少ないかと思いますので寿命としてはもっと長くなるかと思います。

では、iPadのバッテリーを交換する時期は?といいますと

劣化の症状が出てきたときになります。

使い方次第では4年ほど使用していてもそこまでバッテリーの劣化が進んでいない場合もあります。

急に電源が落ちてしまうとか、電源が入らなくなったなどはバッテリーの代表的な劣化の症状になりますので頻繁に起こるようでしたらバッテリー交換をおすすめします。

スマホスピタル静岡駅前店ではiPadのバッテリー交換もすぐに行うことができますのでまずはご相談ください!!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。