うまくiPhoneのライトがつかない!困ったときの対処法

iPhoneに標準搭載されているLEDライトは、懐中電灯として使えるとても便利な機能です。カメラのフラッシュライトとして使われるLEDが常時点灯して、暗い場所を照らしてくれます。 しかし突然ライトがつかなくなる不具合も、少なくありません。なぜライトがつかなくなるのか、原因を解説するとともに、対処法についても紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

便利なiPhoneのライトがつかない!

普段から、iPhoneのライトを利用している人も多いのではないでしょうか?iPhoneに標準搭載されているライトを、まだ使ったことがない人がいれば、使い方を覚えておきましょう。

懐中電灯代わりになるiPhoneのライト

ホームボタンがないiPhoneの場合を除き、ロック画面からでもiPhoneのライトを点灯させられます。

まずは、iPhoneのライトを使ったことがない人のために、ライトを点灯する方法を解説します。

ロック画面からライトを点灯する方法

iPhone X以降のホームボタンのないiPhoneなら、ロック画面から簡単にライトを点灯させることが可能です。

ロック画面左下の懐中電灯のマークを長押しすると、ライトが点灯します。このとき、弱い力でタップするとライトがつかないことがあるので、少し強めに押し込むようにしてください。

片手のみで、ワンタップで操作できるため、とっさのシーンでも大活躍します。

コントロールセンターからライトを点灯する方法

ロック画面からライトを点灯させるよりも、少し手間はかかりますが、こちらも点灯させる操作はいたってシンプルです。

コントロールセンターからなら、ホーム画面・ロック画面問わず操作できますし、ほかのアプリを利用中でも点灯させられます。

通常はアプリ利用中でもiPhoneの画面右上から画面下に向かってスワイプすると、コントロールセンターが表示しますが、表示されないときは「設定」からコントロールセンターを開いて、「App使用中のアクセス」をオンにしてください。

コントロールセンターから点灯する場合も、ロック画面と同様懐中電灯のマークをタップします。

このように、iPhoneのライトは、複雑な設定をしなくても誰でも簡単に使える便利機能です。夜間家に帰ったときに、暗くて家の鍵穴を照らすときや、カバンの中身を見たいときなど、さまざまなシーンで活躍します。

iPhoneのライトがつかない主な原因

iPhoneのライトがつかない原因には、さまざまなものがあります。まず考えられる原因のひとつは、バッテリーの電力不足です。

iPhoneのライトを点灯させるには、ある程度の電力が必要です。iPhoneの充電が残り数%しかないときは、少しでもiPhoneの起動時間を持たせるために、自動的にライトがつかないようになっています。

次に考えられるのは、ライトを点灯させるアプリに何かしらの不具合が出ていることです。アプリの不具合が予想される場合は、アプリの強制終了で直ることが多いですが、ライトのアプリを強制終了させるには、iPhoneの強制終了をしなければなりません。

また、iPhoneのシステム上のトラブルも考えられます。長らくiPhoneをバージョンアップしていない場合は、iOSをアップデートしてみてください。

これらの原因のほかに考えられるのは、ライト自体の故障です。ライトが故障している場合は、当然ながらライトは点灯しません。

目次へ

iPhoneのライトがつかないときの対処法

iPhoneのライトがつかない原因には、さまざまなものがありましたが、次は具体的にライトがつかなくなったときの対処法について解説します。

しっかり充電する

バッテリーが少なくなっている場合は、しっかりiPhoneを充電させましょう。出先でiPhoneを使う機会が多い人は、モバイルバッテリーを携帯しておくといつでも充電できて便利です。

iPhoneの充電が完了したら、ライトが正常に点灯するか確認してください。

本体を強制終了させる

ライトを点灯させるアプリの不具合が予想される場合は、iPhone本体を強制終了させて、アプリも強制終了しましょう。

iPhone8までの機種の強制終了方法

1 電源ボタンを長押し
2 iPhoneの画面にスライドが出てきたら右方向へスライド

iPhoneX以降の機種の強制終了方法

1 音量ボタンのどちらかひとつ(ボリュームアップボタンでもボリュームダウンボタンでもどちらでも可)と電源ボタンを同時に長押し
2 iPhoneの画面にスライドが出てきたら右方向へスライド

