残像が残る?iPhoneの画面焼け・焼き付きの対策とは

iPhoneは常に画面を見て操作するので、画面上に不具合が出てしまうと、操作性の低下につながります。とくに、仕事でもプライベートでもフルにiPhoneを活用している人にとって、画面の不具合である画面焼けは大きな問題です。 iPhoneの画面焼けとはどのような症状なのか、画面焼けの症状が出たiPhoneはどうすればいいのかについて解説し、画面焼けを予防する方法まで徹底的にご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneの画面焼けとは

iPhoneの画面焼けとは、簡単に表現すると表示機能が著しく低下している状態を示します。具体的な症状として、画面がピンク色になって見えにくくなったり、残像が残って見えにくくなったりする状態です。「焼き付き」と呼ばれることもあります。

画面焼けの症状は、とくにiPhone X以降の機種に使われている、有機ELディスプレイに多く見られます。有機ELディスプレイは、応答速度が早く高画質で表示できることがメリットですが、RGB素子が直接発光して画面表示をする仕組みであるため、長時間発光して劣化が早い素子と、あまり発光する機会がなく、劣化していない素子とに差が出てしまうのです。

当然劣化が早い素子は、衰えて反応が鈍くなります。そのため、明るさに差が出てしまい、残像が出て表示機能が悪くなるのです。

長時間同じ画面を点灯させることで、画面焼けの症状が出やすいとされています。同じ画像や同じ表示が続くアプリを長時間使用することで、画面焼けの症状が出て、iPhoneの不具合だと気づく人が少なくありません。

目次へ

残像が残る iPhone画面焼けの確認方法

iPhoneの画面焼けは、同じ写真や画像などを長時間画面に表示し続けることで現れますが、一度画面焼けになると、画面を切り替えても残像が残り、前に表示していた画像がうっすらと写ります。

iPhoneの画面焼けを確認する手段は、iPhoneの画面全体を白1色で表示することです。Graphic ConverterやPhotoshopなどのアプリを使用して白画面を表示したり、インターネットで白い画像を検索して探し、保存した後に表示させたりする方法があります。

白い画像を表示させると、残像が残っていてiPhoneが画面焼けの状態になっているか簡単に確認することができます。

ConverterやPhotoshopなどのグラフィックアプリで白画面を用意する場合は、

①グラフィックアプリを開いて新しいグラフィックファイルを作成
②使用しているiPhoneの画面の解析度を高さと幅に指定
③JPEG形式で保存

この③ステップで白い画像を作成することが可能です。

目次へ

iPhoneの画面焼け・焼き付きの修理方法

iPhoneに画面焼けの症状が出た場合、修理でディスプレイを交換する以外に直す方法はありません。

実際に使用しているiPhoneに画面焼けの症状が出た場合、どのような方法で修理できるのかをご紹介します。修理方法は、大きく分けて2つです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

Apple正規店へ持ち込む

iPhoneのメーカーであるAppleの正規店へ持ち込んで修理してもらう方法です。iPhoneを購入してから1年以内で、なおかつ水濡れや故障がないiPhoneの画面焼けの場合は、保証対象となり無料で修理してもらえます。

iPhone購入時に加入できるApple Care+に加入している場合は、さらに保証期間が延長され、2年以内であれば無料で修理可能です。

しかしApple正規店は、日本国内で銀座・新宿・渋谷・丸の内・表参道・京都・心斎橋・名古屋栄・福岡の9店舗しかなく、そのうち5店舗は東京に集中しています。

近くにApple正規店がないという方が多いですし、修理してもらうにはAppleのウェブサイトから予約をしてから行かなくてはなりません。Apple正規店が少ないため、予約を取るのも難しく、なかなか希望日に行けないという場合も多いです。ウェブサイトからの予約も、慣れていない人にとってはなかなか敷居の高い予約方法であるといえます。

