iPhoneに「無効なSIMです」表示!原因と解決法はコレ!

普段はアンテナ強度のマークが表示される部分に「無効なSIMです」と表示されて、モバイル通信ができなくなることがあります。 モバイル通信ができないとなると、途端に使い勝手が悪くなり仕事にも支障をきたす恐れもあるでしょう。 ここでは、「無効なSIMです」と表示されたとき、どのように対処すれば良いかをご紹介します。


この記事は約8分で読み終わります。

iPhoneに「無効なSIMです」と表示される原因

まずは、iPhoneの画面に「無効なSIMです」と表示される原因をご紹介します。「無効なSIMです」の表示が出たとき、多くの人は、“突然表示された”状況だと推測されます。原因を知って、心当たりがないか確認してみてください。

1.iOSとSIMカードのバージョン不一致

iPhoneのアップデートを行ったあとに「無効なSIMです」という表示が出てモバイル通信ができなくなった場合は、iOSとSIMカードのバージョン不一致が考えられます。

このような場合は、iPhoneのアップデートに合わせて、SIMカードの更新が必要です。本来なら、キャリア設定アップデートがあったときは、iPhoneの画面に「キャリア設定アップデートしますか?」と表示が出ます。

このとき「はい」を選択しないと、iOSとSIMカードのバージョン不一致が起こって、「無効なSIMです」という表示が起きる原因になるのです。

2.SIMカードの破損やiPhoneの故障

何らかの原因でSIMカードが破損しているときや、iPhoneが故障しているときは、当然ながらSIMカードの読み込みが正常にできず、「無効なSIMです」という表示が起きる原因になります。

SIMカードが破損している場合は、電話回線を契約している携帯電話キャリアにSIMを確認してもらう、iPhoneが故障している場合は、iPhoneを修理しなければが改善しません。

「無効なSIMです」というポップアップが表示される前に、iPhoneを落下させたり、強い衝撃が加わったりしているときは、SIMカードの破損やiPhoneの故障を疑ってみましょう。

3.iPhoneのネットワーク利用制限

iPhoneのネットワーク利用制限とは、携帯電話会社がiPhoneを通信できないように、制限をかけて使えなくすることです。

ネットワーク利用制限がかけられる原因には、iPhoneの端末代を滞納していたり、通信費用が滞っていたりすることが考えられます。

ちゃんと料金を払っていれば、通常はネットワーク利用制限をかけられることはありません。しかし、中古で購入したiPhoneなどで、前のユーザーが端末代を支払っていないと起こる可能性があるでしょう。

利用制限の確認方法

ネットワーク利用制限は、簡単に調べられます。心当たりがある人は、すぐに調べてみましょう。

ネットワーク利用制限を調べるには、iPhoneの製造番号である「IMEI」が必要です。IMEIは、iPhoneを買ったときの箱の裏面にも記載されていますが、iPhone画面で「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」で調べられます。IMEIが表示したら、そのまま長押しするとコピーできて便利です。

IMEIが分かれば、自分の契約している携帯電話会社のネットワーク利用制限確認サイトへアクセスします。以下に3キャリアのURLを紹介するので、アクセスしてください。

<ドコモ>
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php
<au>
https://my.au.com/cmn/WCV009001/WCE009001.hc
<ソフトバンク>
https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

各キャリアの確認サイトでiPhoneのIMEIを入力すると、「◯」「△」「☓」のどれかで表示されます。

「◯」が表示されたときは、残債なしで問題なく使えますという意味で、「△」が表示されているときは、分割支払中で問題なく使えますという意味です。「☓」が表示されたときは、支払いができておらずモバイル通信がストップされています。

目次へ

iPhoneの「無効なSIMです」表示を消してモバイル通信をするには

ここからは、具体的に「無効なSIMです」の表示を消して、通常の状態で使えるようにする方法をご紹介します。

iOSをアップデートする

iOSのバージョンが最新でない場合は、最新のバージョンにアップデートしておきましょう。一度アップデートすると、元のバージョンには戻せないため注意してください。

まずWi-Fiに接続されているかを確認し、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップしていきます。

最新であれば「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されますが、最新でない場合は「ダウンロードしてインストール」をタップしてください。パスコードを入力し、「今すぐインストール」をタップするとアップデートが開始されます。

