iPhoneを修理する際によく見る総務省登録修理業者を詳しく紹介!

修理を民間の業者に依頼する場合、総務省登録修理業者に指定された店舗を選びましょう。 ここでは、誰もが安心してiPhoneの修理を依頼できる総務省登録修理業者について詳しく解説します。


この記事は約8分で読み終わります。

iPhoneの修理には、業者選びが大切です。なぜなら、粗悪な業者に修理を依頼してしまうと、iPhoneの故障や違法なスマートフォン(以下、スマホ)に改造したことによる罰則を受けてしまう可能性があるからです。

総務省登録修理業者とはなにか知ろう

総務省より「法律に則った正しい修理ができる」ことを認められた業者が、総務省登録修理業者です。iPhoneを修理する場合、制度に認定された業者を選ぶべきです。ここでは、総務省登録修理業者について解説します。

総務省登録修理業者とは?

iPhoneの修理には、国から認定を受けた修理業者を選ぶことが大切です。なぜなら、総務省登録修理業者は修理の技術や品質チェックなどについて国からのお墨付きを受けており、修理後のトラブルが発生するリスクが限りなく少ないからです。

総務省登録修理業者制度は2015年4月に開始されました。制度では、電波法と電気通信事業法に基づいた修理を行う業者のみが認定される仕組みです。

反対に、制度によって認められた業者でない場合、iPhoneなどのスマホを修理することが認めらません。そのため、認定を受けていない業者は「闇業者」ということになります。

総務省登録修理業者として認定されるためには、厳しい審査をパスしなければなりません。具体的には、使用する部品の限定や安全性・品質チェック設備の整備、高い技術力の担保などが必要とされます。

こうした厳しい審査に合格した業者のみが、iPhoneの修理をことが認められるのです。

なぜ総務省登録修理業者ができたのか?

では、なぜ総務省登録修理業者制度が始まったのでしょうか?その背景には、違法な修理業者の台頭によるトラブルの増加がありました。

スマホが販売されて間もないころ、これらの修理は正規店のみが取り扱っていました。しかし、スマホが一般に広がるに従って、正規販売店のみでは膨大な修理需要に追い付かなくなってきたのです。そこで、民間のスマホ修理店が誕生しました。

民間のスマホ業者はまさに、玉石混交。低い技術力で違法な修理を行う業者も多数出現します。

iPhoneは電波法で特別特定無線設備に分類され、国内での使用には規制を受けています。そのため、電波法に適合し、日本で使ってもよいとされたスマホには「技適マーク」が付与されます。しかし、制度施行以前は、法律を知らない・故意に守らない業者の修理により「技適マーク」に適合しない「違法スマホ」が誕生するリスクがありました。

これらの違法スマホを使用すると、たとえ故意ではないとしても、使用者が罰せられてしまいます。そこで、違法な修理を防ぎ、使用者が知らず知らずのうちに法律違反を犯してしまわないように、総務省登録修理業者制度がつくられたのです。

目次へ

総務省登録修理業者のメリットは?

総務省登録修理業者に修理を依頼する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下では、登録業者を利用するメリットと、正規店との違いを詳しく解説します。

総務省登録修理業者のメリット

iPhoneの修理を業者に依頼する場合、Appleの正規店か総務省登録修理業者に依頼するのが一般的です。

総務省登録修理業者は正規店ではありませんが、国から認められた業者であるため、修理技術は折り紙つきです。そのため、正規店同様、安心して修理を依頼することができます。

総務省登録修理業者に修理を依頼する場合、正規店であるAppleStoreに比べて「修理費用が安くなる」というメリットがあります。

さらに、修理にかかる時間も短くて済む場合がほとんどです。通常、iPhoneが故障した場合、多くの人は真っ先に正規店での修理を思い浮かべるため、AppleStoreでは順番待ちに長く時間がかかるからです。

また、修理の持ち込みが土日や祝日であれば、さらに多くの時間がかかるでしょう。

AppleStoreは日本全国に店舗がありますが、その多くは都市部が中心で、地方在住の場合は「自宅の近くに店舗がない」といったこともよくあります。その点、総務省登録修理業者はiPhoneを修理できる新しい選択肢としても注目されています。

修理業者は正規店に比べてまだまだ歴史が浅く、認知度は高くありません。そのため、正規店に比べて混雑していることも少なく、待ち時間という点でもアドバンテージがあります。

AppleStoreとの違いは?

