iPhoneの白ロム修理は専門の修理店へ!赤ロムとの違いも紹介

中古でiPhoneの白ロムを購入して使っている場合、不具合が起きたとき修理してもらえるのか不安に思っている人は少なくありません。そもそも、白ロムってどういう端末のこと?赤ロムっていうのもあるみたいだけど?とご自身が使用しているiPhoneがどの種類の端末に当てはまるのか知らない人も大勢います。 ここでは、白ロムと赤ロムの違いや、白ロムを購入して使用した場合の修理方法についてご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

まずは白ロムと赤ロムの違いを知ろう

白ロムや赤ロム、言葉自体は聞いたことがあっても具体的に知らない人も多いです。iPhoneの購入費用を安く抑えるため、中古品を購入する人も多いようですが、まずは、ご自身が使用しているiPhoneが本当に白ロムなのかを確認していきましょう。

白ロムとは

白ロムは、SIMカードが入っていない状態のiPhoneのことで、SIMカードさえ挿せば新品で買ったiPhoneと同じように普通に使える端末のことを指します。

別の言葉に言い換えれば「解約済みのiPhone」のことで、前の持ち主が契約を解約し、SIMカードを抜いた状態で売ったiPhoneです。

中古iPhoneとして売られている端末のほとんどが、この白ロムということになります。白ロムを購入した人は、自分が契約しているSIMカードを挿せば、自分のiPhoneとして使えるという仕組みです。

格安SIMなどを使ってサブ機にしたり、普段使っているiPhoneを修理に出す場合などには、代替え機として使用したりすることもできます。

赤ロムとは

赤ロムは、前の所有者がiPhoneの端末代金を払い終わらないまま手放したiPhoneのことです。2年契約で分割にしてiPhoneを購入している場合、解約時にすべて払い終わっていれば白ロムになるのですが、解約時に継続して分割払いを選択すると赤ロムになります。

そのまま、前の所有者が滞りなく端末代を支払い続けて完済してくれればいいのですが、途中で支払いが途絶えた場合、赤ロムは使えなくなってしまいます。

実は、赤ロムの中古スマホを購入して、途中でロックが掛かって使えなくなってしまったという事例はとても多いのです。中古iPhoneを販売しているお店の中には、赤ロム保証をしてくれるお店もあるので、中古iPhoneを購入する場合は確認しておきましょう。

目次へ

各キャリアiPhoneの白ロムの修理対応

白ロムを使う上で気になるのは、やはり故障したときの修理対応ではないでしょうか。各キャリア別に白ロムの修理対応の可否をまとめました。

各キャリアの対応は、今後変わる可能性もありますので、修理依頼する場合は一度キャリアに問い合わせて詳しく聞いておくことをおすすめします。

docomo

docomoでは、白ロム端末を修理することは可能です。端末契約を行った人以外の対応も可能となっています。

修理費用は、docomo回線を契約すると、自動的にドコモプレミアムに入会することになるので、ドコモプレミアムのサービスを使うことで最大5,250円という価格で修理することができます。

もし、ご自身がdocomo回線を持っていない場合は、ドコモ回線を契約している家族などに修理依頼してもらうと修理代金を最大5,250円に抑えることが可能です。

au

auでも白ロム端末の修理は可能ですが、あくまでもauは、メーカーとの仲介を行ってくれる立場として認識しておきましょう。なぜなら、修理代金は全額負担になるからです。

修理の際は、データが削除される可能性もありますので、しっかりバックアップをとってから修理依頼するようにしてください。
また、店舗によって異なりますが、auのSIMを契約していない場合は修理を断られる可能性もあります。事前に最寄りのauショップに確認しておくと安心です。

SoftBank

SoftBankでは、SoftBankのSIMカードを契約している場合は、白ロム端末の修理に関するサポートが可能となっています。SoftBank回線ではなく、格安SIMなどを契約している場合は、修理を受け付けてもらえませんので注意してください。

