覚えておくと便利!iPhoneは使用できませんと出た場合の対処法

パスコードを何度か間違えると、iPhoneは一定時間使えなくなります。うっかり間違えてパスコードを入力してしまって使えなくなった時には、どのようにすべきでしょうか。 また、「iPhoneは使用できません」と表示されたときはどうすればよいのでしょうか。その対処法を紹介します。


この記事は約12分で読み終わります。

「iPhoneは使用できません」が出る原因

まずは、「iPhoneは使用できません」と表示される原因を見てみましょう。

パスコードを間違えた場合

iPhoneに設定したパスコードを6回間違えて入力すると1分、7回で5分、8回で15分、9回で60分間、パスコードが入力できなくなります。

10回以上間違えて入力すると「iPhoneは使用できません」と表示され、初期化しなければ使えなくなるのです。

残念ながら修理店や携帯ショップ、Apple Storeで相談してもどうすることはできないので、初期化するしかありません。

なにもしていないのに勝手に起こることも

iPhoneを操作していないのに勝手に作動する誤作動のことを「ゴーストタッチ」や「タッチ暴走」と呼びます。

iPhoneのタッチパネルは静電気容量保存方式が採用されており、微弱な静電気で動く仕組みです。そのためゴーストタッチは、静電気を含みやすいホコリや湿気が溜まりがちなポケット内で起こりやすい現象です。

ポケット内以外では、iPhoneの画面に保護フィルムを貼っている場合でもゴーストタッチが起こります。キレイに保護フィルムが貼られている場合はゴーストタッチが起こる確率は低いのですが、ホコリや気泡が入っている場合は保護フィルムを一度剥がして取り除いてください。

ゴーストタッチが起こると、iPhoneのパスコードが勝手に入力されてしまうことがあります。誤作動によって勝手に入力されたパスコードは正しくありません。そのため、何度も繰り返し間違ったパスコードを入力されてしまうのです。

何度もゴーストタッチが起こると、先ほど紹介したように回数によって使用できない時間が増えてしまいます。

もしゴーストタッチが起きている可能性がある場合は、これ以上間違ったパスコードを入力されないためにも、iPhoneの電源を切りましょう。電源がオフになっている状態なら誤作動は起こりません。

再びiPhoneの電源をオンにしてもゴーストタッチが起きてしまう場合はホコリや湿気が原因ではなく、タッチパネルやiPhoneの内部が故障している可能性があります。

ゴーストタッチが頻発している場合は修理をしましょう

先ほども紹介したように、iPhoneを再起動してもゴーストタッチが改善しない場合や、頻繁にゴーストタッチが起こる場合は、iPhoneの故障が疑われます。

残念ながら、iPhoneの液晶や内部の部品が故障していることで起きるゴーストタッチは、放置していても直ることはありません。それどころか、ゴーストタッチ以外の不具合が起きてしまう可能性も否定できないのです。そのため、できるだけ早急にiPhoneの修理を依頼する必要があります。

iPhoneの修理を依頼する前に、まずは保証を確認しましょう。iPhoneには、購入してから1年以内であれば「ハードウェア製品限定保証」がもれなく付いています。

この保証を2年に延ばせるのが、AppleCare+というApple独自の保証です。これはiPhone購入から30日以内しか加入できない有料の保証です。

また、これ以外に携帯キャリア独自の有料保証なども存在します。いずれかの保証が有効期限内であれば、保証を利用してAppleやキャリアに修理依頼するのが良いでしょう。

ただし、Appleやキャリアに修理依頼するとなると、いったんiPhoneを預かってから修理センターへ送り修理するため、時間がかかってしまうのが難点です。(ただし、AppleCare+に加入中なら、エクスプレス交換サービスが利用できます)

そのため保証期限が切れていて修理代金が高額になりそうな場合や、すぐに修理して欲しいという場合は、スマホ修理業者に依頼することをおすすめします。

とはいえ、「スマホ修理業者は、非正規だから…」と敬遠している人もいるかもしれません。その場合は、総務省登録修理業者に認定されている業者を選びましょう。

スマホスピタルは修理実績80万台以上を誇る、総務省登録修理業者です。安全で正確な修理と、iPhoneに関する知識や技術には定評があります。安心してご依頼ください。

スマホスピタルは全国に80店舗あるので、いつでも気軽に立ち寄れます。来店時は面倒な予約なしで即日修理もできるので、iPhoneが手元にないという不便な期間が無く、お待たせしません。

iPhoneの修理で心配なのが、修理価格でしょう。高額になりがちなiPhoneですが、スマホスピタルでは公式ホームページに掲載している価格で修理します。もし、他の修理箇所があるなどの理由で掲載価格以上になる場合は必ず了承を得てから修理しますので、修理後に予想より高い価格で請求することはありません。

