乗り換え前にチェック!iPhoneからAndroidに移行する方法

iPhoneからAndroidに機種変更するとき、壁になるのはデータの移行方法です。iOSとAndroidは、まったく異なるOSであるため、iPhone同士と同じ方法では移行はできません。 ここでは、iPhoneユーザーがAndroidに乗り換えるときの移行方法をまとめました。注意点も記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneからAndroidに移行できるデータ・できないデータ

iPhoneからAndroidに機種変更する際に、移行できるデータとできないデータが存在します。まずは、それぞれに当てはまるデータの種類を確認しておきましょう。

移行できるデータ

後で紹介する移行方法を使って、iPhoneからAndroidへ移行ができるデータは、以下のとおりです。

・連絡先データ
・カレンダーのデータ
・写真や動画データ
・音楽データ
・メール
・メモ

注意しなければならないのは、メールのデータ移行です。移行できるのはGmailのようなフリーメールのみで、メールアドレスのドメイン部分が「docomo.ne.jp」や「ezweb.ne.jp」となっているキャリアメールは移行できません。

移行できないデータ

iPhoneからAndroidへ移行できないデータや、移行する場合は個別に対応しなければならないデータも存在します。

ひとつは、Apple独自のアプリです。iPhoneの中には、Apple PayやApple bookなど、iPhoneでしか利用できないアプリがあります。これらのアプリは、Androidとの互換性がないため移行して使うことはできません。

そのため、Apple Payに残高が残っている場合は、自分の登録している銀行口座に払い戻しの手続きをしておきましょう。

そして、SMSやMMSなどのメッセージサービスやキャリアメールの履歴も移行できないデータです。

ただし、キャリアメールのみクラウドネットワーク上にバックアップを取れば、パソコンから操作して、過去のメールを保存しておくことができます。

目次へ

iPhoneからAndroidにデータを移行する方法

ここからは、具体的にiPhoneからAndroidにデータを移行する方法について紹介します。データを移行する際には、Googleドライブを使用するため、アカウントがない方はあらかじめ作成しておきましょう。

Googleアカウントは、無料で誰でも作成できます。iPhoneからアカウントを作成する場合は、「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」の順にタップしていき、「Google」を選択しましょう。

「アカウントを作成」をタップし、名前や生年月日など必要事項を入力すれば簡単に作成完了です。

連絡先・カレンダー・写真・ビデオを移行する方法

1.iPhoneに「Googleドライブ」のアプリをインストールしましょう。ほかのアプリと同じように、AppStoreからインストールできます。

2.Googleドライブのアプリを起動し、自身のGoogleアカウントでログインしてください。

3.Googleドライブ画面の左上にある三本線をタップして、「設定」→「バックアップ」の順にタップします。

4.画面右下に表示されている「バックアップを開始」のボタンをタップすると、バックアップが始まります。

バックアップに必要な時間はデータの量によっても左右しますが、おおむね数分程度で完了します。

写真と動画はGoogleフォトに、連絡先はGoogleコンタクト、カレンダーはGoogleカレンダーにバックアップされているので、すべて問題なく反映されているか確認しましょう。

文書・音楽を移行する方法

iPhone本体やiCloudに保存している文書や音楽のデータは、先ほど紹介した連絡先やカレンダー、写真と動画のように一括バックアップはできません。Googleドライブへ手動でバックアップする必要があります。

まずは、文書や音楽がiPhoneの「ファイル」に保存されている場合は、以下の方法でデータを移行できます。

1.iPhoneで「ファイル」アプリを開きましょう。

2.移行したいデータが入ったフォルダを選択し、画面右上に表示されている「…」→「選択」の順にタップし、すべてのファイルをチェックしてください。

3.画面下部にある共有ボタンをタップして、「Googleドライブ」を選択し、「アップロード」をタップすればバックアップがスタートします。

また、Apple MusicのアプリはAndroid版がリリースされているので、Android端末でアプリをインストールし、Apple IDでログインすれば音楽データを再取得できます。

