• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneのバッテリーが急に10%以下に!?考えられる原因と対処法
お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのバッテリーが急に10%以下に!?考えられる原因と対処法

100%まで充電したはずなのにiPhoneのバッテリーが急に10%以下に…

iPhoneのバッテリーがおかしいんです、充電したはずなのに気付いたら切れかけてて…

このようなご相談を、スマホスピタルにご来店くださるお客様からよく頂きます。

iPhoneはカメラとして使ったり、ネットや動画を見たり、アプリで遊んだりと様々な使い方ができますが、中でも大事な機能は電話やメール、LINE。

突然バッテリーが切れてしまうようでは、安心して連絡を取り合うこともできませんよね。

今回は、実際の事例を元に、突然iPhoneのバッテリーが急に減ってしまう原因と対処法をご紹介します。

iPhoneのバッテリーが急に減って困っているという方、ぜひ参考になさってください。

iPhoneのバッテリー交換をするべきかお悩みの方へ

多くの方は、日中充電せずにiPhoneを使うために、夜寝ている時に充電しているのではないでしょうか。

以前は「夜間充電ケーブルを挿しっぱなしはよくない」という話もよく聞かれましたが、実際のところはあまり心配いりません。

iPhone本体が賢くなり、充電の傾向を計測して満充電状態が続かないよう、自動的に調整してくれるからです。

そのようにして朝にはバッテリーがばっちり100%のiPhone。

家を出て、午前を過ぎてもまだ80%、夕方でもまだ60%と、バッテリー残量は十分です。

そして外も暗くなってきた帰宅時間、iPhoneを手に取ると…。

なんと、バッテリー残量10%!

バッテリーのアイコンが赤くなり、警告も表示されました。

ついさっき見たときはまだ50%以上残っていたはずなのに…!

今から充電する時間もなく、帰路についてすぐにiPhoneの電源は切れてしまいました。

不安になって家に着いてすぐに充電ケーブルを挿すと、ちゃんと充電が始まり、電源も入ります。

たまたま今日調子が悪かったのかな?と思いましたが、翌日もそれ以降も、バッテリー残量が50%くらいになると突然10%まで減ってしまい、症状が改善される気配はありません。

