iPhone最新iOS(13)で起こりやすい7つの不具合と対処法!

2019年9月にAppleがリリースしたiOS13ですが、不具合が相次いで起こっているといわれています。現在不具合に対応するべく、頻繁にマイナーアップデートが実施されていますが、まだまだ改善の余地があるようです。 今回はiPhoneの最新バージョンであるiOS13で起こりやすい不具合とその対処法についてまとめました。


この記事は約8分で読み終わります。

iOS13アップデートの不具合

iOS13は、ダークモードをはじめ、カメラ機能の向上やプライバシー、セキュリティー面でも大きく進化したiOSとして発表されました。しかし、機能が大きく向上した裏側で、さまざまなバグも数多く報告されています。

ここでは、とくに不具合として多く上がっているiOS13のバグを7つご紹介します。ご自身のiPhoneの不具合が当てはまっているか確認しておきましょう。

①そもそもアップデートできない

iOS13で実装された新機能を早く体験したいのに、そもそも最新バージョンにアップデートできないというバグも報告されています。

主な症状としては、アップデート中にフリーズしてしまったり、画面がずっとLoading中のぐるぐる状態になって先に進まなかったりします

アップデート中にこのような症状が出現したときは、まずiOSの強制終了をしてみてください。強制終了方法は、機種ごとに異なります。以下に機種別に強制終了方法を解説していきますので、ご自身の機種に合わせて実行してください。

ホームボタンが搭載されている機種の場合は、ホームボタンとスリープボタンを同時押しで強制終了します。ホームボタンが搭載されていないiPhoneX以降の機種は以下の手順です。

①ボリュームアップボタンを押してすぐに放す
②ボリュームダウンボタンを押してすぐに放す
③電源ボタン(サイドボタン)をAppleロゴが出てくるまで長押し
この手順で強制終了することが可能です。

次に試す方法は、強制再起動です。こちらも機種ごとに強制再起動方法が違いますので、ご自身の機種に合わせて実行してください。

iPhone8以前の機種の場合

①電源ボタン(サイドボタン)を画面にスライダーが出てくるまで押し続ける
②スライダーをドラッグして電源を切る
③電源が落ちた状態のiPhoneの電源ボタン(サイドボタン)をAppleロゴが出てくるまで長押し

iPhoneX以降の機種の場合

①電源ボタン(サイドボタン)とボリュームボタンのどちらかを同時にスライダーが出るまで長押し
②スライダーをドラッグして電源を切る
③電源が落ちた状態のiPhoneの電源ボタン(サイドボタン)をAppleロゴが出てくるまで長押し

強制終了や強制再起動でも症状が改善しなかった場合、次に試す方法はiTunesからアップデートする方法です。iTunesでのアップデートには、iTunesのソフトが入ったパソコンが必要ですが、フリーズしているiPhoneでもアップデートできる可能性は高いです。こちらも機種によって方法が異なりますので、ご自身の機種に合わせて実行してください。

iPhone6以前の機種の場合

①パソコンにiPhoneを接続する
②ホームボタンと電源ボタン(サイドボタン)を「iTunesに接続」画面が表示されるまで同時に長押しする
③パソコン画面にアップデートの文字が出てきたらクリック

iPhone7とiPhone7Plusの場合

①パソコンにiPhoneを接続する
②電源ボタン(サイドボタン)とボリュームダウンボタンを「iTunesに接続」画面が表示されるまで同時に長押しする
③パソコン画面にアップデートの文字が出てきたらクリック

iPhone8以降の機種の場合

①パソコンにiPhoneを接続する
②ボリュームアップボタンを押してすぐ放す
③ボリュームダウンボタンを押してすぐ放す
④「iTunesに接続」画面が出てくるまで電源ボタン(サイドボタン)を長押し
⑤パソコン画面にアップデートの文字が出てきたらクリック

これらの方法で改善される可能性があります。

また、iPhoneがLoading中でずっとぐるぐる状態になる不具合は以下の記事でも詳しく紹介しています。

>>iPhoneの”ぐるぐる”はなぜ起きる!ロック画面のぐるぐるの原因と対処法!

②iPhoneが起動しない

ずっと再起動を繰り返しiPhoneが起動しなかったり、Appleのロゴであるリンゴマークが表示されたまま動かなかったりする不具合です。これらは別名、リンゴループと呼ばれる不具合です。

iPhoneが起動しなくなったときの対策として、上記でご紹介した強制再起動が有効です。強制再起動でも症状が改善しない場合は、パソコンが必要ですがiTunesに接続して復元する方法があります。

iTunesでの復元方法は以下になります。
①iPhoneをパソコンにつなぐ
②パソコン側のiTunesソフトを起動する
③iTunes側で、現在つないでいるiPhoneを選び、「iPhoneを復元」をクリックする

この手順でiPhoneの復元が完了です。

また、リンゴループの不具合は以下の記事で詳しく解説しています。こちらも確認してみてください。

>>iPhoneがリンゴループになってしまった!自分でもできる対処法は?