この方法でiPhoneを強制終了させられます。電源をオンにするときは、どの機種も電源ボタンを長押しして起動しましょう。

iOSをバージョンアップする

iPhoneのシステムに問題が起きている可能性が考えられる場合や、長らくiPhoneのバージョンアップをしていないときは、iOSをバージョンアップしましょう。

1 iPhoneの「設定」から「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップ
2 「ダウンロードとインストール」でアップデートがスタートします

長らくバージョンアップしていない場合は、アップデートに時間が長くなる可能性もあるので、時間に余裕があるときに実行しましょう。

目次へ

対処法を試してもダメなら故障かも?その場合は修理店に出そう

ここまでに紹介した対処法を試しても症状が改善しなかった場合は、iPhoneの故障が考えられます。

iPhoneを使用する上で不便を感じないためにも、できるだけ早い段階でiPhoneの修理を依頼しましょう。

故障なら修理が必要

iPhoneの故障でライトが点灯しない場合は、専門業者に修理をしてもらわなければなりません。

iPhoneのどの部分が故障しているのか、詳しく診断してもらい、故障している部品を交換しなければ不具合は直らないのです。

ライトそのものが故障している場合でも、修理技術の高い専門業者に依頼して修理してもらいましょう。

DIYで修理する方法を紹介しているサイトもありますが、市販されている部品は品質が低いものが多く、無事に交換できたとしてもまた不具合が出る可能性も否定できません。

また、iPhone内部は複雑な作りになっているので、iPhoneの構造を熟知していないと別の場所を故障させてしまう原因にもなるのです。

iPhoneの修理は、Apple正規店のほかにも街のスマホ修理業者に依頼する方法があります。Apple正規店は、予約が必要であったり、修理依頼してからiPhoneが手元に戻ってくるまでに時間がかかったりするので、すぐに修理して欲しいときは、信頼できる街のスマホ修理業者に依頼するのがおすすめです。

街のスマホ修理業者は、Apple正規店ではありませんが、修理実績が豊富な街のスマホ修理業者に依頼すれば、正規店と同等の修理サービスが受けられます。

さらに、即日修理対応している店舗も多いので、iPhoneがなく不便な期間を過ごさなくて済むのです。

スマホスピタルなら安心

すぐにiPhoneを修理して欲しいから街のスマホ修理業者に修理を依頼したいと思っても、どこの業者に依頼すれば安心なのだろうと悩んでいる人は、スマホスピタルにお任せください。

スマホスピタルは、総務省登録修理業者なので品質の高い部品を使って、正しい方法で修理することをお約束します。

スマホスピタルグループは、全国に80店舗の大型展開をしており、修理実績も100万台以上を誇ります。

専門知識豊富なスタッフが、丁寧に対応しますので、iPhoneに関する不安や不具合は、なんなりとご相談ください。

高い技術で、どんなiPhoneの不具合にも対応しますので他店で断られたというiPhoneでも、一度ご相談いただきたいです。

iPhoneのライトがつかない不具合にも迅速に対応し、最短即日交換もできます。忙しく、すぐにiPhoneが必要な人も店頭までお持ちください。

また、基本的には故障している部品のみを交換して修理するので、バックアップを取らなくても修理できる可能性があります。

アプリ割引も実施していますので、お得にiPhoneを修理してください。

目次へ

まとめ

iPhoneのライトがつかなくなると、頻繁には使わなくとも不便が生じます。ライトが点灯しなくなる原因はさまざまですが、修理が必要な場合は速やかに修理実績が豊富な業者へ依頼しましょう。

目次へ