お役立ち情報
SCROLL DOWN

その他の修理

スマホスピタルお役立ち情報 スマホの背面ガラスは修理可能?交換しなくても平気なの?

スマホの背面ガラス修理に関して

スマホの修理に関して様々な情報がありますが、「背面ガラスの修理」はあまり聞いたことがないのではありませんか?

そこで今回スマホ修理のプロであるスマホスピタルのスタッフが詳しい情報や説明をご紹介したいと思います。

iPhoneだけではなくAndoroidスマホに関してもご説明します。

最後まで読みと何かあった時に役に立つかもしれませんよ!

 背面ガラスも画面のように割れてしまうの?

スマホの故障で多い箇所といえば「フロントパネル」つまり画面です。

落として割れてしまったり、液晶が急に真っ暗になってしまったりと多くの人を悩ませています。

フロントパネルは壊れてしまうとスマホが使用できないことが多いです。

また、使用できない程ではないが使い勝手が悪くなってしまいます。

そのためスマホスピタルでも修理を行う方が多いのです。

スマホへの衝撃自体は全てのパーツに伝わっています。

もちろんフロントパネルより背面ガラスの方が硬いので割れにくいです。

その上背面ガラスはケースで守られている事が多いため、割れないことも多いです。

しかし、画面が割れてしまったというのであれば、背面パネルも割れている可能性が高いですね。

背面ガラスが割れやすいモデルとかってあるの?

基本的に背面がガラスになっているスマホであればそこまで大差はないです。

スマホスピタルへ修理に持ってきていただくモデルで一番多いのは「iPhone」です。

iPhone8 背面ガラス 割れ

日本人の多くが使用していることも大きく関係していますが、それだけではありません。

iPhoneはiPhone8以降から背面がガラスになりました。

それより前はアルミフレームを採用していました。

昔からiPhoneを使用していた人達はアルミフレームに慣れているせいか、落としても「背面は割れてない」と思っている方も多いです。

次に多いのはGalaxyやXperiaです。

耐久性が低い訳ではありませんが、もともと背面ガラスが薄いため割れることがあるようです。

アンドロイド端末はiPhoneより薄く設計されているモデルが多いのも関係していると思われます。

背面ガラスの交換はそもそも可能なの?

背面ガラスの修理は普段行う修理と比べると難しい作業になることが多いです。

そのため修理自体を受けてくれない店舗も多いと思います。

そんな中、スマホスピタルでは背面ガラスの交換が可能です。

修理モデルを挙げるとiPhoneやGalaxy、Xperia等の背面ガラスの交換を行うことが多いです。

Galaxy Xperia 背面ガラス 交換

画像は実際に使用するリペアパーツになります。

Android端末に関しては背面のパネルのみの交換になる事が多いです。

そのため修理も比較的簡単になります。(iPhoneに関しては事情が異なるため、この後説明をします)

基本的には修理が少ないため在庫がない事が多いです。

パーツの取り寄せも可能なので事前に電話やメール等での確認をオススメします!

背面ガラスを修理している人っているの?

フロントパネルを交換している人は多いですが、背面ガラスを交換している人はあまりいません。

理由としては「スマホを使用するのに特に支障が無いため」「ケースを取り付けていたため割れていることに気が付かなかった」という2点です。

確かに背面ガラスが割れていても使用する分には問題がありません。

背面にあるもので影響が出るパーツといえばバックカメラレンズです。

バックカメラのレンズが割れている場合、写真の写りに影響がでます。

最近は写真の写りを気にする人が多いため修理をする方も多いです。

smahodroped

修理屋が指摘する「背面ガラスの割れの影響」とは?

今までの話の流れだと「え、じゃあ別に交換必要ないよね」と思われる方も多いと思います。

スマホスピタルでも現状修理を行う方が多くないのが現状です。

しかし、それは背面ガラスが割れたことによる端末への影響を知らないからだと思います。

具体的にはどのような影響が起きるのか?いくつか紹介していきます。

水没による端末の故障

背面ガラスが割れていることにより、防水耐水機能はほぼ機能しなくなります。

水は少しの隙間から入ってくるためケースを付けていたとしても侵入してきます。

水が本体内部に入ると様々な不具合を起こします。

例えば、画面に付着した場合、画面にモヤがかかったようになり、最悪の場合は液晶が真っ暗になることもあります。

バッテリーに付着した場合、ショートし電源が入らなくなります。

基板に付着した場合は多種多様な不具合が出てきます。

結局のところ「内部に水が入る」=「故障する可能性大」ということになります。

本体内部のパーツに対しては耐水機能等はありません。

怖いですよね…

ホコリや異物の侵入

ホコリが浸入すると各パーツにまとわりついてきます。

水に比べるとそこまで危険なものではありません。

しかし、ホコリも中々厄介なものなのです。

基板にまとわりつくと高温度に発熱を起こしてしまう可能性があるのです。

高温になるとどうなるか…スマホが動作しなくなりフリーズするかもしれません。

話は少し変わりますが、ゲーム機などで「冷却ファンが故障」すると上記のような現象が起きます。

これは内部を冷やすファンが故障したことにより基板が発熱し、その結果基板に不具合が生じたものです。

しかし内部にホコリが溜まると起きる現象でもあります。

ゲーム機の場合は分解してクリーニング等を行えば大体解決します。

つまり、スマホでも同じような現象が起きるかもしれないのです。

しかもスマホには「冷却ファン」はありません。

そのため温度を下げる手段はありません。

基板に接続されている様々なパーツ、画面(液晶、タッチパネル)、バッテリー膨張、マイクやカメラ、スピーカーなどはやはり温度によって壊れてしまう可能性がある部位です。