③カメラが起動しない

iPhoneのカメラアプリを起動すると、カメラが機能せず画面が真っ暗のままになる不具合があります。また、カメラが起動してもぼやけて写るという報告もありますので、このような症状が出ている場合は、一度カメラアプリを消して再起動してみましょう。

iPhoneのカメラがぼやける原因と対処法については、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

>>iPhoneのカメラがぼやける原因は?対処方法を紹介!

④FaceIDが機能しない

iPhoneX以降の機種から搭載された、FaceIDという顔認証機能が上手くいかないといった不具合があります。アップデート後にFaceIDが機能しなくなった場合、もう一度FaceIDの顔を再登録してみると改善できるかもしれません。

また、以下の記事では顔認証の不具合に関して詳しく解説しています。FaceIDが機能しない原因を詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

>>iPhoneの顔認証ができない場合の解決方法を紹介!

⑤アプリが機能しない

さまざまなアプリを使って便利になっているiPhoneで、アプリが突然落ちたり同時に複数のアプリを開くとフリーズしたりする不具合もあります。

アプリ自体を一度削除して再度インストールするか、アプリを再起動してみて改善する場合もあるようです。

⑥Bluetooth&Wi-Fiの接続ができない

自宅でWi-Fiに接続してiPhoneを利用している人やBluetoothで他の機器とiPhoneをつなげて利用している人は多いのではないでしょうか?BluetoothやWi-Fiは、今ではiPhoneにとって欠かせない機能です。しかしiOS13の不具合で、BluetoothやWi-Fiを設定しているのにも関わらず、頻繁に接続が途切れるといった症状があります。

Bluetoothの接続が途切れたときにできる対処法は以下の4つです。

1.Bluetoothを一旦オフにして、iPhoneを再起動する方法

2.iPhoneの「設定」→「Bluetooth」→接続が途切れるデバイスをタップ→情報アイコンをタップ→「このデバイスの登録を解除」の方法で、一旦解除してから再接続する方法

3.iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」で設定をリセットする方法

4.iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」→パスコード入力→「ネットワーク設定をリセット」でネットワーク関連の設定のみをリセットする方法

次にWi-Fiの接続が途切れる場合にできる対処法は以下の3つです。

1.Wi-Fiを一旦オフにして、しばらくしてからオンにしてみる方法

2.iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」→パスコード入力→「ネットワーク設定をリセット」でネットワーク関連の設定のみをリセットする方法

3.iPhoneを強制再起動する方法

これらをぜひ試してみてください。

⑦スクロールができない

iPhoneは、タッチパネルをスクロールして動かす操作が多いですが、スクロールが上手くできなくなるといった不具合もあります。

タッチ操作がスムーズに行えなかったり、逆にタッチパネルが勝手に動いたりといった症状も出ることがあるようです。

目次へ

iOS13に不具合が多い理由

iOS13では、iPhoneを快適に使えるようにするために、多くの新機能が追加されました。しかし、高性能な機能が多くなったことで、処理ができないことが問題となってしまっているようです。不具合を解消するためにApple側も随時アップデートは行っているものの、まだまだ不具合が残ってしまっているのが現状といえるでしょう。

今後もアップデートによって改善されていくと予想できますので、今後のAppleの発表やアップデート情報は注意深くチェックしておきましょう

目次へ

iOSが原因ではない場合も・・・

iOS13でよく挙げられている不具合をご紹介しましたが、iOSが原因となって引き起こされる不具合は、iPhoneが故障したときに出る症状でもあります

アップデートやここで紹介した対処法を試しても症状が改善されない場合、iPhone自体の故障が原因の可能性が高いので、iPhone修理店に相談しましょう

スマホスピタルなら、全国に店舗があるので相談から修理がとてもスムーズです。iPhoneがおかしいと感じたらお気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

iOS13では、多数の新機能が搭載された反面、不具合の数も目立ってしまっているようです。iPhoneに不具合が出たら、iOSが原因の不具合なのか、iPhoneの故障が原因なのかを見分ける必要があります。普段から頻繁に使用するiPhoneだからこそ、故障と感じたら素早くスマホスピタルに相談してくださいね。

目次へ