iPhoneで自分の声が相手に聞こえない原因と対処法を紹介

iPhoneでの通話中に自分の声が相手に聞こえないトラブルは意外と多いものです。音声通話やFaceTimeを使っている場合だけでなく、LINEなどの通信アプリを使った通話中にも不具合が起こることがあります。今回はiPhoneでの通話中に自分の声が相手に聞こえない場合の原因や対処法について解説しましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneで自分の声が相手に聞こえない原因

iPhoneでの通話中に自分の声が相手に聞こえていない不具合には、以下のようなさまざまな原因が考えられます。まずは慌てず、自分のiPhoneを確認してみましょう。

電波

電波状況が悪いエリアで通話をしていると、自分の声が相手に伝わらないときがあります。電波のマークを確認し、0〜1本しか立っていなかったり、「圏外」の表示が出ていたりする場合は、電波状況が不安定になっている状態です。通話が途切れたり、自分の声が相手に聞こえなかったりします。場所を変えてもう一度通話を試してみましょう。

相手のiPhoneの音が著しく小さい

通話の相手が著しく小さい音の設定になっていれば、自分の声が相手に届かないでしょう。またはミュート設定にしているとまったく聞こえないため、こちらの声が相手に聞こえなくなってしまいます。相手に音の設定を確認してもらいましょう。

Bluetoothがオンになっている

Bluetoothがオンになり、ほかの機器と接続されていることも原因のひとつとして考えられます。そのため接続されている機器が優先され、iPhoneのマイクやスピーカーが機能しなくなくなっている可能性があります。いったんBluetoothの機能をオフにしてみましょう。

マイクを塞いでいる

電話をしているときに、iPhoneのマイク部分を塞いでしまってはいないでしょうか。画面の保護シートやスマホケースがマイクを塞ぎ、雑音が混ざり相手が音を聞き取りにくくなることは多くあります。また、通話中のiPhoneの持ち方が悪く、マイクを塞いでいる可能性もあります。

充電口の故障

ドックコネクタと呼ばれるiPhoneの充電口が故障していると、相手に声が伝わりづらいです。ドックコネクタはマイク部分と一体になっています。そのため、充電口が故障するとマイクにも影響を与えてしまい、通話中に相手にうまく声が聞こえなくなることが考えられます。

マイクの内部にゴミ・ほこりが挟まっている

マイクの内部に、ゴミやほこりが詰まっているか確認してみると良いでしょう。気づかないうちに汚れが溜まってしまうこともあります。新品の歯ブラシを使い、優しくマイクの内部を掃除するとうまく取り除けます。強くこすりすぎると故障の原因になるため、注意してください。

目次へ

自分の声が相手に聞こえないときの対処法

自分の声が相手に聞こえない場合、どのように対処すればよいのでしょうか。先述した内容に原因が見当たらない場合、以下のような方法を試してみましょう。

iPhoneの再起動

まずはiPhoneの再起動を試してみましょう。iPhoneにまつわるさまざまな不具合の多くは再起動で改善できます。また、通話の相手に原因があることも考えられるため、相手にも再起動を試してもらうと良いでしょう。

電源ボタンをオンオフすることでもiPhoneを再起動させられます。また、以下のような方法で再起動を行うこともできるため、覚えておくと便利です。iPhoneの機種によってやり方が少し異なるため、自分のiPhoneの種類を確認した上で試してみましょう。

・iPhone6より以前の機種
1.スリープボタンとホームボタンを同時に長押しする
2.Appleのロゴが表示されたら両方のボタンを放す

・iPhone7
1.音量を下げるボタンとスリープボタンを同時に長押しする
2.Appleのロゴが表示されたら両方のボタンを放す

・iPhone8以降の機種
1.音量を上げるボタンを押してすばやく放し、音量を下げるボタンを押してすばやく放して、サイドボタンを押したままにする
2.Appleのロゴが表示されたらボタンを放す