「もしかしてバッテリーがおかしくなったのかな?」

そう考えざるを得ない症状です。

iPhoneのバッテリーが急に減ると感じたら「バッテリーの状態」をチェック

「iPhoneのバッテリーがなんだかおかしい」

そう感じたら、まずはバッテリーの状態を調べましょう。

一番手軽にバッテリーの状態を確認する手段は、「バッテリーの状態」を見ること。

  1. 「設定」を開く
  2. 「バッテリー」を押す
  3. 「バッテリーの状態」を押す

以上の手順で、バッテリーの状態画面が表示されます。

iPhoneのバッテリーの状態画面

この画面の「最大容量」の数値が、iPhoneのバッテリーの劣化度合いの目安になります。

80%を切っていたら、交換時期と考えて差し支えありません。

バッテリー残量のグラフも確認しよう

「バッテリー」の画面では、直近24時間のバッテリー残量がグラフで見れます。

iPhoneのバッテリー残量のグラフ画面

このグラフを見れば、1日のバッテリーの減り方が一目瞭然。

「残量が十分だったはずなのに突然バッテリーがなくなった!」

という方は、このグラフをじっくりと見てみましょう。

ゲームや動画といったアプリのせいでバッテリーが消耗されているなら、グラフは右下に向かって緩やかに下降していると思います。

この場合は、原因となるアプリの使用を控えることで、バッテリーの消耗を抑えられます。

しかし、アプリを立ち上げてもいないのに当然バッテリーが50%→10%に減るような症状の場合、グラフの動きが異なるんですね。

バッテリー残量が50%から0%付近まで急に落ちているグラフの写真

50%付近まで緩やかに下降していたのに、突然ナイアガラの滝のように10%まで急降下する様子が、グラフから見て取れるはず。

グラフにこのような動きが現れている場合は、バッテリーの異常である可能性が極めて高いでしょう。

iPhoneのバッテリー交換をするべきかお悩みの方へ

iPhoneのバッテリーが急に減る原因は経年劣化

満充電したはずのiPhoneのバッテリーが、50%など一定の残量から突然10%以下に減ってしまう。

ほとんどの場合、その原因はバッテリーの経年劣化です。

iPhoneに搭載されているリチウムバッテリーには耐用年数=寿命があり、言ってしまえばバッテリーは消耗品。

iPhoneのバッテリーは「フル充電を500回繰り返した後も最大容量80%を維持できる」ように設計されているとAppleは説明しています。

これは言い方を変えれば、フル充電500回で、バッテリーの最大容量は20%も劣化してしまう、ということ。

フル充電500回は、ざっくり言うと1年半〜2年ほど。

iPhoneを普通に2年使い続ければ、これだけバッテリーは消耗してしまう、ということなんです。

そこまで消耗したバッテリーなら、不具合が起こり始めてもおかしくありません。

iPhoneに限らず、劣化したバッテリーでは

  • 満充電したはずなのに短時間でバッテリーが切れる
  • バッテリー残量が正確に表示されない
  • 残量十分だったはずなのに突然バッテリー切れの警告が出る

このような症状が現れます。

症状によってはiOSの不具合の可能性も

「バッテリーの消耗が早い」
「バッテリー残量のグラフを見ると綺麗に右肩下がり」

iPhoneで、しかも購入して間もないのに上記のような症状が出る場合は、iOSの不具合の可能性があります。

iPhoneをコントロールするiOSは、iPhoneにまつわる全ての機能をコントロールしており、バッテリーも例外ではありません。

iOSのアップデートにより、バッテリーの状態がおかしくなった、消耗が激しくなった、という声はよく聞かれます。

しかしこういったケースは、必ずしも異常とは限りません。

iOSアップデート直後は、iPhoneのアプリやデータを最適化するために、通常よりバッテリーを多く使ってしまいます。

慌てずに、数日様子を見てみましょう。

また、iOSに問題があった場合には、次回のアップデートで修正されることがほとんどです。

iOSの最新アップデートが配信されたら、アップデートをしてみましょう。

iPhoneのバッテリーが急に減る症状を改善する確実な対処法はバッテリー交換

iPhoneのバッテリーが急に減ってしまう症状、その確実な対処法は、バッテリーの交換です。

なだらかにバッテリーが消耗していくなら、バッテリーの消費を少しでも減らすように設定を工夫することで、対処することも可能。

しかし、十分あるはずのバッテリーが急になくなるというような症状では、設定でどれだけ工夫しても対処に限界があります。

なにより、いつ突然バッテリーが切れるか分からない状態では、不安でまともにiPhoneを使えません。

経年劣化したバッテリーが勝手に回復してくれることも、まずありえないことです。

しかし、バッテリーを交換すれば、ほぼ確実に症状を改善できるだけでなく、新品同様のバッテリーの持ちが戻ってきます。

安心して、同じiPhoneを使い続けられますよ。

バッテリーが急に減る症状でお悩みの方、その症状を改善するためにも、バッテリー交換を検討してみましょう。

iPhoneのバッテリーを交換するならどこがおすすめ?

iPhoneのバッテリー交換は、修理ルートによっては1日以上の預かり修理になったり、iPhoneの中のデータが消えてしまう場合があります。

毎日使うiPhoneだけに、預かり修理やデータ消去は困る方も多いことでしょう。

また、できるだけ費用も安く済ませたいところですよね。

しかし、スマホスピタルなら、iPhoneのバッテリー交換は最短当日15分、中のデータそのままで修理いたします。

iPhoneを1日預けたり、データをバックアップから復旧したりする手間はありません。

飛び込みの修理も大歓迎ですが、事前に電話またはネットでご予約いただければ、待ち時間なしの受付も可能です。

iPhoneのバッテリーでお悩みの方、今すぐスマホスピタルまでご相談くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。