iPhoneのWi-Fiが繋がりにくい!原因と改善方法

iPhoneを使っているときに突然Wi-Fiの接続が切れてしまったり、通信速度が遅くなったりして困ることはありませんか。Wi-Fiが使えなくなると、とても不便ですよね。 今回は、iPhoneでWi-Fiが繋がりにくいときに考えられる原因や、自分でできる改善方法について紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneのWi-Fiが繋がりにくい原因

Wi-Fiが繋がりにくい原因として考えられるのは、おもに「iPhone本体の問題」と「周辺機器の問題」のふたつです。ここではそのふたつの原因を詳しく解説していきます。

iPhone本体の問題

まずは、iPhone本体に原因がある場合です。

接続先の設定が間違っている

Wi-Fiの接続設定をするときに、もしかしたら接続先・Wi-Fiネットワークを間違っていたのかもしれません。念のため、接続先を確認してみましょう。その結果、きちんと設定ができている場合は、電波が届いていないということが考えられます。

いつも使っている場所から離れると通信が不安定になる、通信ができなくなるなどの症状はありませんか。Wi-Fiが使える範囲は決まっているので、Wi-Fiが使える範囲を確認してみましょう。

もしWi-Fiが使える範囲を広くしたいなら、Wi-Fi中継器などを購入して、Wi-Fiが届く範囲を広げると便利です。

弱Wi-Fiに接続している

駅や地下鉄など公共の場所には、無料で使えるWi-Fiが増えてきて、外出先でも利用しやすくなりました。しかし、そのようなWi-Fiスポットのなかには、通信が不安定で低速のものがあります。このようなWi-Fiを「弱Wi-Fi」といいます。

iPhoneが「弱Wi-Fi」をひろって、自動的に接続してしまっていることが考えられます。 いつも使っているWi-Fiに繋がっていない場合や、駅や地下鉄などの公共の場所で通信が不安定なときは、この可能性が高いでしょう。

これを解決するには、iPhoneがWi-Fiネットワークをひろっても自動的に接続しないように設定を変更しましょう。Wi-Fiネットワークごとに、自動接続をするかしないかを設定できます。

【自動接続の変更方法】
1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「Wi-Fi」をタップする
3. いま接続しているWi-Fiネットワークが表示される
4. 1番右側にある「i」マークをタップする
5. 「自動接続」をオフに変更する

iPhone本体に原因がある

iPhone本体に何らかの不具合がある、iPhone自体が故障している場合もあります。つぎに紹介する改善方法を試してみても症状がよくならない場合は、不具合の原因を知るためにも、修理店に相談したほうが良いでしょう。

周辺機器の問題

つぎに、周辺機器に原因がある場合です。

ルーター本体に不具合がある

Wi-Fiを使うためには、無線LAN ルーターが必要です。その無線LANルーター本体に不具合が起きていることがあります。

ルーターの設定が間違っている

ルーターを設置するときには、さまざまな設定が必要です。ルーターの種類によっては、DNSや検索ドメインなど、項目別に細かく入力しなければいけないものもあります。そのためルーターを設定するときに、入力した内容を間違えていて、うまく接続ができていないことが考えられます。

Apple純正品でないルーターの使用

Apple純正品でないルーターを使っている場合、そのルーターとiPhoneとの相性が合わず、接続しにくくなることがあります。

テレビやパソコン、そのほかのデバイスは問題なくWi-Fiが使えるのに、iPhoneだけがWi-Fiに繋がらない場合は、この可能性も考えてみてください。

プロバイダや回線のメンテナンス中

無線LANルーターに問題がなく、先ほどまではWi-Fiが繋がってインターネットも問題なく使えていたのに、突然Wi-Fiが使えなくなったのであれば、プロバイダや回線メンテナンス中かもしれません。

iPhoneがWi-Fiに繋がらなくなったうえに、テレビやパソコンなど、ほかのデバイスもWi-Fiに繋がらなくなった場合は、このような可能性もあるでしょう。

プロバイダや回線のメンテナンスについては、自分が契約しているプロバイダ・回線事業者のホームページにアクセスして、メンテナンス情報を確認してみてください。

Wi-Fiが繋がりにくい原因が、iPhoneにあるのか、周辺機器にあるのか、原因を切り分けることが大切です。 もう1度、iPhoneの設定や周辺機器を確認してみましょう。