いずれの場合もAppleのロゴが表示されたら再起動は完了です。

ボイスメモで録音

iPhoneにもともと入っているボイスメモのアプリで録音し、マイクが機能しているか確認する方法もあります。不具合を改善できる対処法ではありませんが、確認したいときに試してみましょう。

ボイスメモアプリを起動し、赤い丸をタップすると録音が開始されます。もう一度タップして停止したら、録音メモを再生して声を拾っているか確認してみましょう。きちんと録音できていれば、マイクの機能には問題がありません。そのほかの原因を探ってみましょう。

ノイズキャンセリングのオン

iPhoneに備わっているノイズキャンセリング機能がオフになっていると、周囲の音を拾いやすくなり、相手に声がうまく伝わらなくなる可能性が考えられます。

以下の手順でノイズキャンセリングをオンにできます。
[設定]→[アクセシビリティ]→[オーディオ/ビジュアル]→[電話ノイズキャンセリング]をオン(緑色)にする

マイクが覆われていないか確認

もう一度マイクが何らかの原因で覆われていないか確認してみましょう。とくに多いのが保護フィルムでマイクを覆ってしまっているケースです。一度剥がしてみることをおすすめします。

また、手帳型ケースの場合は音がこもりやすく、相手が聞き取りにくいと感じることも多いようです。ケースを外して、通話を試してみましょう。

他にも通話中の手の位置によってマイクを覆ってしまうこともあります。イヤホンジャックの横にある底辺マイクや、カメラの横にある背面マイクを塞いでしまうと相手に聞こえる音が小さくなったり、雑音が混ざったりするため、注意しましょう。

目次へ

どうしても直らない場合は修理

ここまでに紹介した対処法で改善しない場合は内部故障などが原因と考えられ、修理が必要です。しかし、どこへ修理を依頼したら良いか分からない方も多いかもしれません。

修理業者には正規店と非正規店の2タイプあり、それぞれに特徴があります。メリットだけでなくデメリットもあるため、あらかじめ確認した上で修理を依頼することをおすすめします。

正規店で修理

iPhoneの正規修理業者にはApple Storeや、「Apple正規サービスプロバイダ」と呼ばれる公認の修理店があります。ビックカメラやカメラのキタムラが正規サービスプロバイダにあたり、近隣にApple Storeがない方も正規修理業者への相談が可能です。また、iPhoneを購入した携帯電話キャリアで修理を行っている場合もあります。

このような正規修理業者に依頼するメリットは、安心感を得られることです。交換パーツは純正が使われたり、腕の良い技術者が対応したりなど、安心して修理を任せることができます。

一方で修理費用が高額になりやすいというデメリットが挙げられます。保証に加入している場合安くなることもありますが、すべての不具合に保証が適用されるとは限らず、思わぬ金額を提示されることもあるため注意が必要です。

非正規店で修理

iPhoneを修理できるのは正規店だけではなく、非正規店に依頼するという手段もあります。「非正規」と聞くと少し不安になるかもしれませんが、いわゆる町の修理屋さんであり、安心して依頼できる業者も数多くあります。故障時に対応してくれる保証に入っていない、リーズナブルに修理をすませたい、スピーディーに直したいなどの希望がある場合には、非正規業者がおすすめです。

とはいえ、中には悪質な業者も存在するため注意しなければなりません。非正規修理業者の中でも高いサービスや技術を提供できるのが「スマホスピタル」です。安心の総務省登録修理業者であり、修理実績は100万台以上を誇ります。

最短で即日対応も可能で、スピーディーに修理してくれる点も助かります。iPhoneだけでなくAndroidなどのあらゆるスマホトラブルに対応でき、困ったらいつでも相談が可能です。

iPhoneの通話中に自分の声が相手に聞こえない不具合はぜひスマホスピタルへご相談ください。

目次へ

まとめ

iPhoneでの通話中に自分の声が相手に聞こえないのは、さまざまな原因が考えられます。iPhoneの再起動などを試しても改善しない場合、修理が必要かもしれません。

iPhoneの修理をすぐにでもしたい方は、お気軽にスマホスピタルへ相談ください。

目次へ