長らくアップデートしていなかった場合は、アップデート完了まで時間がかかる可能性もあるため、余裕があるときに実行してください。

機内モードにする→解除する

機内モードの「オン」と「オフ」を切り替えるだけでも、症状が改善する場合があります。

iPhoneの「設定」をタップすると、飛行機のマークで機内モードがあります。切り替えボタンをタップしてオンの状態にしてみてください。

すると、画面上部に飛行機マークが表示されます。機内モードのマークが確認できたら、もう一度「設定」の機内モード切り替えボタンをタップして、オフにしてみましょう。

「無効なSIMです」の表示が消えたか、確認してみてください。

再起動する

iPhoneの再起動でも、改善されることがあります。再起動方法は機種によって違うため、自身の機種を確認してから、以下の方法を選んで再起動しましょう。

・iPhone X・11・12 の再起動
1.サイドボタン(電源)といずれか片方の音量調節ボタンを同時に長押し
2.電源オフスライダが画面に表示されたら、指を離す
3.スライダを右にスライドして電源を切る
4.もう一度サイドボタンを長押しして電源を入れる

・Phone SE (第 2 世代)・8・7・6 の再起動
1.サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しする
2.スライダを右にスライドして電源を切る
3.もう一度サイドボタンを長押しして電源を入れる

再起動が終わったら「無効なSIMです」が消えているか、確認してみましょう。

キャリア設定のアップデートをする

キャリア設定のアップデートをしていなかった人は、iOSとSIMのバージョン不一致が原因になっている可能性が高いです。

キャリア設定のアップデートは、携帯会社のアップデートのことで、iPhoneに「キャリア設定アップデートしますか?」と表示が出ているなら「はい」を選択してそのままアップデートしましょう。

表示が出ていない人は、「設定」→「一般」→「情報」の順にタップして、キャリア設定アップデートの表示が出ていればそのままアップデートしてください。キャリア設定アップデートが必要ない場合は、メッセージは表示されていません。

アップデートが終わったら、「無効なSIMです」の表示が消えているか確認してみてください。

SIMカードを差し直す

SIMカードの接触不良や汚れが原因で「無効なSIMです」が表示されていることもあるので、SIMカードを一度取り出してから差し直してみましょう。SIMカードを抜き差しするときは、必ずiPhoneの電源をオフにしてから行ってください。

iPhone購入時に付属しているSIMピンか、ペーパークリップでトレイを引き出します。iPhoneの機種によってSIMトレイの位置が違うので注意してください。

SIMカードが出てきたら、柔らかい布やティッシュペーパーで優しく拭きましょう。もう一度SIMをiPhoneに差して、電源を入れ「無効なSIMです」の表示が消えているか確認してみてください。

目次へ

iPhone本体はSIMカードの故障が疑われる場合はどうする?

先ほど紹介した5つの対処法を試してみても、「無効なSIMです」という表示が出ている場合は、iPhone本体かSIMカードの故障が考えられます。

携帯電話会社へ問い合わせる

自身が契約している携帯電話会社に、「無効なSIMです」の症状が出ていることを相談してみましょう。

SIMカードに問題がなく、iPhoneの故障であった場合でも、携帯電話会社独自のiPhone補償サービスに入っていれば、そのまま修理を依頼できます。

Appleへ問い合わせる

iPhoneの故障の場合は、Appleへ問い合わせると対処してもらえます。AppleCareへ加入している場合は、修理代金も安く押さえられるため、Appleに修理依頼をするのがおすすめです。

ただし、iPhoneの修理を依頼する際は、予約状況によっても左右されるため、即日修理が難しい場合が多いでしょう。

修理専門業者へ問い合わせる

SIMカードには問題がなく、iPhone本体の故障が確定している場合は、修理専門業者に相談するのもおすすめです。修理専門業者なら、即日修理できることが多く、不具合をすぐに解消できるでしょう。

スマホスピタルなら、データを消去しなくても、そのまま修理できるのでバックアップの手間も省けます。

目次へ

まとめ

「無効なSIMです」という表示は、突然出てくることが多く、モバイル通信が使えなくなるので不便です。ここで紹介した対処法を試してみて、それでも改善されない場合は、キャリアやApple、修理専門業者に相談してください。

目次へ