また、保証期間をすぎると白ロム端末の修理対応は行なっていない場合がほとんどなので、事前に保証期間の確認をし、保証が切れている場合はどうなるのかを、最寄りの店舗に問い合わせておきましょう。

目次へ

白ロムは保証期間が切れている可能性がある

キャリアによっては、iPhoneの保証期間が切れていると対応してもらえないところもあります。そんな場合はどうすればいいのか、白ロムiPhoneの保証期間と保証期間が過ぎていても修理できる方法をご紹介します。

AppleCare+ for iPhoneの保証期間は2年間

iPhoneには、Apple独自の保証「AppleCare+ for iPhone」という保証があるのですが、この保証はiPhoneを新規購入してから30日以内でないと加入することができません。

前のiPhoneオーナーが加入してくれていればいいのですが、この保証は2年間という期限が設けられているので、中古品である白ロムの場合、保証期間が切れてしまっている可能性が高いです。

Apple Storeに修理を依頼すると保証なしの場合、修理費用が高額になる場合があるので注意してください。また、機種によっては部品の生産が終了していて修理できないということもあります。

iPhoneの保証状況とサービス期間は、Apple公式ホームページからシリアル番号を入力するだけで簡単に調べることができるので、白ロムを手に入れたら、一度調べてみると良いでしょう。

保証がなくても修理できるスマホスピタルへご相談ください

iPhoneの白ロムに保証がなかった場合や、保証期限が切れていた場合、Apple Storeでの修理は高額になる可能性が高いですが、そんなときはスマホスピタルにお任せください。

スマホスピタルでは、故障している箇所のみを部品交換するのでApple Storeでの修理より安く修理できる可能性が高いです。さらに、データはそのままでOK。面倒なアプリの引き継ぎをしなくても、データを消すことなく修理することができます。

仕事関係の重要なメールや思い出の写真、ゲームのデータやLINEのデータもそのままでお返しできるので、安心してご依頼ください。バックアップも取る必要がないので、出先で突然iPhoneが不調になっても、そのまま持ち込んで修理できます。予約しなくてもそのまま持ち込み修理可能ですので、お気軽に最寄りの店舗へお越しください。

スマホスピタルで修理すると、最大3ヶ月の保証をお付けします。万が一修理後に不調になった場合も、無償で部品交換ができる保証です。また、スマホスピタルのアプリをダウンロードしてもらうとアプリ割が利用できます。実質2,000円割引が可能ですので、ぜひご利用ください。

また、スマホスピタルは、総務省登録修理業者です。すべての人に安心と安全をお約束します。これまでの修理件数も80万件以上の実績がありますので、熟練した知識豊富なスタッフがお客様の大切なiPhoneを修理いたします。最短15分のスピード修理が可能なので、忙しいときでもスピーディーにお渡しすることが可能です。

スマホスピタルは、全国に80店舗ございますが、お近くにスマホスピタルがないという場合は、郵送修理も承っております。郵送修理では、iPhone到着後当日修理をして返送しますので、3〜4日で修理済みのiPhoneをお返しすることができますが、その間iPhoneが手元からなくなります。しかし、スマホスピタルではiPhoneのレンタルもできますので、iPhoneが使えなくて不便な日がありません。仕事で使用する人や、頻繁にiPhoneを使う人も安心してご利用ください。

修理料金は、交換部品や修理内容、店舗によって異なります。お見積りは無料でできますので、まずはお気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

iPhoneの端末代が高いこともあり、白ロムを利用する人、検討する人が増えています。白ロムは、中古販売されていることが多いので、快適に使うためにバッテリー交換が必要な場合が多いです。

古い機種では劣化している部品もある可能性が高いので、白ロムを手に入れて不具合が現れたり、バッテリーの消耗が激しかったりする場合は、一度スマホスピタルにご相談ください。

目次へ