お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフブログ

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの無音カメラのデメリットって?

iPhoneのカメラ機能を使うことも多いですが、撮影するときにはシャッター音が出てしまいます。

iPhoneをカメラを静かな場所で使って周りから振り向かれたり、注意された経験もある人も多いと思います。

レストランなど周りにシャッター音を聞かれたくないということや、マナーに気を付けなければならないシチュエーションで音を出したくないときには、無音カメラアプリを使うとよいです。

ですが、無音カメラにもデメリットが存在します。

今回は無音カメラについてお話します。

iPhoneの無音カメラのデメリットは?

先ほどもご紹介しましたが、無音カメラは結構便利なので、使用されている方も多いかもしれませんね。

無音カメラのアプリはカメラアプリと同じような感覚で使えて、シャッターボタンを押しても音が出ないのが特徴です。

加工ができることや、ピントを合わせる機能など高性能です。

ですが、使ったことがある方なら分かると思いますが、デメリットも存在します。

無音カメラデメリット…

それは、解像度になります!

そもそもシャッター音を無音にするための仕組みは、カメラを写した時の液晶画面をキャプチャーしているだけなので、液晶の解像度以上の画質にはなりません。

高画質の写真が撮れないので、無音カメラを使うときには注意しましょう。

例えば、黒板やホワイトボードを板書する際に、カメラで撮影される方もいらっしゃると思います。

その際に、会議中や授業中などで、音を立てたくなくて、無音カメラで撮影しても、被写体から遠かったりすると、解像度が低いので文字が潰れて読めない…

なんてことも起きてしまいます。

無音カメラは便利な反面、解像度が低いということを覚えておきましょう。

iPhoneのカメラ修理もスマホスピタルまで!

今回ご紹介した無音カメラですが…

当然、カメラが故障していては使い物になりません。

  • カメラのピントが合わない…
  • ぼやけてしまう…
  • 黒い点のようなものが映り込んでしまう…

などの症状が起きてしまうと、せっかくのカメラも使い辛いですよね…

そんなことでお困りでしたら、スマホスピタルまでご相談ください。

スマホスピタルでしたら、データそのままで当日修理が可能なんです!

面倒なデータ移行やApple IDのうんぬんかんぬんは必要ありません!

故障したiPhoneをお持ちいただければ、最短30分でカメラ修理を致します。

スマホスピタルは全国約80店舗ございますので、お近くのスマホスピタルまでご相談ください。

尚、郵送修理も承っておりますので、お近くに店舗がない方は郵送修理をご利用ください。

皆様のご来店お待ちしております!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。