もし、お近くに店舗がない場合は、郵送修理も受け付けております。レンタルiPhoneサービスも実施していますので、代替機がない方は、お気軽にご利用ください。

目次へ

iPhoneのバックアップをとるなら

先ほども紹介したように、iPhoneのパスコードを10回間違えると初期化するしかありません。

iPhoneを初期化すると、すべてのデータが消去されて工場出荷時の状態に戻ってしまいます。大切なデータを無くさなないためにも、日頃からこまめにバックアップをとっておくことが重要です。(修理依頼する前もバックアップをとってから依頼すると、万が一の場合も安心です)

iPhoneのバックアップは、iTunesを使う方法とiCloudを使う方法がありますが、近年ではiPhone単体で簡単にバックアップできるiCloudが主流です。

しかし、iCloudの初期容量は5GBですので、それ以上のデータ量がある場合は、iCloudの容量を購入しなければならないので注意しましょう。

バックアップ中は、iPhoneが使用できません。また、iPhoneに保存されている容量によっては、バックアップにかかる時間が数時間もかかる場合があります。そのため、iPhoneを使わない時間帯、そして時間に余裕があるときにバックアップすると、あまり不便を感じないでしょう。

iTunesでバックアップを取る

iTunesでバックアップをとるには、PCが必要です。PCにiTunesをインストールして、バックアップをとります。

この方法で注意しなければならないのは、自動同期の設定です。自動同期をオンにしたままバックアップを開始するとデータの重複が起こったり、消えたりする可能性があります。

iTunesでバックアップをとる場合は、必ず自動同期をオフにしてから開始しましょう。

手順1

PCでiTunesを起動し、「環境設定」→「デバイス」→「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れてOKをクリックすると、自動同期をオフにできます。

手順2

自動同期をオフにしたら、USBケーブルでiPhoneとPCを接続してください。接続したら、iTunes画面の左上にあるiPhoneマークをクリックします。

手順3

iTunes画面左端に出ている「概要」を選択し、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まります。iTunesの画面上部にAppleのロゴが表示されれば、バックアップは完了です。

iCloud

iTunesでのバックアップはPC上にデータを保存しますが、iCloudでのバックアップはWeb上にデータを保存します。

PCを持っていなくてもWi-Fi環境さえあればiPhoneだけでバックアップができるので、現在ではオーソドックスなバックアップ方法といえるでしょう。

しかし先ほども解説したように、無料で使えるのは5GBまでです。バックアップをとる容量が5GB以上の場合は、iCloudのストレージを購入しなければなりません。

50GBで月額130円、200GBで月額400円、2TBなら月額1,300円で購入できます。200GBと2TBは、家族と共有して使うこともできますので、あなたの必要な容量や利用条件に合わせて選択しましょう。

手順1

iCloudでバックアップするには、「設定」→一番上に表示されている「自分の名前」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」→iCloudバックアップをオンに切り替える→iCloudバックアップを開始が表示されたら「OK」をタップ→「今すぐバックアップを作成」でバックアップがスタートします。

手順2

最後に作成されたバックアップの時間が出ていれば、バックアップが完了している合図です。

目次へ

「iPhoneは使用できません」が出て初期化する方法

iPhoneは使用できませんと表示された時には、「iPhoneを探す」がオンになっているのか、オフになっているかによって初期化する方法が異なります。

2つの方法をそれぞれチェックしていきましょう。

iPhoneを探すがオンになっている場合

まず、「iPhoneを探す」がオンになっていると、初期化をすることができません。
何とか方法を見つけて、「iPhoneを探す」をオフにして、初期化を進めることとなります。

「iPhoneを探す」がオンになっていると、iTunes経由でも初期化をすることもできないからです。

他の方法を使って「iPhoneを探す」をオフにするには、iCloudにアクセスします。
ここから、初期化をするiPhoneを選択します。
次に、「iPhoneの消去」を選択すると、初期化を進めることが可能です。

画面の指示に従ってデータの消去をしていくと、iPhoneの初期化が完了します。
これはiCloudを利用した場合の初期化の方法です。別の方法として、ソフトウェアを利用して「iPhoneを探す」をオフにすることも可能です。

