iPhoneが故障したかも…!症状を確認しよう

毎日いつでも手にしているiPhoneは、生活に欠かせないものですが、時には故障や不具合がおきるものです。故障や不具合はそのまま放置していると、使い勝手が悪いだけでなく、他の部分にも悪影響を与えることがあります。 この記事ではiPhoneの故障の症状から、どのように修理するのが良いのか解説します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneが故障した場合の症状チェック

iPhoneが故障する時には、故障内容に合わせて症状が異なります。よくある故障の症状を見てみましょう。

iPhoneの不具合の部分を確認しよう!

・充電の減りが早い
何回も充電をしていることから、経年劣化となります。バッテリーには満充電できる回数が決まっているので、バッテリーの減りが早くなるのは仕方ありません。バッテリーの不具合は、修理をする以外に解決方法はないでしょう。

・充電ができない
ケーブルを挿しているのに充電がされない場合には、充電口の接触不良や、またはバッテリーの故障が考えられます。充電口を清掃しても症状が改善されない時には、修理が必要になります。

・ホームボタンが反応しない
ホームボタンやスリープボタンは、物理的なパーツですので、経年劣化が避けられません。接触が悪くなることから、反応が悪くなり、最終的には反応しなくなります。別のパーツとして、フレックスケーブルが壊れていることも考えられます。

・音が出ない
通話をしている時に、相手の声が聞こえない、もしくは音楽が鳴らないという症状は、内臓スピーカーの故障が考えられます。録音した音がでないのであれば、マイクが故障していることも考えられるでしょう。

故障した原因がわからない場合

故障した原因が、上記の症状に当てはまっていない場合や、まだ故障の原因が分からない時にはiOS診断を利用するのがおすすめです。
Appleのサイトにアクセスしてから、質問に答えていくことで、考えられる問題や故障している部分を診断可能です。

事前にiCloudのメールアドレスを用意しておきましょう。
準備が完了した後に、お問い合わせのサポートにアクセスします。

製品一覧が表示されるので、iPhoneを選択します。
その次に、不具合が生じている項目を選び、詳細な症状を選択します。画面に従って操作をしていくと、メールアドレスの入力を求められるので入力しましょう。

iOS診断の案内メールが、先ほど入力したメールアドレスに届きます。

診断には、「簡易テスト」と「詳細テスト」の二つがあります。
詳細テストの方がアプリの使用状況やデータも含めた詳細な情報から診断されるので、診断の精度が上がることでしょう。「詳細テスト」を選択するのがおすすめです。

2分ほどの診断の後に、問題があると問題の個所と解決策が表示されます。問題があるのに、問題なしと表示される時には、選択できるサポート方法を通して故障の相談をすることができます。

ネットの情報だけでトラブルを解決できることもあります。
しかし、その情報だけでは解決できない場合には、公式サポートであるiOS診断を試してみるのが良いでしょう。iPhoneの故障の症状を、iOS診断で無料で解決することができるかもしれません。

目次へ

故障の症状がわかった!iPhone修理はどこにだせばいい?

故障の症状の原因が分かった場合に、修理にはどこに出せば良いでしょうか?

Apple Store

最も安心できるのは、Appleが直営しているApple Storeです。
ほとんどの故障の場合に、その場での修理か別のiPhoneと交換してくれるのが特徴です。

故障したとしても、その日の内に新しいものと交換か修理を完了させることができるので、iPhoneがない期間がないのがメリット。

Apple Storeに行く時の注意点は、Genius Barの予約が必要になることです。

予約をしていないと、修理をしてもらうことができないことが、Apple Storeに持っていきたい場合のデメリットとなります。トレーニングを受けた専門家が、マンツーマンでサポートをしてくれるのですが、予約をして時間を合わせる必要があります。

