iPhone修理を非正規店するメリット・デメリットと安心な店舗

液晶画面やボタンの交換、バッテリーやカメラの不具合など、iPhoneに不具合が出た場合、どこへ修理に出しているでしょうか。 修理代金が安く修理時間も短いiPhone修理の非正規店は、街中でよく見かけます。しかし、実際に利用したことはなく「非正規店での部品交換はなんとなく心配」と感じている人もいるかもしれません。 ここでは、iPhoneを非正規店で修理する際に知っておきたい、メリットやデメリットと安心な非正規店の見極め方についてご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

iPhoneを修理 非正規店でするメリット

料金が安い

非正規店での修理は、Appleの正規店で行う修理と比べて一般的に安くなるケースが多くなっています。「安いということは質が悪いのではないか」と心配になる人もいるかもしれません。

実は、正規店では不具合が生じて修理に出した際に、原因となったパーツだけではなく本体丸ごとを交換することが多いのです。

一方、非正規店では、問題が生じた原因を特定し、その部分の部品のみを交換するケースが多いです。そのため、非正規店では修理料金が低くなることが多くなります。

修理が早い

iPhoneの修理を正規店に出したことがある人の中には、故障してから直って自分の手に戻ってくるまで時間がかかって困った、という人もいるのではないでしょうか。

持ち込みで修理ができるApple Storeのジーニアスバーは、限られた地域にしかありませんし、なにより予約が取りにくいと評判です。ジーニアスバーに行けない場合は、宅配での修理となりますが、こちらは送ってから戻ってくるまでに数週間もかかることもあります。

その点、非正規店は全国に店舗が存在しているので、地方に住んでいても持ち込みで修理をしてもらえます。

また、正規店では問題となっている箇所だけではなく、iPhone全体のチェックをするために時間がかかります。非正規店では、不具合の問題箇所を特定して、その部分だけを修理するので、早く済みます。

データが消えない

正規店でiPhoneを修理に出すときは、あらかじめ初期化をしておかなければなりません。つまり、それまでiPhone本体に保存してあったデータがすべて消去されてしまいます。

もちろん、iTunesやクラウドにデータを保存して、修理後に本体に戻すことは可能です。しかし、アプリによってはデータが残せないものや「バックアップ時に失敗して大事なデータがすべて消えてしまった」と言う経験のある人もいるのではないでしょうか。

その点、非正規店では、ほとんどの場合データを消去せずに修理ができるので安心です。修理に出す前と同じように、iPhoneを使えます。

ただし、故障の原因や修理内容によっては、データの消去が必要となる場合もあります。修理の説明を聞くときに、必ず確認しておきましょう。

目次へ

iPhone修理を非正規店でするデメリット

正規店サービスを受けられなくなる

非正規店で修理を行う一番のデメリットは、一度正規店以外で修理を行ったiPhone本体は、Apple正規店で修理やバッテリー交換ができなくなるということです。

正規店以外での修理はAppleでは改造とみなされ、改造品の修理はApple正規店では受け付けていません。

このことを知らずに、過去に非正規店で修理したiPhoneをApple正規店に持ち込み、修理をしてもらえなくてびっくりした、という人もいるので、必ず先に知っておきたい知識です。

また、AppleCareやドコモなどキャリア独自の保証サービスを含めて、Appleのメーカー保証の対象から外れてしまう可能性もあります。

一部悪徳業者に注意

正規店と非正規店の違いは、Appleの認可を受けているかいないかの違いですが、多くのiPhone修理非正規店では、修理技術もパーツも満足できるレベルにあります。

しかし、一部の悪徳業者に修理を依頼してしまうと、修理後に再び故障する恐れがあるので注意が必要です。

非正規店では、Apple純正の部品を使用できません。そのため、非正規店は各社それぞれ代替となるパーツを使って修理します。あまりに安価で粗悪なパーツを使用すると、iPhoneの性能が落ちてしまいます。

iPhoneの修理技術の習得方法も、各社さまざまです。技術サービスが満足する腕ではないにも関わらず、修理を行う業者もいるので気をつけましょう。

また、非正規店では初期化せずに修理に出せるので、iPhone本体に残されているデータから、個人情報が抜き出すことも理論上可能です。

目次へ

安心して修理に出せる非正規店とは

非正規店でiPhoneの修理をするには、多くのメリットがあります。しかし、同じ非正規店と呼ばれる会社であっても、ピンからキリまであるのが現状です。決して安くはなく大切なiPhoneを、安心して修理に出せる非正規店の見分け方をチェックしていきましょう。

・営業年数が長い
非正規店では正規店のように、Appleのマニュアルがあるわけではありません。そのため経験が技術の質を見極める重要なポイントになります。

長く営業しているということは、それだけ経験を積んでおり多くの不具合の症例を直してきたということです。

また、悪い評判が立てばお客様は来なくなり、営業を続けることはできないので、それだけ満足しているお客様が多くいるともいえます。

・修理後、一定期間は保証をつけてくれる
非正規店で修理をしたあとに、もう一度不具合が出るか心配で非正規店の利用をためらう人もいるかもしれません。

そのような場合は、修理後に一定期間の保証をつけている非正規店もあるので、保証のある会社を選ぶと安心です。

保証期間や内容、保証外となるケースは、会社によって違ってくるので、修理依頼をする前に、よく確認しておくとよいでしょう。

・修理箇所以外も診断し、どこが壊れているのか説明してくれる
故障箇所の原因の説明をしっかりしてくれるのはもちろん、修理箇所以外にもおかしなところがないかチェックし、それを踏まえたうえで不具合の原因を説明してくれる店舗は信頼できます。

・費用の提示をしてくれる
悪徳な業者によっては、ホームページに掲載している値段と修理後に請求される額が違う、なんてこともあります。

故障の原因によっては、来店前に予想していた金額より高くなることもありますが、修理前に見積もりを聞いておけば思っていた金額より高いというトラブルを回避できます。

安心して修理に出せる!スマホスピタル

iPhoneやスマホの修理を行うスマホスピタルは、北海道から九州まで全国に多くの店舗展開をしているので、修理技術のノウハウも蓄積されており安心です。

Apple Storeと違って店舗数が多いので、持ち込みで修理をしやすいのもポイントです。

ただ、配送修理も行っていますので、店舗に行く時間がない人や近くに店舗がないという人でも利用できます。レンタルiPhoneの貸出しも郵送で行っているので、すべて自宅にいながら完結できます。

・バッテリーの無料点検も
長くiPhoneを使っているとバッテリーの劣化が気になる人もいるのではないでしょうか。スマホスピタルでは、バッテリーの無料点検を行っています。

バッテリーに不具合が起こると、場合によっては写真やアプリといったデータを取り出すのが難しい場合もあります。早めにバッテリーの状態を確認して、必要であれば交換しておくと安心です。

目次へ

まとめ

すぐに故障を直したい人や、保証期間が終わってしまい正規店での修理は高額すぎると感じる人にとって、非正規店は心強い味方となります。

非正規店で修理を行うメリット、デメリットを理解したうえで、信頼できるiPhone修理の非正規店に修理を出してみてはいかがでしょうか。

早くて安心のスマホ修理ならスマホスピタルへご相談ください。

目次へ