お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフブログ

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone通話で声がこもるときの対処法とは

iPhoneを使用していく中で相手と通話する時に声がこもる状態になり、聞き取りにくいという指摘を受けるケースが存在します。

iPhoneは年々、音質などの性能も改善され、より良く利用することができる機種にバージョンアップしていることから声がこもったりして聞き取りにくいという症状は起きにくいです。

もし仮に声がこもる症状が起きる場合は、その原因を探ってみる必要があります。

まず多くの方は、大事なiPhoneを利用する上でおしゃれや保護のためにカバーを使用しているはずです。そして声がこもる症状を引き起こしているのが、実はそのカバーを原因にしていると考えると良いかもしれません。

人気のカバーには手帳タイプの物が存在し、それを折りたたんだ状態で使用していると相手から聞き取りにくいという指摘を受けるケースが多くなります。

その理由にはiPhoneにはマイクが表に1つ、底に1つ、裏面のカメラ付近に3つ搭載されており、ノイズリダクションの働きをする機能があるからです。

ノイズリダクションの機能は、通話している周囲の音をキャンセルする機能があり、周囲の雑音を打ち消す形になります。

つまり声がこもると感じられるのは、ノイズリダクションの機能が働いての事で、手帳を閉めた状態で利用するとそれが起こる懸念が生じます。

従ってiPhoneを利用する上では、手帳を開けた状態で通話することで声がこもる症状を改善できます。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。