保証期間内で画面焼けのみの場合は無料修理ですが、他の部分の損傷が確認された場合は、数万円の修理費用が請求されることもあります。

iPhone修理専門店に持ち込む

iPhoneの修理専門店に修理を依頼する場合は、iPhone修理実績の豊富なスマホスピタルにお任せください。

スマホスピタルは、日本国内に80店舗の大型展開をしているiPhone修理専門店です。80万台以上の修理実績を誇る修理専門店ですので、安心してご依頼ください。

iPhoneをそのまま持ち込んでもらえれば当日修理が可能で、ディスプレイ交換のみなら約30分で修理が完了します。Apple正規店のように予約する必要はなく、当日飛び込み修理が可能です。

悪質なiPhone修理業者も存在する中、スマホスピタルは総務省登録修理業者なので電波法や電気通信事業法に沿った修理をおこなうことをお約束します。

スタッフの修理実績の豊富さはもちろん、研修を随時導入することでiPhoneへの知識が豊富で、顧客対応もスムーズです。どんな些細な疑問にも、素早く回答いたします。

iPhoneの中には大切なデータがたくさん保存してあるため、基本的には事前にバックアップを取って頂いてからの修理ですが、スマホスピタルは高い修理技術で故障部品のみの交換をおこなうため、バックアップを取っていなくてもデータを消すことなく修理が可能です。出先で突然画面焼けが起こってしまった場合でも、すぐに対応できます。

修理価格もお手軽価格が自慢です。他店で高額な修理費を見積もりされて修理を諦めているという方も、ぜひ一度スマホスピタルにご相談ください。修理料金の見積もりは明確に提示し、修理料金が変動してしまう場合には、事前にお客様に確認を取ってから修理することをお約束します。

万が一、近くにスマホスピタルがないという場合もご安心ください。スマホスピタルでは、全国からの郵送修理が可能です。修理に出している間のレンタルiPhoneもご用意できますので、iPhoneが使えなくて困るということも回避できます。

目次へ

iPhoneの画面焼け 予防方法

iPhoneの画面焼けは、ディスプレイ交換修理で直すことができますが、日頃のちょっとした注意で予防することが可能です。

基本的にiPhoneの画面焼けは、同じ画面を表示し続けることで起こる現象ですのでまずはこの点に注意しましょう。その上で、明るい画面を長時間表示し続けないことを心がけてください。とくにゲームを長時間遊ぶ、同じアプリを使用し続けるという方は要注意です。

バックライトの寿命を節約するために、iPhoneの輝度を下げることでも画面焼けが予防できます。輝度を下げる方法は、iPhoneの「設定」→「画面表示と明るさ」→「明るさ」で簡単に操作できます。輝度の加減が難しいという方は、画面の明るさの自動調整をオンに設定することで自動的に輝度を調節してくれるので画面焼け予防に効果的です。

また、自動ロックまでの時間を短めに設定することで、同じ画面を表示し続けることを減らせます。こちらの設定も、iPhoneの「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」で秒数を変えることが可能です。自動ロックまでの時間を短くすると、画面焼け予防になるというメリット以外にも、バッテリー持ちが良くなるというメリットもあります。

最後に、iOSのバージョンは常に最新版にアップデートすることを心がけましょう。iPhoneのメーカーであるAppleも、画面焼け対策として焼付き防止機能をOSレベルで組み込んでいます。

これらを普段から心掛けることで、画面焼けを最低限に抑えることができるのでぜひ実践してください。

目次へ

まとめ

iPhone X以降のiPhoneには有機ELディスプレイが搭載されており、画面の美しさとは裏腹に画面焼けという問題点が大きく出てしまうようになりました。

しかしiPhoneの画面焼けは、普段からのちょっとした心がけで予防することが可能です。万が一画面焼けが起きてしまった場合も、iPhone自体を機種変更するのではなく、修理で対応できます。

年々機種代金が高くなっているiPhoneですが、少しでも状態良く使うために、不具合を予防する方法や修理先を知っておくことで長くiPhoneを使用できます。

少しでもiPhoneがおかしいなと感じたら、ぜひスマホスピタルにご相談ください。

目次へ