iPhoneから変な音が!発生場所と対処方法を紹介!

iPhoneを使用中、突然変な音が聞こえたことはありませんか?例えば「ジージー」といったノイズ音やカチカチといった何かがぶつかっているような音など。こういった音が、実は重大な損傷をしていたり、音によっては放置しておくとスマホの異常へとつながったりしてしまうケースもあります。 このようなiPhoneの変な音には「原因と対処法」があります。今回はiPhoneから出る変な音の原因と対処法を解説していきます。ぜひ、iPhoneで変な音が出て悩んでいる人はこちらの記事を参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

変な音はどこから発生しているのか確認しよう

どこから音が鳴っているかによって原因も対処法も異なってきますので、まずはお使いのiPhoneのどの部分から変な音がしているのかを確認してみましょう。

その上で「どんな音が鳴っているか」を確認してみてください。先程話したような「ジー」や「ザー」のようなノイズ音や「カチカチ」といった物が当たるような音、「パチパチ」のような変な音でしょうか?

もしなっている音が「ポーン」という澄んだ機械音であれば、それは通知音です。どうしてもこの音が気になるのであれば、iPhoneの設定でおやすみモードにしてしまうのがおすすめです。もちろん、必要に応じてオンオフの設定をすれば、また通知音が鳴るようになります。

iPhoneの音の原因を見つけるにあたって、イヤホンで特定することも可能です。

Bluetoothのイヤホンを使用して音に異常があれば、アプリやシステム内部に不具合がある可能性が高いと見られます。また、有線接続タイプのイヤホンを使用して音に異常があれば、イヤホンジャックの破損や汚損の可能性があります。

イヤホン接続時に特に異常がない場合は、スピーカー自体に問題があると思われるでしょう。

原因と状況によっては自分自身の力で簡単に治すことができるものもありますので、ぜひ実践してみて下さい。

目次へ

iPhoneの変な音を改善するには?

では、実際にiPhoneから鳴っている音を改善するために、どのような解決策があるのか詳しく説明していきます。

iPhoneを再起動する

データが蓄積されすぎてしまうと、正常に動作を行うことが難しくなります。そのため、通常の機能にも支障をきたしやすくなってしまいます。

再起動することによって、蓄積されたデータがクリアになり、一度再起動をすれば不具合が改善されることが多いです。

iOSを最新のものにアップデートする

使っているiOSが最新のものか確認することも重要です。

古いiOSのまま使っていると、アプリのバージョンに本体が対応できなくなり、正常にアプリが動かないこともあります。古いバージョンを使用している場合は、最新のアップデートをしてみてください

これだけでアプリが正常に動くようになり、変な音が解消される場合があります

それでも音が治らないときは、アプリを再インストールすることで改善することもあるため、試してみるといいでしょう。

また、iPhone自体を初期化することで対応できることもあるので、バックアップをあらかじめ用意したうえで実行してみてください。万が一、バックアップを用意していないと全てのデータが消失してしまう恐れがあるので注意してください。

スピーカーを掃除する

有線接続タイプのイヤホンを使っていて、音に問題があればイヤホンジャックの掃除をしてみましょう。

イヤホンジャック内にホコリやゴミが溜まっていると、イヤホンは正常であってもノイズが入ってしまうことがあります。

この場合は、イヤホンジャック内を毛先が柔らかく細いブラシで掃除するのがおすすめです。
※イヤホンジャックを傷つけないように慎重におこなってください。

また、イヤホン自体に問題がないかも確認してみてください。もしかすると、イヤホンに問題があって本体自体は壊れていない可能性もあります。

掃除しても不具合が治らない場合は、イヤホンジャック自体が破損している可能性が高いため、個人で対処することは難しくなります。そうした場合に関しては、下記の「自力で解決できない場合は」を参考にしてみてください。

長年使用していると本体の隙間やスピーカー部分に汚れが溜まりやすくなります。スピーカー部分にゴミや汚れが溜まっていると音質の変化やノイズの原因になるため、同じく毛先が柔らかく細いブラシで掃除しましょう。

スピーカーの上に保護フィルムなどがかかってしまっているのであれば、フィルムも音の異常の原因となる可能性があるため、正常な位置に直してあげてください。

また、スピーカーの異常は水漏れが原因の場合も考えられます。最近のスピーカーは防水、防滴加工されているものもありますが、長時間水分が含まれてしまうとシステムやスピーカーに影響が出てしまうこともあります。

もし思い当たることがあれば、電源を入れずに放置してしばらく乾燥させてみてください。

※水漏れが考えられる場合、電源を入れてしまうと、通電してさらにひどい状態(故障)などにもなりかねますのでご注意ください。

目次へ

自力で解決できない場合は

自力で解決できない場合は、本体内部の損傷やネジの緩みなど、素人ではどうにもできない異常である可能性が高いので、修理のプロに依頼してみてください。

Appleサポートに問い合わせる

保証期間内であればApple Storeで修理を依頼してみてください。Appleの直営店で修理に出せば、直接専門家の目で見て修理してもらえるので安心して任せることができます。

しかし、Appleの直営店は全国各地から修理依頼を受け付けているうえに、日本にはまだまだ数少ないのが現状です。そのため、修理予約をしても待たされることがほとんどです。

最悪、郵送での修理となってしまうため、早くても1~2週間後となることもあります。

また、保証期間を過ぎているものに関しては、かなり高い修理費がかかってしまいますので、ご注意ください。

修理店に修理依頼する

Apple Storeのような正規店の場合、予約が殺到してすぐに修理ができない状況に陥っていることがほとんどです。もしすぐにiPhoneを修理したいのであれば、非正規の修理店を利用してみるといいでしょう。

正規店と違い、修理店では修理にかかる時間が短く、待ち時間が少ないため、タイミングによっては、即日で対応してくれることもあります。正規店よりリーズナブルな価格で修理ができるのもメリットです。

もし非正規店の修理店をご利用するのであれば、ぜひスマホスピタルにご相談ください。

スマホの修理実績は約80万台以上を誇り、国の厳しい基準を通り抜けた修理業者のみに与えられる「総務省登録修理業者」の認定を受けています。また、予約なしで即日受け取り、即日引き渡しも可能なので、1~2週間もかけずに不具合をなくすことができます。

スマホスピタルは、全国で80店舗(2019年1月)の大型展開をしています。近くに店舗がなく、来店ができないお客様のためにも、郵送での修理も承っています。

お得に修理がしたいという方には、アプリ割で修理代金から最大2000円の割引ができるので、ぜひご利用してみてください。

目次へ

まとめ

今回はiPhoneから変な音がするときの原因と対処法をまとめてみました。ほとんどの場合が一時的なシステム上の問題や、イヤホンジャックやスピーカーの汚染や破損であることが多いため、突然変な音が聞こえてきたら、慌てずしっかりと対処しましょう。

また、普段からよく使っているiPhoneも時が経てば、やがて劣化していきます。自力で解決できない場合は、早めに修理に出すことをおすすめします。Apple Storeもしくは修理店に持っていき、iPhoneの状況を説明したうえで修理してもらってください。

ご紹介した通り、ほとんどの場合は自分自身で簡単に対処できるので、すぐに修理に持っていくのではなく、まずは自分でできる対処方法を試してみましょう。

目次へ