スマホの使用をやめる・稼働アプリを減らすなどの策はありますがあまり現実的な手段ではありません。

ガラス片で怪我をする可能性

背面は手で持つところなので、怪我を負う可能性があります。

カバー等を付けていれば床や机にガラス片が落ちる心配はありませんが、ポロポロと落ちるような状態だと手だけではなく足も怪我してしまうかもしれません。

最悪の場合はガラス片が目に入ってしまって、病院で処置をしてもらわなければならないことも…

背面ガラス修理内容と使用するパーツ・メリット・デメリットについて

使用するパーツは純正品ではないため写真のように文字やマークが消えてしまいます。

iPhone8 背面パネル 交換

(左が純正品の背面・右が色違いのリペアパーツ)

これに関して問題が無ければ交換してみてもいいと思います。

また、スマホスピタルでは「背面ガラスのみの交換」ではなく「背面ガラスとサイドフレームごとの交換」という修理作業になっております。

「ガラスだけ交換出来ないの?」と思うかもしれませんが、ガラスだけ交換する方が時間も技術がいるのです。

背面ガラスを全て取り切らないと新しい背面ガラスを取り付けた瞬間に割れてしまいます。

また背面ガラスが割れてしまったという事は、再度フレームも歪んでいる可能性があります。

その状態で新しい背面ガラスをはめても浮く、そもそもガラスが取付できない可能性もあります。

背面ガラスを交換するメリット

上記で挙げた「水没・ほこり・怪我」の原因をほぼ無くすことができます

しかし、分解する以上耐水・防水機能は落ちます。

もちろん背面ガラスが割れている状況に比べると断然良いです。

ですが、耐水・防水性能に関しては当店で取り扱ってる耐水テープを取り付けることでほとんど補うことができます!

背面ガラスを交換するデメリット

少しだけ説明しましたが、Appleのロゴや文字が無くなってしまいます。

そのため分解・修理をしたのが一目でわかってしまいます。

キャリアや購入店舗でサポートを依頼した時に対応してもらえなくなる可能性があります。

スマホの背面修理を自分でできる?

先ほども記述しましたが、背面修理をするには高度な技術が必要です。

背面ガラスのみを交換するにしても、注意が必要になります。

背面がガラスの機種は背面にワイヤレス充電を行うためのパーツが付いています。

そのパーツが背面ガラスのすぐ下に直接あります。

なので、ガラス交換を行う際に、ワイヤレス充電のパーツを破損させてしまう可能性が高いです…

また、フレーム毎交換する際に注意が必要です。

というのも…

フレーム毎交換するとなると、ほぼ全てのパーツを移植していかなければなりません。

移植するとなると非常に高度な技術が必要になります。

背面ガラスの修理を自分でするのはお勧めできません…

割れた背面ガラスはどこで修理できる?

背面ガラスを修理する方法は大きく分けて2通りあります。

Appleで修理を依頼する方法と町の修理屋さんで修理をする方法です。

それぞれ見ていきましょう。

アップルストアで修理をする方法

1つはメーカーでの修理ですね。

保証の有無によって値段が異なるので確認しておいた方がいいですね。

というのも、背面ガラスの修理となると、その他修理という料金が高くなる修理内容になることがほとんどです。

AppleCare+に加入していても13,000円前後かかります。(2021年11月現在)

加入していなかったら、もっと値段が高くなります…

また、データはなくなってしまい、修理には時間が必要になります。

ただ、本体交換も可能なので、フレームが曲がってしまったりなど、損傷が激しい場合でも対応してくれるのは心強いですね。

町の修理屋さんで修理をする方法

もう1つは町の修理屋さんで修理をする方法です。

町の修理屋さんで修理をする場合はデータそのままで修理をしてくれるのは心強いですね。

また、期間に関しても当日~返却してくれるのですぐに修理してほしい方にもお勧めです。

ただ、店舗によっては背面ガラスの修理を行っていない場合もあるので事前にチェックが必要です。

まとめ

画面(液晶やガラス)やバッテリー、カメラ、ドックコネクター(充電口)などはスマホを使用するうえで確実に必要なパーツです。

しかし、それらのパーツを守っているのは背面ガラスやフレーム部分になります。

背面ガラスが割れたまま使用していると、大事なパーツに不具合が出てくる可能性があります。

ケースを付けている方は一度取って確認してみてはいかがでしょうか?

今現在割れている方がいましたら、近くの修理店で使用している端末の背面を修理しているか確認してみても良いと思います。

何かあった時にすぐに連絡ができると安心ですよね!

スマホスピタルでも背面ガラス交換修理が可能ですので、お困りの方は是非ともお問い合わせください!

店舗一覧へ
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。