例えば、dr.fone-iPhone画面ロック解除などのソフトウェアを使うと、画面ロックを解除してデータにアクセスできます。しかしまずは、「iPhoneを探す」をオフにしておく必要があります。実際の手順を見てみましょう。

iCloudにアクセスをして、「iPhoneを探す」をオフにします。
設定が完了したら、iPhoneをPCに接続します。dr.fone-iPhoneをダウンロードして、起動するとメインウィンドウが表示させましょう。

メニューの下側に、「ロック解除」があるので、クリックします。
その後、PCにiPhoneが接続されているのを確認して、「開始」ボタンをクリックしましょう。表示された指示通りに、DFUモードでiPhoneを再起動させます。

次にDFUモードで再起動された後、フォームウェアのダウンロード画面が表示されます。デバイスの型番やOSのバージョンを確認して、ダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了すると、ロック解除ボタンが表示されます。ボタンをクリックした後に、数分待つとロック解除が成功します。

iPhoneを探すがオフになっている場合

「iPhoneを探す」がオフになっている場合には、復元をしてパスコードを削除することで、iPhoneを使うことができるようになります。

こちらの方法でも、バックアップが既にあることが前提になっています。もしバックアップをしていないのであれば、データを救出するのはiPhone修理のサービスを利用しなければないでしょう。

スマホスピタルでも、データの復旧サービスを行っています。もしバックアップを取り忘れてしまった場合や、他店で「データの復旧ができない」と断られてバックアップができない場合は、ぜひ一度ご相談ください。

バックアップがある場合には、iTunesに接続をして、PCとiPhoneを接続します。もし、まだバックアップを取っていないのであれば、iTunesをPCにダウンロードしておきましょう。

iTunesを起動し、PCにiPhoneを接続した段階で、iPhoneを再起動させます。
この再起動の方法は、機種によって異なります。いくつか主な機種の再起動方法をご紹介しましょう。

・iPhoneⅩ以降、iPhone8以降の場合
音量を上げるボタンを押して、すぐに放します。その後、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。リカバリモードの画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続けると再起動されるのです。

・iPhone7、iPhone7Plusの場合
サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。リカバリモードの表示がされるまで押し続けましょう。

・iPhone6s以前の場合
ホームボタンと上部のボタンを押し続けると、リカバリモードの画面が表示されます。

目次へ

初期化を回避する方法はある?

初期化を回避する方法があるのか、見てみましょう。
基本的には、バックアップを取っているのが良いのですが、PCを持っていないなどの環境によっては、以下のポイントを実行することで、初期化を回避できます。

パスコード設定をオフにする

パスコードを10回間違えると、データを消去するという機能をオフにするという方法があります。セキュリティの面では機能をオンにしている方が良いのですが、データ消去機能をオフにしておくと、初期化することを避けられます。

例として、子供がいる家庭などでは、自分が見ていないところでロック状態になることも多いでしょう。セキュリティレベルは下がりますが、機能をオフにしておくのも1つの方法です。

パスコードをオフにしてしまうこともできます。

「設定」から、「Touch IDとパスコード」を選択すると、「パスコードをオフにする」という項目があります。ここから、パスコードの設定自体をオフにしてしまうことが可能です。

もちろんパスコードを要求せずにiPhoneを開けられるのは、クレジットカードの情報が入っている場合にはおすすめできません。しかしどうしても初期化を防ぎたいのであれば、パスコードの設定をオフにすることも選択できます。

パスコードを間違えない、忘れないように注意

1番効果的な初期化を避ける方法は、パスコード自体を忘れないようにするということです。

当たり前のことなのですが、効果的な方法です。簡単なものにするのも、セキュリティの面から良くありませんが、あまりにも難しいのも忘れやすくなります。

セキュリティを高めでおきたいのであれば、パスコードは4桁以外の数字を選択できます。6桁のパスコードにすることもできますし、パスコードを設定する時に、「カスタムの英数字コード」や「カスタムの英数字コード」を選択可能です。

パスコードに英数字を組み合わせると、セキュリティも効果されますので、分かりにくいのですが、忘れにくいパスコードを設定していると良いでしょう。
大切なiPhoneのパスコードを忘れないように、パスコードの設定をする時に、普段使う時のことも考えておきましょう。

目次へ

まとめ

iPhoneは使用できませんと表示された時には、どのように対処すべきなのか焦ってしまいます。
しかしこの記事で取り上げた手順で、初期化を進めていけば、確実にパスコードを解除して、再起動させることができます。

簡単すぎるパスコードもセキュリティの面で心配になりますが、忘れにくいパスコードにすることも大切なことです。特殊文字なども簡単に使えるので、複数の文字を組み合わせて、忘れにくく簡単に解かれないパスコードにしておきましょう。

目次へ