iPhoneカメラの修理にまつわること

いつでも手元にあって、高画質の画像や動画が撮影できるカメラ機能をそなえたiPhone。肌身離さず持ち歩き、毎日のようにiPhoneのカメラを利用し、なくてはならない必需品となっている人も多いのではないでしょうか。 しかし、カメラは精密機器ですので、落下時の衝撃や水没などでカメラに不具合が出ることもあります。ハード面の問題ではなく、iPhoneのソフトウェアやカメラアプリといった内部の問題が原因で不具合が生じるケースもあります。 ここでは、iPhoneのカメラが不具合を起こすその原因と対処法、修理が必要であれば修理先についてご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

カメラパーツの故障が原因

iPhoneには、内側(インカメラ)と外側(外カメラ)の2つがついています。カメラパーツの故障には、どちらかが故障した場合と両方ともが故障している場合があります。片方だけ壊れている場合は、そのパーツのみの交換でカメラの不具合が直ります。

カメラの部品が原因の場合、どういった不具合が出るのか症状別に見ていきましょう。

カメラに何かが映り込む

撮った画像にゴミやホコリなどの小さな点が写ってしまう時は、レンズの周囲にゴミが付着している可能性があります。

まずは柔らかい布などでレンズや画面を拭いてみましょう。100円ショップなどに売っているレンズクリーナーでも大丈夫。レンズを拭いて余計なものが写らなくなったのなら、レンズの外にゴミがついていたということです。

拭いても何も変わらない時は、ゴミがカメラの中に入り込んでしまっている可能性があります。内部に水滴がたまって曇っている場合も、モヤッとしたものが映り込みます。

この場合は、自分では対応できないので、修理店に持ち込んでカメラ内部のレンズ周辺のクリーニングをしてもらったり、カメラパーツの交換をしたりする必要があります。

ピントが合わない

オートフォーカス機能が使えず写真のピントが合わない場合も、レンズへの汚れの付着が考えられます。何かが映り込んだときと同様に、レンズを掃除してみてください。

レンズ外面の汚れを取ってもピントが合わないときは、レンズ内で問題が発生しているかもしれません。カメラを交換することで改善する可能性があります。

外カメラ・インカメラが使えない

外カメラとインカメラのどちらかが使えない場合は、どちらか一方が故障している可能性が高いです。その際には、故障している部位ごとに交換する必要があります。

また、外カメラ(バックカメラ)がフロントカメラと連動している機種もあります。フロントカメラが起動しない理由に外カメラの故障も考えられる場合は、外カメラの交換となります。

さらに、外カメラ(バックカメラ)がフラッシュや集音マイクと関係している機種もあります。フラッシュが光らなかったり音が拾えなかったりする場合は、外カメラの交換で解消できるかもしれません。

目次へ

iPhone本体の故障が原因

カメラパーツではなくiPhone本体に問題があって、カメラに不具合が出るケースもあります。本体が原因で起こりやすい不具合と対処法を見ていきましょう。

フリーズ

iPhoneのカメラが起動しなかったり画面上何も応答しなかったりなどフリーズしてしまう場合には、iPhone本体ソフトウェアの問題を疑いましょう。また、カメラアプリのエラーが原因の場合もあるので、まずは次の対処法を試してください。

iPhoneが最新のソフトウェアにアップデートされていない場合に、フリーズすることがあります。iPhoneの設定から最新のOSが使用されているかを確認し、最新でなければiPhoneの一般設定からインストールします。

最新のOSを使用しているにもかかわらず、フリーズする場合はiPhoneを再起動してみるのもひとつの手です。それでも不具合が解消されない場合は、iPhoneの初期化やiTunesに接続しての復元で不具合が解消するケースも多いです。