総務省登録修理業者とAppleStoreで受けられる修理の違いとして、大きなものの1つに部品の違いがあります。AppleStoreでは純正の部品のみを使用していますが、総務省登録修理業者では必ずしもそうとは限りません。

登録業者は政府から取り扱う部品や修理技術についてお墨付きをもらった業者です。そのため、修理後に故障が起こる可能性は低いですが、純正部品を使わないことがあるため、少なからずあります。

それに対して、AppleStoreに修理を依頼する場合、修理後の故障の可能性は限りなく低いといえるでしょう。

また、総務省登録修理業者とAppleStoreでは、修理方法が異なります。AppleStoreでは、修理に際してデータを初期化が行われます。そのため、修理を依頼する前には、必ずデータのバックアップが必要です。

一方、総務省登録修理業者の場合、データの初期化は必須ではありません。もちろん、故障状況によっては、初期化を行う場面が出てくることもありますが、多くの場合は故障しているパーツのみを修理するのでデータがそのままで返ってきます。

ただし、何かのはずみにデータが初期化される可能性もあるので、事前のバックアップは必ず取っておきましょう。

AppleStoreに修理を依頼する場合、予約がほぼ必須です。なぜなら、多くの店舗は常に混雑しており、飛込での修理依頼であれば、どれだけの時間待つことになるかわからないからです。その混雑ぶりといえば、予約そのものが取りづらいほどです。

仮に予約ができたとしても、前の人の対応が長引いて長時間待たされることもあります。

他方、総務省登録修理業者の場合、AppleStoreほど混雑していることはまれです。予約をせずとも即日修理を行ってもらうこともできるため、iPhoneの修理を急ぐ人は業者に依頼するのがよいでしょう。

このように、AppleStoreには絶対的な安心感、総務省登録修理業者には素早い修理対応、とそれぞれメリットがあるので、自身の要望に合った修理店を選択してください。

目次へ

非正規店で修理する場合は・・・

では、非正規店で修理を依頼したい場合に登録業者とそうでない業者の見分け方はあるのでしょうか。ここでは、総務省登録修理業者の見分け方を紹介します。

事前に総務省登録修理業者か調べよう!

総務省登録修理業者はいわゆる非正規店に分類されます。非正規店は全国に数多く存在するため、その中から制度による認定を受けた店舗を選択する必要があります。そのためには、修理を依頼する前に認定を受けているかどうかを確認しましょう。

確認には、次のような方法があります。

・ホームページの確認

実際のところ、総務省登録修理業者に指定していされている店舗はほんの一握りです。そのため、消費者に安心して修理を依頼してもらうには、お店が認定を受けていることをアピールすることは集客の強みになります。

そこで、多くの店舗では、自社が認定を受けていることをホームページ上で公開しています。

・総務省のリストによる確認

総務省のホームページには、登録業者の一覧(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/sogo_kiban/repairer_info.html)が公開されています。

・電話や店頭での確認

気になる店舗が登録業者に当たるのか否かが、ホームページや総務省のリストでもわからない場合、直接お店に問い合わせてみることが確実です。

昨今は、ネット上でも総務省登録修理業者を容易に見つけることができるようになりました。当社もそのような登録修理業者です。スマホスピタルは全国に支店があるため、お住いの地域で利用していただくことが可能です。

データはそのままに、即日対応も可能です。

さらに、当社には「安心の3カ月保証」があります。修理を行ってから3カ月の間は保障をつけているため、万が一、修理が原因で不具合が発生した場合には、3カ月以内であれば無償で部品交換や修理を行います。

「iPhoneが壊れてしまったのですぐに直して使いたい」という人は、安心して修理をお任せください。

目次へ

まとめ

iPhoneの修理依頼は、安心できる業者を選ぶことが大切です。総務省登録修理業者なら、国からのお墨付きを受けているため安心です。

Appleの正規店と登録業者では、修理技術や品質の点で大きな違いはありません。しかし、使用する部品や修理方法は大きく異なるため、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて選択してください。

総務省登録修理業者はネットでも簡単に探すことができます。全国展開している店舗もあるため、お住まいの地域にある業者を探してみましょう。

目次へ