iPhoneの修理は正規?それとも修理専門店?2つの違いを徹底比較!

みなさんの中にiPhoneを使用している人はいませんか?使用しているiPhoneが故障してしまって修理に出すときに、正規店と修理業者のどちらがいいのか分からない人もいるかと思います。 そこで今回は、iPhoneを修理に出すときに、正規店と修理業者ではどう違うのかについて解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

正規店で修理をする場合

ここでは、正規店で修理するときのメリットとデメリットをご紹介していきます。修理するときには正規店を選択する人も多いと思いますが、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

iPhoneを正規店で修理するメリットとしては、純正の部品を使用しているので安心できる点があります。

正規店は修理のときに純正部品を使用するので、修理した部品の不具合を心配する必要がなくなります。そのため、正規店で修理をした方が、信頼性が高いといえます。

さらに、正規店では特別な技術を持っている技術者が修理を担当するため、信頼感があり、安心して修理に出すことができます。

ちなみに、保証サービスの「Apple Care+」に加入していれば、購入から2年以内の修理であれば費用が安く済むことが多いです。

保証対象外の商品もあるので一概に安くなるとはいえませんが、信頼できる正規店で修理でき、かつ費用が安くなる可能性がある点はメリットであるといえます。

デメリット

iPhoneを正規店で修理するデメリットとしては、修理費用が高いことがあります。正規店はより価格の高い純正の部品を使用します。また、特別な技術を習得している技術者が修理を担当するので、品質は保証されますが、どうしても価格が高くなってしまいます。

また、修理時間の長さもデメリットです。非正規店に比べて正規店で修理をすると多くの時間がかかります。また、正規店には他のiPhoneユーザーも修理に訪れるので、どうしても待ち時間が長く発生してしまいます。

代替機を用意してくれるサービスはありますが、すぐに使用したい人にとっては不便な面もあります。

さらに、修理を出すときには、バックアップを取る必要があります。正規店で修理をするときには、本体交換修理という方式で修理が行われるため、本体を丸々交換することになります。

内部に保存されているデータも残らないので、事前にバックアップを取る必要があります。そのため、わざわざバックアップを取る手間がかかる点もデメリットといえます。

目次へ

修理専門店で修理をする場合

ここからは、修理専門店で修理するときのメリット・デメリットを解説していきます。比較的手軽に利用できる修理専門店ですが、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

修理専門店のメリットは、料金が正規より安いことです。修理に使用する部品も正規品以外が使われることが多いので、その分価格が安くなります。

また、修理にかかる時間が少ないというメリットもあります。修理専門店は、正規店より混雑していることが少なく、修理の程度によっては1時間程度で修理が終わることもあります。

また、多くの修理専門店では、事前に予想待ち時間を案内してくれるところも多くなっています。利用者からすると、時間のロスを減らすことができるので便利です。

さらに、修理のときにバックアップをする必要がありません。修理専門店では、故障している箇所のみ修理するので、データをバックアップしなくても大丈夫です。面倒なバックアップ作業がないので、手軽に修理に出せます。

デメリット

修理専門店で修理するデメリットは、業者によって質にばらつきがあることです。正規店であれば、修理の部品も正規品ですし、修理の質も保証されています。しかし、修理専門店では部品も非正規のものが使用されることが多いです。

その分安くは済みますが、粗悪品だった場合、再修理に出さないといけなくなる可能性もあります。

さらに、修理の技術についても業者によって差が出てしまいます。必ずしも技術力の高い人が修理をしてくれるわけではないので、修理してもすぐに壊れてしまい、また再修理という場合もあります。

中には、未熟な技術やいい加減なサービスを行っている悪徳業者もいるのでそういった部分はデメリットだといえます。

さらに、修理専門店で修理をした場合には、「Apple Care+」などの保証の対象外になってしまう可能性があります。一般的には、一度分解したiPhoneは改造品とみなされ、正規店で修理ができず、保証の対象外にもなるので、修理専門店を使用するときには注意が必要です。

最初から保証を利用したいと考えている場合には、修理専門店を利用する必要があります。

目次へ

正規店と修理専門店、どっちを使えばいい?

ここまでで、正規店と修理専門店のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、実際どちらを選べばいいのでしょうか。メリットとデメリットを知ると余計に悩みますよね。

そこでここからは、状況に合わせた正規店と修理専門店の選び方をご紹介していきます。

修理で優先したいことに合わせて選ぼう

修理の店舗を選ぶときには、自分が修理で優先したいことに合わせて選ぶ手があります。例えば、信頼性を重視するなら正規店、修理時間や修理費用を優先したいなら修理専門店を使用するなど自分が優先したいことに合わせて選ぶといいでしょう。

また、データを残すときの手間も選ぶときの基準になり得ます。データのバックアップの手間が面倒であるなら、修理専門店を選ぶという手もあります。

少しの修理で、なるべく早く修理して欲しい場合には修理専門店、かなり多くの修理が必要で、技術力がある人にしっかり修理して欲しいという場合は正規店というように、iPhoneの修理内容なども考慮しつつ、自分に合った修理店を選択するといいでしょう。

修理専門店で修理をするならスマホスピタル

自分が修理で優先したいことを考えたうえで、修理専門店を利用したいと考えた人は、弊社スマホスピタルでご修理ください。

弊社は全国に80店舗以上展開しており、即日修理・即日引き渡しが可能です。全国に店舗がありますので、お近くの店舗で修理ができます。

また、即日修理・即日引き渡しが可能ということで、すぐに修理して欲しい人でも満足していただけます。修理内容にもよりますが、水没復旧以外の修理なら約1時間で修理が完成するケースが多いです。最短30分程度とスピーディーな修理が可能です。

さらに、修理内容によって異なる場合はありますが、修理の費用もメーカーの半分以下になることもあります。

修理の金額も細かく提示されているので、修理を頼む段階で費用が分かりやすいのもメリットです。

また「修理には出したいけど、正規店に出すほどのお金がない」という人も利用することが可能です。正規店に比べて費用も安いので、気軽に修理に出すことができます。

その他、データはそのままでも修理することができるので、バックアップなど手間がかかる作業を行う必要がありません。このように修理をするなら弊社が大変おすすめです。

目次へ

まとめ

ここまでで、正規店と修理専門店を比較して、iPhoneを修理するときにはどちらを利用すればいいのかを解説してきました。

正規店・修理専門店ともに、メリットとでデメリットがあるので、一概にどちらを利用した方がいいとはいえませんが、自分の優先する基準が満たされている方を選んで修理をお願いするといいのではないでしょうか。

安くて安心のスマホ修理なら、ぜひ、スマホスピタルへお任せください。

目次へ