iPhoneの修理日数はどのくらい!?即日修理できるところはあるのか

iPhoneを使っている人はいつも持ち歩いていることでしょう。頻繁にSNSやメールなどをチェックしている人も多いです。 しかし、常に使っていると故障してしまうこともあります。うっかり水に落として、電源が入らなくなることもあるかもしれません。そんなときには修理に出すことになります。 どのくらいの日数で修理できるのかは気になるところでしょう。ここでは、iPhoneの修理にかかる日数について解説していきます。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneの修理はどこに出せばいい?

まず、iPhoneが故障したときに修理を受け付けている場所を確認しておきましょう。

iPhoneの修理を受け付けてくれるのはここ!

iPhoneの修理と聞いてApple Storeを思い浮かべる人が多いでしょう。Apple Storeでは、iPhoneを含めiPadやiPodなどApple製品の修理を全般的に受け付けています。

Appleの直営店であるため、安心して修理を依頼できるでしょう。Appleの専門技術者が修理を担当し、部品交換を行う際にも純正部品が使用されます。

ただ、Apple Storeは日本には9店舗しかありません。自宅から近い場所にApple Storeがあれば、持ち込んで修理を依頼できますが、近場にApple Storeがない人もいます。そのため、Apple Storeでは、持ち込みの修理だけではなく配送修理も利用可能です。

配送修理では、Appleが指定した配送業者を利用して、故障したiPhoneをAppleリペアセンターに送る仕組みです。

携帯キャリアショップや正規修理業者でもiPhoneの修理を依頼できます。ただし、携帯キャリアショップはauとソフトバンクのみで、ドコモでは受け付けていません。

また、全ての店舗で受け付けているわけではなく、一部の店舗に限られます。auは新宿と仙台の2店舗、ソフトバンクは表参道とグランフロント大阪の2店舗です。
正規修理業者というのは、Appleの認定を受けている修理業者のことを指します。一例を挙げると、カメラのキタムラやクイックガレージなどです。一定の技術力のあるスタッフが担当し、部品交換の際には純正部品を使用しています。

この他に、iPhoneの修理が可能である旨を謳っている修理業者がたくさんありますが、その多くは非正規の修理業者です。Appleとは認定や提携などの関係にはありません。

非正規の修理業者の場合には、Appleが実施する研修を受けていません。そのため、業者や担当するスタッフにより技術力に差があります。交換部品も純正ではありません。

予約は必要?

Apple Storeは店舗数が非常に少ないため、混雑していることが多いです。iPhoneの修理を依頼するために来店するのであれば、予約をしておくのが望ましいでしょう。

予約なしでも修理を依頼できる場合もありますが、待ち時間がかなりかかってしまいます。その日が予約でいっぱいの場合には、キャンセル待ちをするか、他の日に予約を入れて改めて来店するしかありません。Apple Storeの場合、予約はほぼ必須と考えていいでしょう。

携帯キャリアショップも予約をした上で来店するのが無難です。auやソフトバンクの公式サイトから予約できます。予約なしでも受け付けてもらえますが、1時間から2時間程度待つことは覚悟しておきましょう。特に土日は修理以外でも、キャンペーンなどで混雑していることが多いです。

正規の修理業者も比較的混雑します。修理を依頼するために、iPhone端末を持ち込むなら事前予約をしておくのが望ましいでしょう。非正規の修理業者は予約なしでも修理を受け付けてくれるところが多いです。

目次へ

修理日数はどのくらいかかる?

