放置すると危険!iPhoneの画面浮きはすぐに修理しよう

「画面が浮いてきた」「画面がズレている」そんな症状がでたら、危険信号です。「スマホが操作できるから良いか」「テープ固定しておこう」などと放っておいてしまうのは絶対にNG! このようにiPhoneの画面の浮きを放置しておくと、発火や破裂をしてしまう恐れがあります。 放置せずに必ず、修理に出すようにしましょう。この記事では、iPhoneの液晶が浮く原因、放置しておくとどのような症状や、トラブルがあるのかを解説します。また、自分できる対処法や、費用、即日修理してくれる場所についても紹介しています。 iPhoneの画面に浮きがでたら、ぜひ参考にしてくださいね。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneの液晶が浮く原因は?

ここでは、iPhoneの液晶が浮く原因と放置したらどうなってしまうのか説明します。

iPhoneの画面が浮く原因

iPhoneの画面トラブルに多い、画面が浮く症状。画面が浮いてきてしまうのは、どのような原因があるのでしょうか。以下のようなことが原因としてあげられます。

・落下などの衝撃による変形

日常にかかせなくなったスマホ。ついうっかり手を滑らせてiPhoneを落としてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

落下するときに、液晶に衝撃が加わり、外側のフレームが歪んできてしまうことがあります。「金属なのに歪むの?」と思うかもしれませんが、金属のフレームでも強い衝撃には耐えられないケースも少なくありません。

フレームが歪むと、本来フレーム内に収まっていた画面が浮いてきてしまいます。

・バッテリーの膨張

薄手のデザインのiPhone。本体には、バッテリーが内蔵されています。使用していくうちに、劣化がすすみバッテリーが膨張していきます。膨張したバッテリーに押し出されるように画面が浮いてしまう……というパターン。実はこのケースは結構多いです。

バッテリーの膨張を放っておくと、内部のケーブルが切断されてさまざまな障害がでてしまう恐れがあるため注意しましょう。

またバッテリーの膨張は、発火や破裂があり大変危険です。早めに修理に出すようにしましょう。

・画面修理を行ったら更に浮いた

一度修理業者に画面修理を依頼したのにも関わらず“さらに画面が浮いた”といった信じられないケースも少なくありません。

質の良くない修理業者では、粗悪な部品を使用し、修理を行っていることもあるようです。

画面が浮いてくるとどうなる?

iPhoneの画面が浮いてくると、どのようなトラブルが生じるのでしょうか。下記のような問題が発生します。

・故障の原因になる場合も

画面が浮いても使用できれば問題ない、と思いがちですが実は危険なのです。浮いた隙間からホコリが侵入して、故障の原因になってしまうことも。

軽度でも早めの修理がオススメです。

・タッチ操作ができない

液晶が浮き、パーツ同士をつなぐコードや部品などが断線したり、損傷したりした場合、iPhoneが動作しない可能性があります。画面が浮いてくるトラブルでよくあるのが、このタッチパネルが反応しないケースです。

・文鎮化(電源すらも入らなくなる)

iPhoneの電源も入らない=文鎮化してしまうのが最悪なパターン。バックアップもとれない、データも確認できないとなってしまうと、絶望しかありません。修理に手間がかかる文鎮化が起こってしまった場合、軽度な画面浮きと比較すると、修理が難しかったり時間がかかったりしてしまいます。

目次へ

iPhoneの画面が浮いてきた時の対処方法!

ここではiPhoneの画面が浮いてきた場合の対処方法を説明します。ただし、とりあえずの応急処置なので、画面が浮いてきたら修理や交換を行うようにしましょう。

iPhoneの画面が浮いてきたら・・・

iPhone画面が浮いてきてしまったら、iPhoneをしっかり覆うケースに変更しましょう。iPhoneをカチっと覆う厚めのケースを装着すれば、しっかりと本体を覆うことが可能です。隙間をふさぐことで、ホコリやゴミなどの異物の混入を防ぐ役割が期待できます。

本体内のケーブル切断してしまう可能性もある程度は低減できます。留め具でもOKです。ただし、あくまでも応急処置です。画面が浮いてきたら、早めに修理や交換を行いましょう。

接着剤の使用は絶対NG!

