iPhoneの画面が割れた!修理はどこでするのがベスト?

おそらくiPhoneユーザーの多くが経験したことがあるだろう画面のヒビや割れ。修理にはお金も時間もかかりそうだし、この程度なら当分はこのまま使うか、と放置している方、実はちょっと危険です。今回はiPhoneの画面修理の気になる点についてしっかりと解説いたします。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneの画面が割れた!放置せずに直ぐに修理業者へ!

街でiPhoneを使っている人で、画面にヒビが入ったままの人をよく見かけませんか?中には画面いっぱいに亀裂が広がって文字すらも読めないのではと思ってしまうような状態で使っているツワモノもいます。しかし、画面にヒビが入った状態で使い続けることには思わぬリスクがあるのです。

画面の割れは、見た目が悪いというだけにとどまりません。外からは大したことがないように見えても、奥まで破損の影響が出て、勝手にアプリが起動したり、電話がかかってしまったりと様々な故障を引き起こす可能性があるのです。

また、画面はガラスでできているので、指先を怪我する危険があります。特にフリック入力は指を画面上で滑らせるので、亀裂に指が引っかかり流血などという恐ろしい事態にも。

小さいヒビであってもポケットに入れたときに服やバッグの布地に引っかかり、破れたり傷がつくこともありますし、それによってヒビがさらに大きくなることも考えられます。

また、スマホの大敵である水は小さなヒビからも侵入します。小さなヒビであってもすぐに修理に出すことをおすすめします。

目次へ

画面修理をするときに気になるあれこれ

修理に出すのはいいとしても、気になるのがお金と時間。そしてどの業者に出せばよいのかも迷うところですよね。

画面修理にかかる金額

iPhoneの画面を修理してもらえる場所としては、Apple store、正規修理店(携帯キャリアショップ、大型家電用品店などでAppleの認定を受けている業者)、非正規修理店があります。

まず、それぞれの金額面を比較してみましょう。

購入時に契約した保証内容によって大きく変わりますが、Apple storeと正規修理店ではほぼ同じ料金帯で、保証に加入していれば、3400円〜、加入していなければ1万数千円〜3万円台となります。キャリアショップは独自の補償制度を作っていますので、多少違いは出てきます。

非正規修理店の修理の金額は、一般的には数千円〜2万円前後が多いようです。ただ、iPhoneのモデルによっても金額には差があります。

画面修理にかかる時間

次に気になるのが修理にかかる時間ですよね。数時間スマホが手元にないだけでも困ってしまうのに、長期間戻ってこないとなるとかなりの痛手です。

正規修理店では事前予約が必要です。Apple storeにしても正規修理店にしても、すぐに予約が取れるとは限らず、また店舗はいつもかなりの混み具合なので、飛び込みで修理の依頼に訪れても、数時間待たされることも珍しくありません。修理にかかる時間ですが、即日修理してもらえる場合もありますが、状況によっては1週間程度かかることもあるようです。

一方、非正規修理点では、待ち時間が比較的短く、修理にかかる時間も数十分から1時間程度と短時間でできることが多いようです。

目次へ

あまり知られていない画面修理の話

iPhoneの画面修理について、おそらくほとんどの方が知らないけれど、知っておいた方が良い情報がありますのでお伝えいたします。

iPhoneの画面修理は法令違反になる?

電子機器に強い人の中には、割れてしまった画面を自分で修理できるだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに自分で付け替えることは不可能ではありませんが、それ相応のリスクがあります。

iPhoneに内蔵されているリチウムイオンバッテリーは空気に触れると発火しやすい性質があります。知識がない人が作業して謝って発火させてしまっては大変危険です。これ以外にも、故障していない部分をさわってしまい、予想外の不具合が出たり故障させてしまうことも十分考えられますので、おすすめはできません。

次に「電波法」という普段あまり耳にしない法令についてご説明しておきます。これは、電波を発する無線設備(スマートフォンもこれに当たる)は他人の通信の妨害にもつながるため、メーカーは「技術基準適合証明」のために機器にマークを印字しなければならないというものです。そして、メーカー以外の業者がこのマークの付いた機器を分解、改造するためには登録が必要なのです。つまり、登録のない個人がスマートフォンを分解、改造することは法令違反となってしまうのです。

正規は分かるけど、非正規ってどのような業者のこと?