故障したiPhoneを修理に出した場合に、どのくらいの日数で修理が完了するのか見ていきましょう。

即日か1週間くらいでiPhoneは修理可能

Apple Store直営店や正規の修理業者に予約をした上で、iPhone端末を持ち込む場合には、おおよその状態が分かっているため対応がスムーズです。その場で技術者がiPhone端末の状態を見てくれて、たいていの場合、修理も即日で終わります。

そして、修理済みのiPhone端末を持って帰れるでしょう。故障の状態が酷い場合には即日では修理できないこともありますが、それでも1週間程度で直ります。

スマホスピタルなら、軽度の故障はほとんど30分程度と、かなりの短時間で修理が可能です。

auやソフトバンクなどの携帯キャリアショップの場合には、Apple Storeや正規の修理業者よりも時間がかかってしまうことが多いです。店舗の混雑具合にもよりますが、2週間程度はかかるものと考えておいていいでしょう。

特に夏場は水濡れのトラブルが発生しやすいです。修理に持ち込む人が増えるため、普段よりも長くかかってしまう可能性があります。

修理に1週間以上かかるときは代替え機が借りれる場合も

修理が即日で終わらないと、その間スマートフォンを使えないことになります。1週間以上かかるようなときはかなり困るでしょう。

そのため、Apple Storeでは、製品保証の対象の場合には、代替え機の貸出を実施しています。在庫状況にもよりますが、修理に出す機種と同じ機種か近い機種を借りることが可能です。貸出期間は3週間までで、修理済みのiPhone端末と引き換えに返却します。

また、auやソフトバンクでも、iPhone端末を修理に出している間に代替え機を貸してくれます。ただし、auやソフトバンクで独自に行なっているものであるため、同じ機種のiPhoneとは限りません。iPhoneではなくAndroidのスマートフォンを貸し出されることが多いようです。

代替え機の貸出は嬉しいサービスですが、修理に1週間以上もかかってしまうのは、できれば避けたいでしょう。その点、スマホスピタルなら、ほとんど即日で対応しているため、代替え機が必要になることはほぼありません。

目次へ

修理料金は?

費用はiPhoneモデルによって異なる

iPhoneはどの機種でも、購入後1年間のハードウェア製品限定保証と、90日間の無償電話サポートが付いています。さらに「AppleCare+ for iPhone」に加入することで、この保証サポートを2年間に延長することが可能です。

iPhoneの修理料金も、この「AppleCare+ for iPhone」に加入しているかどうかで違ってきます。未加入だと修理料金が高くなるケースが多いです。

また、iPhoneと一口に言ってもたくさんのモデルがあります。同じような内容の故障でも、モデルにより修理料金が異なる場合が多いです。修理を依頼する店舗によっても修理料金に差があります。

画面割れの場合

画面割れはiPhoneの故障の中でも多い部類に入ります。「AppleCare+ for iPhone」に加入しており、保証期間内にApple Storeで修理して貰う場合には、どのモデルでも一律3,400円で修理可能です。

ただし、2回までという制限があります。3回目以降の場合には、保証期間内でも未加入の場合と同じ料金になってしまうため注意しましょう。

未加入の場合には、モデルによって異なり、15,000円から38,000円程度と幅があります。iPhone6やSEなど、古いモデルだと修理料金が安いです。新しいモデルほど高い傾向にあります。

水没の場合

水没して故障した場合の修理料金は、画面割れよりも高めです。「AppleCare+ for iPhone」に加入していて保証期間内なら、どのモデルも一律11,800円かかります。2回までという制限がある点は画面割れの修理と同じです。また、故障の状態によっては修理できない場合もあります。

未加入の場合には、22,400円から68,000円程度です。こちらも新しいモデルほど修理費用が高額で、古いモデルは比較的安く済みます。

目次へ

まとめ

iPhoneの修理は、Apple Storeなら1週間程度かかると思っていいでしょう。すぐに予約を取ることができず、来店するまでの間も何日か待つことになるかもしれません。

携帯キャリアショップだと、もっと長くかかるケースが多いです。正規の修理業者なら修理が早く、即日で済むところもあります。Appleの認定を受けているので安心感があり、交換部品も純正品なのでおすすめです。

その点、スマホスピタルなら安心したサービスで最短即日からの修理が可能です。

目次へ