初期化をする場合は、必ずデータをバックアップしておくのを忘れないようにしましょう。

起動してもすぐに落ちる

カメラアプリは起動するけどすぐに落ちてしまう、そんな不具合の時もフリーズした時と同じように、再起動、iTunesへ接続して復元、初期化を試してみましょう。

iPhone本体のソフトウェアやカメラアプリが原因であれば、不具合が解消されて以前と同じようにカメラ機能が使えるはずです。

目次へ

iPhoneカメラの修理ができるところ

単純にレンズに汚れがついていれば拭いて掃除をすればよいですし、不具合の原因がソフトウェアやカメラアプリであれば、アップデートや初期化をすればよいのですが、カメラ内部の汚れやレンズが壊れたといった物理的破損の場合には、修理に出さなければなりません。

iPhoneのカメラを修理へ出すには、Appleの正規店で修理をする方法と非正規のiPhone修理店で修理をするという、大きく分けて2種類の方法があります。

Apple Storeやアップル正規サービスプロバイダで修理

Appleの正規店で修理をするには、Apple Store内の修理サポート窓口であるジーニアスバー(Genius Bar)または、Apple正規サービスプロバイダにiPhoneを直接持ち込む方法と、インターネットから自分で申し込みをしてAppleリペアセンターでの配送修理に出す方法があります。

どの方法でも、Appleの専門的な研修を受けた技術者が純正パーツを使って修理するので安心です。

ただし、ジーニアスバーは、日本国内では東京都内(新宿、銀座、渋谷、表参道)、愛知(名古屋 栄)、京都、大阪(心斎橋)、福岡(福岡 天神)の8店舗(2019年3月現在)しかなく予約も必要なので、店舗の遠方に住んでいるために利用しにくいという人も多いでしょう。

正規サービスプロバイダは、カメラのキタムラやビッグカメラなどの全国の一部サービス提携店舗となっています。Apple Storeよりも格段に店舗数は多いですが、基本的に数日間の預かり修理となるケースが多くなります。

すぐに修理がしたい人にとっては、大変な時間的手間がかかってしまいます。

Appleリペアセンターへの配送修理へは、Appleの公式サイトから申し込みができます。また、ドコモ、au、ソフトバンクといったiPhoneを扱っているキャリアショップでも、iPhoneの修理は受け付けています。

配送修理の場合、修理完了までに10日以上もかかるとAppleでは公式にアナウンスしているので、早く修理を済ませたい人は注意してください。

iPhone修理店で修理

最近ではよく街中で見かけるiPhone修理店で修理する方法もあります。こちらは、Appleの認可を受けていない非正規店ですが、各社独自のテクニックで修理にあたっています。

正規店と比べて、費用が安いことが多く修理時間も短い傾向にあります。中には即日対応をしてくれるところもあります。

正規店に修理に出すと長期間かかる修理時間も、iPhone修理店であればすぐに交換修理をしてもらえるケースも少なくありません。ほとんどの修理店では、故障した部品だけを交換するため初期化する必要がないので、バックアップなどわずらわしいこともしなくて済みます。

カメラの不具合についての持ち込み修理の場合、よくある原因であれば外カメラもインカメラも30分程度で修理完了となりそのまま持ち帰れます。ただし、故障の原因によっては、日数がかかる場合もあります。

また、費用の面では、非正規店での修理は、正規店での修理と比べて安く済ませられることが多いです。これは保証の対象外となるためです。

修理費用は修理会社や機種によって異なりますが、例えば、ある修理店ではiPhone4の外カメラの交換は4,500円程度、iPhoneXであれば16,000円程度となっています。ただし、一度「安いから」と言って非正規の修理店で修理をしたiPhoneは、改造品扱いとなるため今後正規修理店では修理を受け付けてもらえませんので、注意が必要です。

目次へ

まとめ

iPhoneのカメラが不具合を起こす原因と、修理が必要であれば修理先、修理費用についてもご紹介いたしました。

精密機器であるカメラが故障する原因には、落下による衝撃や水没だけではなく、ソフトウェアやカメラアプリの不具合といった、内部の問題も考えられるのです。修理の際は修理期間や費用を考えて修理先を選びましょう。

目次へ