メモを移行する方法

iPhoneの標準アプリで、便利に利用している方も多いメモは「Google Keep」へ移行できます。

1.AppStoreからiPhoneに「Google Keep」をインストールします。

2.iPhoneのメモを起動し、画面右上に表示されている共有ボタンをタップしましょう。共有先が表示されたら、「Google Keep」を選択します。

3.これでメモデータがGoogle Keep内に保存されたので、Android端末からGoogle Keepを起動すれば、iPhoneにあったメモを取得できます。

目次へ

iPhoneからAndroidに乗り換える際の注意点

iPhoneからAndroidに乗り換えるとき、データの移行は必須です。大切なデータをうっかり失くしてしまわないように、いくつかの注意点を紹介します。

LINEのトーク履歴の引き継ぎはできない

LINEのアカウント自体は、iPhoneからAndroidでも問題なく移行できますが、トーク履歴やコインの残高の引き継ぎはできません。

ただし、トーク履歴はテキスト形式のファイルとして残すことができます。アプリ上からデータは消えてしまいますが、トーク履歴を残しておきたいという方は以下の方法を試してみましょう。

1.残しておきたいトークルームを開きます。

2.トークルームの右上にある三本線をタップしましょう。

3.下の歯車マーク「その他」をタップし、「トーク履歴を送信」をタップします。

これで、共有先がいくつか表示されるので、メールあるいはクラウドネットワーク上に保存が可能です。

iPhoneとAndroidは操作が異なる

iPhoneとAndroidはOSが異なるため、操作方法が異なります。

Androidはカスタマイズ性が高く自由な設定ができますが、直感的に操作できるiPhoneに慣れていると、操作が難しく感じる方もいるでしょう。

スマホの操作に不安がある方や、周りにAndroidユーザーがいない方は、iPhoneからAndroidへの機種変更をもう一度よく検討してみるようにしましょう。

また、iPhoneとAndroid共通でリリースしているアプリもありますが、iPhoneのみでリリースされているものもあるため、自分が普段利用しているアプリがAndroidでもリリースされているか確認しておくことをおすすめします。

セキュリティリスクに注意

Androidは、iPhoneよりもリリースされているアプリが豊富です。しかし、これはiPhoneに比べてアプリ登録の審査が緩いため、多くのアプリが登録されているという背景があります。

審査が緩く、誰でもアプリを登録できるとなると、必然的に不正アクセスやウイルスのリスクも高まります。

Androidを利用する際は、Google Playストアのみでアプリをインストールするようにし、さらにウイルス対策ソフトをインストールしておくなどして、セキュリティ対策を徹底的に行うようにしましょう。

設定に不安がある場合は代行サービスを利用する

iPhoneからAndroidにデータを移行する際に、「引き継ぎの仕方がわからない」「操作が複雑で難しい」と感じる場合は、スマホスピタルのスマホ設定サービスがおすすめです。

一括で移項できるデータは良いですが、アプリごとに個別でデータ引き継ぐとなれば、それぞれの引き継ぎ方や移行内容を理解してデータ移行を確実に行う必要があります。失敗すれば、大切なデータを失うことにもなりかねません。

データ移行に不安がある場合は、スマホ修理店の利用も検討しましょう。

スマホ修理店のスマホスピタルでは、データ移行やアプリの引継ぎができるスマホ設定サービスを行っています。スマホを熟知したスタッフがお客様に代わって、データの引っ越しや個別のアプリデータ移行を安全に実行します。

スマホスピタルでは、スマホ設定サービスのほかにも、さまざまなスマホの困りごとに対応しています。「他店では断られてしまった」という修理にも対応できる場合があるので、ぜひスマホスピタルへご相談ください。

目次へ

まとめ

使い慣れたiPhoneから操作の異なるAndroidへ機種変更する際のデータ移行は、移行ができないデータもあり複雑です。大切なデータを失わないためにも、代行サービスを利用して安全に移行を完了させましょう。

目次へ