iPhoneのバッテリー残量の表示がおかしい?気になる原因と対処法

iPhoneを使っていて、バッテリーの表示がおかしいと思ったことはありませんか。正確なバッテリー残量を知るための操作方法を知っておくと安心です。不具合が起きてしまった原因と併せて、この記事で紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

iPhoneのバッテリー表示がおかしい!はじめにやるべきこと

iPhoneのバッテリー表示がおかしいときは、まずバッテリーの残量を%(パーセント)で表示するよう設定しましょう。改めて、表示されている残量を確認しておきます。

設定方法は、「設定」「バッテリー」「バッテリー残量(%)」の順にタップし、残量をオンにしたのちステータスバーにバッテリー残量が表示されたら設定完了です。

目次へ

iPhoneのバッテリー表示がおかしくなる原因と対処法

iPhoneのバッテリー表示がおかしくなるのには、次のような原因が考えられます。対処法と併せて紹介しますので、試してみてください。

iPhoneを寒い場所で使用していた

iPhoneのバッテリーには、リチウムイオン電池が使われています。リチウムイオン電池は、軽量や高容量、急速充電が可能など、さまざまなメリットがありますが、暑さや寒さに弱い特徴を持っています。

リチウムイオン電池の使用推奨温度は0℃から35℃とされていますが、なかでも最も理想的な温度範囲は16℃から25℃です。この温度範囲よりも低い温度環境で使用すると、電池の消耗が早まり、バッテリーの使用時間が短くなります。

バッテリーの減り具合がいつもより速い、充電していたのに充電ができていないなど、バッテリーに関する不具合を経験したことのある人も多いかと思います。これらは、バッテリーそのものの性能が落ちているだけでなく、気温が低いための一時的な現象であることも考えられます。寒い環境での使用は、電池の使用時間が短くなるためです。

■対処法
寒い温度がiPhoneのバッテリーに影響を与えている場合は、iPhone本体を適切な温度に温めておきましょう。先ほど紹介した推奨温度が理想ですので、寒いからとはいえ温めすぎも故障の原因となります。ドライヤーの熱風やカイロに当てる、ヒーターの前に置いておくなどの行為は絶対に止めましょう。

少しずつiPhoneを温めるには、ポケットに入れておくのが適切な方法です。温度が上がると、バッテリーの性能も回復します。

うまく充電できていなかった

バッテリー表示がおかしいとき、iPhoneの充電がうまくできていない可能性があることも、覚えておくと安心です。充電できない理由もいくつか考えられます。

iPhoneを充電するときにケーブルを挿しこむライトニング端子には、カバーがついていません。このため、ホコリやゴミが溜まっていることが多く見られます。その状態でライトニングケーブルを挿すと、ホコリやゴミが奥へ押し込まれ、ケーブルと端子が接触できなくなってしまい、充電できないのです。

また、ケーブルの内部で断線していても、充電できなくなります。ケーブルは、充電する際に大きな負担がかかるほか、適切な使い方をしないと断線しやすくなります。ケーブルを引っ張って抜いたり、充電しながらの使用は断線の原因となる場合があるため、十分注意して使いましょう。

■対処法
充電できない場合の対処法として、まず充電ケーブルを変えてみましょう。違うケーブルで充電ができれば、ケーブルに不具合があったと考えられます。

ライトニング端子にゴミやホコリが詰まっている場合は、iPhoneの電源を切ってからライトニング端子の中を確認します。そして、糸くずが出ない棒や布を使ってそっとホコリをかきだしましょう。

金属でできた棒やピンセットなどは、iPhoneがショートしてしまうおそれがあるので、絶対使わないようにしましょう。

時刻のズレによる不具合が起きている

過去の事例ですが、時差がある地域に移動したり、時刻を手動で設定したりすると、iPhoneのバッテリー表示がおかしくなる不具合が報告されています。実際の残量より表示残量の方が多くなる現象ですが、これはiPhone6sと6s Plusの一部で起こっているとのことです。

■対処法
この場合の対処法は、iPhoneを再起動したのち、「設定」「一般」「日付と時刻」の順にタップし、時刻が自動設定になっているかを確認します。「自動設定」の項目がオンになっていなければオンにしましょう。

バッテリーの寿命が迫っている

iPhoneのバッテリー表示がおかしい原因として、バッテリーの寿命が近づいているケースも多く見られます。バッテリーの最大容量を確かめるには、「設定」「バッテリー」「バッテリーの状態」の順にタップすると表示されます。

最大容量とは、新品の状態と比較したバッテリー容量のことをさします。バッテリーが劣化していると、ピークパフォーマンス性能という箇所に「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。」とのメッセージが表示されますので、表示がおかしいと思ったら確認が必要です。

■対処法
iPhoneのバッテリーを交換するには、Apple Storeや購入した携帯電話会社、町にある修理店などに持ち込むか郵送する必要があります。それぞれの店舗で交換費用が異なりますので、希望する店舗で費用を事前に確認しておくと安心です。

目次へ

原因がわからないときのための対処法

これまで紹介した対処法を行っても、バッテリー表示がおかしいままで原因が分からないときは、次の方法を試してみましょう。

強制再起動を行う

iPhoneの動作がおかしいと思ったら、強制再起動を行うと不具合が改善されることがあります。再起動の方法は機種ごとで異なりますので、それぞれ紹介します。

iPhone6、iPhone5、iPhoneSEの場合は、上部ボタン(スリープボタン)とホームボタンを同時に長押しします。また、iPhone7とiPhone7plusであれば、サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しします。

iPhone8以降の機種を強制再起動する場合は、まず音量を上げるボタンを押して離します。その後、音量を下げるボタンを押して離します。さらに、端末の右側にあるサイドボタンを、リンゴマークが表示されるまで押し続けましょう。リンゴマークが表示されたら、手を離して再起動を待ちましょう。

直らないときは修理店へ

これまで紹介した方法を試しても、バッテリー表示が改善されない場合は、修理店へ修理を依頼しましょう。iPhoneの修理を請け負う専門業者は、Apple Storeや正規サービスプロバイダなどの正規店と、街の修理店の2つに分けられます。

正規店では、Apple Care+や契約している携帯電話会社ごとの保証サービスが提供されています。これらのサービスに加入していれば、無料もしくは安く修理できます。しかし、データのリセットが必要となるため、事前にバックアップをとっておかないといけません。

街の修理店へ依頼するならば、スマホスピタルがおすすめです。スマホスピタルは、総務省登録修理業者のひとつで、安心して修理を依頼していただけます。

修理後でもデータはそのままで、バッテリー交換であれば最短15分で修理が完了します。多くの場合で即日修理可能ですので、急いで交換したい場合も対応できます。

バッテリー交換以外にも、iPhoneの幅広い修理に対応していますので、お使いのiPhoneで動作がおかしいと思ったらお気軽にお問い合わせください。

目次へ

まとめ

iPhoneのバッテリー表示がおかしい場合は、今回紹介した対処法を早めに試してみましょう。それでも改善されなければ、スマホスピタルへご相談ください。予約なしでも受け付けておりますので、最寄りの店舗へお立ち寄りください。

目次へ