お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフブログ

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのウイルスはどこから感染する?

iPhoneは比較的ウイルスに対して安全と言われており、本格的なウイルス対策ソフトは存在していません。

では、そもそもなぜ「iPhoneは安全」と言われているのでしょうか?

 

iPhoneは本当に安全なのか

iPhone用アプリをダウンロードできるAppStoreでは、各アプリがAppleの厳しい審査によって監視されています。

そのため、普通にダウンロードできるアプリにウイルスが混入する可能性は低いのですが、厳しい監視を掻い潜った巧妙な手口のアプリをインストールしてしまう可能性もゼロではありません。完全無料なのにやたらとお得なアプリ”無料で音楽ダウンロードし放題!”など)や、物理的に不可能な機能を追加するアプリ”iPhoneのカメラを暗視カメラにします!”など)には最大限の警戒を持つようにしましょう!

そして見落としがちなのが、パソコンからの感染です。

iTunesに接続して同期する際、ケーブルでパソコンと接続する必要がありますが、接続元のパソコンがウイルスに感染していると、そこからiPhoneにウイルスを混入させられる危険性があります。パソコンにはしっかりとアンチウイルスソフトをインストールしておき、定期的にスキャンするようにしましょう。

 

意外な落とし穴として、Wi-Fi経由でのウイルス感染というものもあります。

飲食店やホテル、駅などの公共施設が近くにないのに、パスワードのかけられていないフリーWi-Fiの電波をキャッチしたことはありませんか?

この怪しいフリーWi-Fiに接続すると、個人情報の抜き取りやウイルス感染などの被害に知らないうちに見舞われていることがあります。見慣れない名前のWi-Fiには接続しないようにしましょう!

 

これらの悪意あるアプリやWi-Fiにアップルも対抗策は実施しており、iPhoneに搭載されているiOSは、定期的なアップデートでセキュリティを強化しています。ダウンロードに時間がかかる、アップデートして不具合が出るのは怖い…といった理由で古いiOSのバージョンのまま使っている方も多いですが、安全面から考えるとアップデートはしておくことをおすすめします。

 

iPhoneは比較的安全ですが、それでもウイルスに感染する可能性はゼロではありません。個人情報を守るために、とにかく「甘い言葉にのらない、都合の良すぎるアプリはダウンロードしない」を心がけ、OSは常に最新の状態を保つようにしてくださいね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。