• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneのバッテリー交換 1台につき何回ぐらいしますか? 即日交換 
お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのバッテリー交換 1台につき何回ぐらいしますか? 即日交換 

バッテリー交換 1台につき何回ぐらいしますか?

平均交換回数は1回ぐらい?

バッテリー交換はどれくらいにしたらいいのか、たまに質問をうけるのですが、お答えします。

バッテリーの減りが早くなったと感じたときです。何年も使っていると急に減りが早くなったな。もうバッテリーが半分なくなったなというときがきます。そうなると1日バッテリーが持つのかが微妙になてくるでしょう。バッテリーの最大容量はまだ85%ぐらいですが、買ったときに比べて減りがあきらかに早くなったように感じます。個人差はありますが、自分はこの時1回目のバッテリー交換を行います。購入してから2年半ぐらいでしょうか。交換したら、iphoneを購入した時ほどは戻りませんが、バッテリーの持ちが長くなります。

iPhone バッテリー交換イメージ

バッテリーと一緒に基板も劣化しています。

バッテリー交換はバッテリーを新品にする作業です。本体基板は購入した時からいっしょです。本体基板もやはり長い時間使っていると、電気を消費するようになっていきます。代表的な症状が基板が熱を持つものです。バッテリーが熱くなっていると思われがちですが、基板が熱くなっているのです。熱くなるというのは、無駄に電気をくっていると考えたほうがいいです。

基板に熱を持つ症状は直りません。長年使っているとバッテリーは減りが早くなり、本体基板は電気を使うようになっていくのです。

減りの早さにどれだけ耐えられるかが、ながく使うコツ。

2回目のバッテリー交換は1回目の交換から1年~1年半経って行いました。1回目の交換ほどは減りがかわったという実感はないですが、減ってきたらこまめに充電して使ってます。あとは減りの早さにどれだけ耐えられるかが、勝負です。一日でもながく使えばお得になると考えると、まだまだ使えそうな気がします。

2022年現在ですとiOS15のシステム内にある設定の「バッテリー」バッテリーの状態バッテリー充電の最適化 をオンにしてあげましょう、これによりバッテリーにやさしい充電方法を自動的に実施してくれます。
夜寝る前に充電をすると「10:00までに充電を完了するようにスケジュールされています。」(時間はご自身のライフスタイルに合わせた時間を勝手に選んでくれます)と表示されていれば設定はしっかりとされています。こうする事で普段からバッテリーの傷みを軽減してくれるのでおすすめです!

Apple care+に入っていたらバッテリー交換無料?

  1. Apple care+に入っていてかつバッテリーの最大容量が80%以下の場合、交換してくれます。
    まずはアップル公式サイトへジャンプ
  2. アップルIDでログイン後にサポートを開く
  3. Appleの修理>「修理を申し込む」をお選びください
  4. フローに従って入力を行っていきます

お安く修理は出来るのがメリットですが、デメリットとしては予約が1週間先までしか取れない、自分の希望する時間が空いているとは限らない
実際に端末を見てもらうと本体交換になる可能性もあるので面倒・・・などなど

そんな時はまずご自身の保証があるかを確認しましょう!

設定>一般>情報 を開くとシリアル番号の下に どのように記載されているかをご確認ください。「Apple Care +」と有効期限が書かれている場合は加入されています。

限定保証と有効期限が書かれている場合AppleCare+には加入されていないという事になります。

スマホスピタルではデータもそのまま!即日最短15分~でお返しが可能です!まずはお気軽にお近くの店舗へご連絡ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。