目次へ

自分でできるWi-Fiの改善方法

iPhoneのWi-Fiが繋がりやすくするために、自分でできる改善方法を見ていきましょう。

iPhone本体へのアプローチ

まずは、iPhone本体を操作して症状を改善できるか試してみます。

端末の再起動

iPhoneを再起動させて、様子をみてみましょう。

Wi-FiをOFFからONにしてみる

Wi-Fiの機能をONにしたり、OFFにしたりしてみます。Wi-Fi機能のON/OFFを繰り返してみるとで、症状が回復することがあります。

機内モードをOFFからONにしてみる

機内モードをONにしていると、Wi-Fiやデータ通信、Bluetooth機能が利用できません。もし、機内モードがONになっているなら、OFFに変更すればWi-Fiが使えるようになります。

機内モードがOFFになっていてWi-Fiに繋がらない場合は、機内モードをONにしたりOFFにしたりを繰り返して、様子をみてみましょう。

Wi-Fiネットワークを繋ぎなおしてみる

いま繋いでいるWi-Fiネットワークを削除して、もう1度設定しなおしてみましょう。Wi-Fiのパスワードを用意してください。

【Wi-Fiネットワークの設定方法】
1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「Wi-Fi」をタップする
3. いま接続しているWi-Fiネットワークを選択する
4. 「このネットワーク設定を削除」をタップする
5. 「ネットワークに接続」をタップして、パスワードなどの必要な項目を入力する

ネットワーク接続をリセットする

全てのネットワーク設定をリセットしてみましょう。

※「Wi-Fiネットワークの再設定」や「ネットワーク接続のリセット」をすると、Wi-FiやBluetooth、VPN設定が初期化されます。
この方法を試すときは、前もって必要なIDやパスワードなどを準備しておくようにしてください。

【ネットワーク接続のリセット方法】
1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「一般」をタップする
3. 「リセット」を選択する
4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップする

周辺機器へのアプローチ

つぎに、周辺機器を操作して、症状を改善できるか試してみましょう。

ケーブルや接続状況の確認

無線LANルーターの電源が入っているか、ケーブルがきちんと繋がっているかを確認してください。

ルーターの再起動

ルーターの不具合で突然接続できなくなったり、速度が遅くなったりしてしまうことがあります。この場合は、ルーターの電源を抜いて、5分ほど放置してから電源を入れ直してみてください。

ファームウェアをアップデートする

ルーターのファームウェアによって、不具合が起こることがあります。使っているルーターのメーカーホームページやサポートページにアクセスして、アップデートがなかったか確認してみましょう。ホームページに掲載されている手順に従って、ファームウェアのアップデートを行ってください。

目次へ

それでも繋がらない場合は修理に出す

これまでの方法を試してみてもWi-Fiが繋がりにくく、症状が改善できない場合はどうすれば良いのでしょうか。

ハードウェアの問題ならプロの修理が安全

自分でできる範囲で、iPhoneの本体や周辺機器などを確認してみても問題が見つからない場合は、ハードウェアに問題があることが考えられます。そのような場合は、 プロによる修理が安全で、確実といえるでしょう。修理店でiPhone本体を直接みてもらって、状態を確認してもらうのがおすすめです。

修理に出す場所は、App Storeや Apple正規サービスプロバイダーの専門店、街の修理専門店などがあります。早く問題を解決したいときは、信頼できる街の修理専門店を利用するとスピーディーに対応してくれるので便利です。

スマホスピタルならWi-Fiのトラブルも即日解決!

スマホスピタルでは、iPhone の修理を行っています。

スマホスピタルは「総務省登録修理業者」として認定されており、修理の知識が豊富で、修理に使用する各パーツも質の高いものを使っているため安心です。

iPhoneの本体や周辺機器の状況などをうかがい、Wi-Fiが繋がりにくくなっている原因を特定するためのお手伝いもできるでしょう。もしも、iPhone本体に原因がある場合は、熟練のスタッフが丁寧に対応します。

目次へ

まとめ

今回紹介したポイントを確認して、症状が改善されるか試してみてください。

もしも、まだWi-Fiがスムーズに使えない場合はスマホスピタルへiPhone本体を持ち込み、スタッフにiPhoneの状態を伝えてください。

目次へ