予約をするには、Appleホームページの「Appleサポートへのお問い合わせ」から、もしくは公式Apple Storeのアプリで希望する時間を入力可能です。事前に予約をしてから、訪問するようにしましょう。AppleStoreは日本に8店舗しかないので、地方に住んでいるのであれば、持ち込みは難しくなります。

地方に住んでいる場合には、配送修理を選ぶこともできます。
こちらもAppleの公式サイトから「バッテリー、電源、および充電」などの故障の状態を選択し、配送に必要な情報を入力することで、申し込みが可能です。

日本にある店舗数は多くなくても、配送も選択できるので同じサービスは受けられます。配送修理の場合は、iPhoneが手元にない期間が生じることを覚えておきましょう。

正規店

正規店は、Appleが認定している正規のサービスです。
Appleが認定しているサービスプロバイダが、iPhone修理をより素早くできる仕組みとなっています。全国各地にある店舗に持ち込みをすることで、正規店で修理をしてもらえるのが特徴です。

有名なところでは、ビックカメラやカメラのキタムラなどが当てはまります。
サービスプロバイダの技術者は、トレーニングを受けているので、安心して修理を依頼することが可能です。

純正の部品を使って修理を行うので、Appleの認定を受けた修理を受けることができます。非正規店で修理をすることで、保証の対象から外れるのを避けたい方には、正規店での修理を考慮できるでしょう。

修理を依頼するための訪問を予約することも可能です。すぐに修理をして欲しい時には、各サービスプロバイダのホームページから予約をして訪問をするのが良いでしょう。

サービスプロバイダであれば、大きな都市に見つけることができるので、Apple Storeよりも容易に持ち込み修理が可能です。

近くに正規店がないか、Appleの公式ホームページから確認してみると良いでしょう。

予約がない場合でもサービスは受けられますが、待ち時間が発生することもあります。
行きやすい場所にサービスプロバイダがあるなら、来店の予約をしておくとスムーズに修理ができます。

非正規店

最後に紹介するのは、非正規店での修理です。非正規店と聞くと、修理をしても大丈夫なのかと心配になるかもしれません。
しかしiPhoneの修理をしたい時に、予約なく修理を依頼できますし、幅広い修理を依頼できるのがメリットです。

別のメリットとして、部品単位で修理をするので、データが無くなる心配がないということがあります。正規店での修理では、データを消去して復元する必要があるので、データが無くなってしまうのです。その点非正規店では、データを残したまま修理できるのもポイントです。

iPhoneを修理している業者の中には、悪質なお店もあるので、お店選びは重要になるでしょう。総務省登録修理業者であれば、安心して修理依頼ができます。
せっかく修理をしたのにもかかわらず、すぐに故障するという事態にならないためにも、信頼できるお店に依頼しましょう。

基本的には、あまりにも安い業者でなければ、問題がありません。
部品の値段は、純正と非純正でもある程度同じですので、他の業者と比較をして、修理費用が極端に安い業者は要注意です。

その点、スマホスピタルなら安心して修理を依頼できます。
修理をした後にも3か月の保証が付いていますし、リーズナブルな料金で修理をすることが可能です。
他の方法で修理をしようとしても、高額であきらめてしまうケースも、スマホスピタルに持ち込んでいただければ、低料金で修理が可能です。

スマホスピタルは総務省登録修理業者ですので、安心して修理できるのも特徴です。

修理をしようか迷っているなら、ぜひスマホスピタルに一度お問い合わせください。
納得の価格で、しかもデータをそのままにして修理可能なので、便利に修理依頼ができます。

目次へ

まとめ

iPhoneが故障をした時には、どのような症状なのかによってある程度の部品を予測することができます。いずれにしても、正規店で修理をすると費用が高くなるのが気になるポイントになるケースも多くあります。

修理費用にお悩みなら、ぜひスマホスピタルにご相談しください。

郵送修理や、レンタルiPhoneの取り扱いもあるので、スマホに手元にないと困る方でも
問題ありません。iPhoneの故障に悩んでいるなら、お気軽にご相談ください。

目次へ