iPhoneでBluetoothが繋がらない!簡単にできる対処方法を紹介

Bluetooth機器の種類が増え、iPhoneにキーボードやイヤホン、スピーカーなどを繋げて使用する機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。そんな便利なBluetooth機能が使えないと、とても困ってしまいますよね。Bluetoothがうまく繋がらないときに、ぜひチェックしてほしいポイントを紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneでBluetoothが繋がらないときに確認すること

Bluetoothに繋がらないときには、いまから紹介する3つのポイントについて、まず確認してみてください。

1:iPhoneのBluetoothがオンになっているか

iPhoneと接続したいもの(Bluetooth機器)を繋ぐためには、iPhone側のBluetoothをオンにして、Bluetoothの許可をしないと繋ぐことができません。
設定を確認して、Bluetooth設定がきちんとオンになっているか確認しましょう。

Bluetoothがオンになっているかを確認するには、

1. iPhoneの「設定」画面を開く
2. Bluetoothの項目を確認する
3. 「オフ」と表示されている場合は、Bluetooth画面を開いてオンにします
4. オンにすると、画面下に接続可能なデバイスが表示されます
5. 接続したいBluetooth機器を選択してペアリングしましょう

ペアリングするとき、おもに「ペアリングボタンを押して認証する場合」と「PINコードを入力して認証する場合」の2つがあります。

Bluetooth機器を認証するために4桁のPINコードを入力して行うときは、とくに注意が必要です。
ペアリングしたつもりでも接続が不安定で、Bluetooth機器がうまく繋がっていないことがあります。また4桁のPINコードの入力が間違っている可能性もあります。

ほかにもコントロールセンターを開いて、簡単に確認する方法もあります。

1. ホーム画面を開き、画面下の端から上に指をスライドさせます
2. コントロールセンターが表示されます
3. Bluetoothのマークを確認して、青い色に変わっていればオンの状態です
4. 色がついていなければオフの状態なので、画面をタップしてオンにしましょう
5. 画面上部に「Bluetooth接続は有効です」と表示されます

iPhoneのBluetoothがきちんとオンになっているのに繋がらないときは、スマホの電源を一度落としてみたり、Bluetoothを一旦オフにしてみたりしてみましょう。
オンオフを切り替えてみたら、うまく繋がることがあります。

2:ほかの端末とペアリングしているか

Bluetoothを使っての接続はとても便利なので、パソコンやタブレットなど、複数のデバイスとペアリング状態になっている場合があります。

基本的にBluetoothの接続は「1対1」なので、ほかのデバイスと繋がってしまっていると接続できません。
ペアリングしている可能性があるデバイスを確認してみましょう。

もしもほかのデバイスがペアリング状態になっていたら、

• Bluetoothをオフにする
• ペアリングを解除する
• そのデバイスの電源を落とす

などの方法でペアリングを一旦解除します。
ペアリングを解除してから、iPhoneとBluetooth機器を再度ペアリングしましょう。

3:Bluetooth機器とiPhoneを近づける

Bluetooth通信が可能な距離や範囲には限りがあります。Bluetooth機器を検出・認識したいときには、その範囲内でするようにしましょう。

iPhoneとBluetooth機器のあいだに距離があると、Bluetooth機器を検出しにくくなります。またBluetoothの通信自体もうまくいかなくなります。
ペアリングがうまくいかないときは、iPhoneとBluetooth機器の距離を近づけて、通信しやすくしてみましょう。

目次へ

iPhoneでBluetoothを繋げるためには

上記の方法3つを試してもBluetoothに繋がらない場合は、こちらの方法を試してみてください。

1:Bluetoothのペアリングを解除しiPhoneを再起動する

iPhone側の一時的な不具合が考えられます。iPhoneを再起動して再度Bluetooth機器のペアリングをすると、うまく繋がることがあります。
ペアリングを一旦解除してから、iPhoneを再起動してみましょう。

【ペアリングの解除方法】

1. iPhoneの「設定」画面を開く
2. Bluetoothの項目を開いて「自分のデバイス」を確認する
3. ペアリングを解除したいデバイスを確認して、右端にある「i」をタップ
4. デバイスの詳細が表示されたら「このデバイスの登録を解除」をタップして、解除を完了する

【iPhoneの再起動方法】

• iPhone6Sまで
「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しします
• iPhone7
「電源ボタン」と「音量ボタンの下げる」を同時に長押しします
• iPhone8、X以降
1. 「音量ボタンの上げる」を押す
2. 「音量ボタンの下げる」を押す
3. 電源が落ちるまで「電源ボタン」を長押しします

上記の方法でペアリングしなおしても繋がらない場合は、Bluetooth機器がバッテリー切れしていないかを確認してみましょう。Bluetooth機器を放置していて、知らないうちに電池切れやバッテリー切れになっていることがあります。

また新しくBluetooth機器を購入したときは十分に充電されていないことが多く、試しに使っているうちにバッテリーが切れてしまうこともあります。突然繋がらなくなった場合などは、バッテリー切れの可能性が高いです。
Bluetooth機器を新しくしたときは十分に充電を行ってから使いましょう。

ほかにも、スマホ自体の充電切れも考えられます。
スマホの充電が少なくなってくると、省電力モードになりBluetoothが自動的にオフになってしまうことがあります。

2:iPhoneを最新のiOSにする

最新のiOSになっていないのが原因で、Bluetoothにうまく繋がらないことがあります。
iPhoneのiOSバージョンを確認してみましょう。

1. iPhoneの「設定」画面を開く
2. 「一般」をタップして「ソフトウェア・アップデート」の項目を確認する
3. 「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されていれば問題ありません

もし新しいアップデートの通知があれば、アップデートを実行して、新しいiOSバージョンに更新しましょう。

目次へ

それでもBluetoothが繋がらない!

これまでに紹介した方法を試してもBluetoothが繋がらない場合は、どのような理由が考えられるでしょうか。

iPhone本体の不具合の可能性も

上記の対処方法を試してみてもBluetoothが繋がらない場合は、iPhone本体の不具合や故障が考えられます。
Apple Storeや各キャリアの販売店に行って相談してみましょう。

また修理専門店にみてもらって、iPhoneの状態を確認してもらうのも一つの方法です。不具合や故障が見つかったときは、そのまま修理に回すことができます。

iPhoneの不具合があればスマホスピタルへ!

スマホスピタルなら予約なしで即日対応が可能です。iPhoneの急な不具合や故障のときも安心!
また仕事でなかなか店に行けないときや、近くに修理専門店がない場合には郵送での修理にも対応できます。

総額7,000円以上の場合、送料が無料に。「アプリ割」を使えば、最大2,000円の割引も受けられます。

スマホスピタルは国の厳しい審査をクリアし、総務省に登録された「登録修理業者」です。
お客様に安心して修理を受けていただくために、修理技術や方法、修理に使用するパーツ・部品まで、総務省にて登録を行っています。

iPhoneのことで困ったときは、ぜひ「スマホスピタル」にご相談ください。

目次へ

まとめ

Bluetoothを使ってデバイスを接続すれば、簡単に繋ぐことができます。コードが邪魔になることもなく、とても便利です。
しかしBluetooth機能が使えないとなると、ストレスにもなってしまいます。

Bluetoothがうまく繋がらないときは、紹介した対処方法を試してみてください。
紹介した対処方法を試してもBluetoothが使えない場合は、AppleStoreや各キャリアの販売店、修理専門店などで、iPhone本体の状態を確認してもらいましょう。

目次へ