お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフブログ

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone6・iPhone6sの画面交換、分解にかかる時間は?

・iPhoneのガラス液晶が割れてしまった

・iPhone液晶表示に不具合がある(線・液晶漏れなど)

・iPhoneのタッチ操作が反応しない

上記のような故障でお困りではありませんか?

iPhone6・iPhone6sののガラス液晶交換修理の作業内容と

おおよそでかかる時間などを今回はご紹介します。

 

iPhone6・iPhone6sの画面交換修理の作業内容

iPhone6・iPhone6sの分解をします。

iPhone6もiPhone6sも液晶画面から分解していきます。

両方とも開け方は同じです。

img_0256

ホームボタン側から分解していきます。

上部から開けると本体基盤と液晶画面を繋いでるコネクター

を破損させてしまったり、ちぎってしまう可能性があります。

edited_img_0251_20210123_165548

このコネクターを傷つけたり、傷めたりしてしまうと

・タッチがきかない

・液晶表示の不具合

などの故障が起こる可能性があります。

なので分解する際は開け方に気を付けます。

このコネクターの位置もiPhoneの機種ごとによって違うので

要注意です。

分解できたらコネクターをゆっくりと外してガラス液晶パーツ

を取り外します。

ガラス液晶パーツの裏側がこちら

img_0252

各パーツが衝撃によって外れないように銀のプレート

固定されています。

この銀のプレート各パーツを取り外していきます。

各パーツを分解してみると

edited_img_0254_20210123_165418

画面パーツだけでも多いですね。

(今回の写真は各ネジは省いています)

・銀の画面プレート(一番左)

・フロントカメラパーツ

・各クリアパーツ

・ホームボタンパーツ(+銀プレート)

・イヤースピーカー(+銀プレート)

がガラス液晶画面側についています。

液晶画面交換修理の場合、このパーツを新しい液晶画面

パーツに移していきます。

組み立てていき、動作を確認します。

iPhone6・6sの場合、慣れてくると液晶画面交換修理で【約30分~】

ほどでできます。

 

自己修理は危険?

自己修理されたいという方もいるかとは思いますが

自己修理に関しましてはiPhoneの修理にあまり慣れてない場合

だと上記に筆記したようなコネクターや各パーツを傷つけてしまう

可能性があります。また、バッテリーパーツに金属の工具などを

誤って差し込んでしまったりすると最悪の場合バッテリーパーツが

発火する可能性もあり危険です。

事故修理したい場合そのようなリスクがあるため、筆者はあまり

おすすめはしていません。

 

スマホスピタル天王寺店にご相談ください

・バッテリーの消費が異常に早い

・画面が割れてしまった

・その他パーツ故障

上記修理をお考えの場合はぜひスマホスピタル天王寺店へ!

にご相談ください!自己修理をして不具合がでてしまった場合でも対応可能なのでお困りの際は電話、メールでお問い合わせください。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。