次に正規修理店と非正規修理店の違いについて、詳しく解説いたします。

正規修理店とは、みなさんがご想像するとおり、Apple storeやキャリアショップ、大型家電店などでのApple公認の修理のことです。

非正規修理店とは、それ以外の修理店で、街で「iPhone修理します」といった看板を見かけることもあるでしょう。非正規修理店と聞くと、怪しいのでは?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんので、しっかりご説明しましょう。

先ほど「電波法」について、無線設備を分解、改造するためには登録が必要だとご説明しました。この登録とは、総務省管轄の「登録修理業者制度」というものです。本来、メーカー以外の業者が無線設備の分解や改造をしてはいけないが、この制度は、業者の行う修理手順や使用するパーツが電波の出力などに影響を与えないなど、基準に達していれば分解を行ってもよい、とするものです。

非正規修理店でも総務省登録修理業者であれば、法律的には全く問題はないのです。ただし、街で見かける非正規修理業者の中には、この登録をしていない業者もあるようなので、依頼する前にしっかりと確認しておくことも大切です。

非正規修理店に修理を出す際のデメリットを上げておくと、一度非正規修理店で修理すると、メーカー保証が受けられないという点です。

目次へ

修理に出すことは決めたけど、事前準備と修理店はどうする?

いざ修理に出すと決めたなら、早急にやっておくべきことがあります。しっかりと準備してから修理に出しましょう。

画面修理を出す前に必ずしておくことピックアップ

必ずやっておくべきことは、データのバックアップを取ることです。基本的に修理の際にはiPhoneは初期化されるので、データは消えてしまうと考えておくべきです。
「iPhoneを探す」をオフにしておくことも重要です。オンになったままだと、修理の際にロックがかかってしまい、作業ができなくなることがあるからです。
他には、ペアリングしているデバイスを解除する、SIMカードやケース、画面保護フィルムなどのアクセサリー類を取り外しておくことも大切です。

準備が出来たら、修理に出そう

大切なデータのバックアップを取り、その他の準備もしっかりできたら、修理に出しましょう。冒頭でご紹介したように、修理の依頼先の選択肢は複数ありますが、どこに依頼するのがよいか、しっかりと検討してみてください。

Apple Storeや正規修理店ならば修理に使うパーツは純正品のため、安心感は高いでしょう。ただし金額と時間はかかりそうです。非正規修理業者であれば、パーツやサービスの質にバラつきがあるかもしれませんが、コストが抑えられ、短時間で仕上げてくれます。
非正規修理店の中でも、総務省登録修理業者であれば品質には問題がなく、時間的にもスピーディなため、おすすめです。また、店舗数も多いため、便利な場所で空いた時間に修理を依頼できるというのも大きなメリットです。

スマホスピタルでは、iPhoneの画面の割れやヒビを迅速かつ丁寧に修理いたします。スマホスピタルでは、安心のため、バックアップを取っていただくことをおすすめしておりますが、破損部分のみの交換となり、基本的にはデータはいじらずそのままご返却。

総務省登録修理業者でもあり、スタッフへの研修も充実しているため、品質面にはきっとご満足いただけるはずです。また、全国に80店舗を展開し、お近くの店舗を探していただきやすいのも大きな強みです。

目次へ

まとめ

よく遭遇しがちなiPhoneの画面の割れやヒビ。正規修理店、非正規修理店、それぞれのメリットとデメリットはお分かりいただけたでしょうか。ご自身の契約内容などに照らし合せて、ベストな修理方法を選ぶのが一番です。急いでいるけれどしっかりした品質の修理をしてもらいたい、とお考えの方は、ぜひスマホスピタルにお問い合わせください。

目次へ