「接着剤をつけたら治りそう」「接着剤で固めたらこれ固定されそう」などと思う方もいるかもしれませんが、絶対にやめておきましょう。

iPhoneは精密機械なので、本体内にはさまざまなパーツがあります。万が一、接着剤が重要な基盤部分やバッテリーに入りこんだり、付着してしまったりしたら、故障の原因につながりかねません。修理する箇所が増えてしまう恐れもあります。よって、接着剤の使用は絶対にNGです。

もうひとつ、してはいけない応急処置は、テープで押さえつけるという方法。

テープで押さえる方法は、一部の修理業者サイトにも応急処置の方法として紹介されていますが、これもNGです。

バッテリーは膨張すると、破裂する可能性がありとても危険性です。しかしテープで浮いた画面を押さえつけると、ますますバッテリーに負荷をかけることになりかねません。負荷をかけることで、余計に破裂のリスクを増大させることも考えられるため、やめておきましょう。

「接着剤」「テープで押さえる」応急処置はNGです。

目次へ

iPhoneの画面浮きの修理費用は?

iPhoneの画面浮きの修理費用はどれくらいであるのか説明します。

画面浮きの修理費用

画面浮きの場合の修理費用は、iPhoneへの液晶の損傷具体や状態によって違ってくるでしょう。

AppleCare+に加入していれば、修理費用は3,400円で、比較的安価に修理をしてくれますが、機種によっては、高額になる可能性があります。Apple Care+に加入しておらず、Apple Storeで修理する場合では、安くても14,800円以上かかってしまいます。割と高額ですよね。

古い機種だと、交換・修理する部品がないため、費用がさらにかかる可能性があります。また、Apple Storeで修理する際は、事前予約が必要なので時間もかかりやすいでしょう。

即日修理可能な場所は?

Apple Storeだと修理するまでに時間がかかってしまいます。LINEや連絡がとれなくなったりすると、非常に困ってしまいますよね。“すぐにでも修理してほしい”ところ。「即日修理」を行ってくれる場所はあるのでしょうか。ここでは即日修理をしてくれる場所を紹介します。

結論からいうと、即日修理を行ってくれる場所は、スマホ修理店(非正規店)です。

駅前や繁華街などにあるiPhone修理店に持ち込めば、画面修理をしてくれます。店舗によって、料金は異なりますが、Apple Storeより安く早く修理してくれるでしょう。

また、これも店舗によりますがデータを消すことなく修理ができる店が多いため、自分でバックアップをとっておく必要もありません。「スマホスピタル」も非正規店のひとつで、即日修理を行っています。

スマホスピタルは即日修理可能で、とにかく急いで修理して欲しいという人の思いを叶えます!「非正規店」だからと、不安な人も安心してください。総務省登録修理業者なので、安全に修理を行えます。

目次へ

まとめ

画面の浮きは、落下・バッテリーの膨張などで起こってしまいます。画面の浮きを放置しておくと、発火や破裂の危険性があるため、早めの修理がおすすめです。

応急処置として接着剤で固定、またテープでの固定は絶対NGなので注意しましょう。

とにかく早く修理をしたい人はスマホスピタルに依頼してみませんか?即日修理、さらに総務省登録修理業者なので、安心&安全です!

【症状】

・充電回数が増える、充電時間が長い

・充電がすぐに減る

・勝手に電源が落ちる

 

iPhone7を長持ちさせるには、以下のことに留意しましょう。

【長持ちさせる方法】

・100%の充電をし続けない

・充電しながらの使用を避ける

・不要な通知はオフにする

即日修理、データ消去なしならスマホスピタルで修理がオススメです。

正規店は受付から修理までに時間がかかってしまうケースがあります。1日でも早く修理したい人は非正規店がおすすめです。

Apple Care+に加入していない場合、正規店では液晶交換修理にiPhone6s、7、8で17,800円~かかります。iPhone Xでは31,800円と高額です。

しかし、非正規店であるスマホスピタル(※梅田店)では、液晶交換修理はiPhone6s、iPhone6Plus5,080円、iPhone8 7,080円。iPhone Xはなんと23,600円で修理可能です。(※軽度の場合)

また非正規店は駅の近くにある場合が多いため、仕事帰り、学校帰りでも寄れます。スマホスピタルではiPhoneの即日修理可能、データもバックアップの必要がなく手間なく修理に出せます。総務省登録もされているので安心して修理ができますよ。

目次へ