スクリーンショットができない!iPhone8を例に対処法を紹介

iPhone8でスクリーンショットが正常に行われない場合、単純に操作方法を間違えているだけでなく、故障している可能性もあります。操作の間違いなのか故障なのかを判断するためにも、確認すべきポイントについて把握をしておきましょう。また、システム的な問題で一時的にスクリーンショットができなくなっている場合もあります。 いくつかの対処法を試してもスクリーンショットができない場合は、故障の可能性が高いでしょう。この記事では、iPhone8でスクリーンショットができない原因と対処法についてご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

iPhone8が正常にスクリーンショットできないのはなぜ?

iPhone8が正常にスクリーンショットできないのは、次のような原因が考えられます。

端末に不具合がある

端末に何らかの不具合が起きている場合、スクリーンショットを利用できないケースがあります。例えば、端末を長時間使用していたり、最新のiOSにアップデートしたときなどは、iPhoneの動作が不安定になりやすいです。その結果、スクリーンショットの機能を利用できなくなるのです。

動作が不安定といっても、メインとなる動作には大きな影響がみられないことがほとんどです。そのため、スクリーンショットを利用できないことで初めて動作が不安定なことを知るのです。また、不具合は必ずしも原因を突き止められるわけではありません。

中には、原因不明な不具合によって、スクリーンショットを利用できなくなるケースもあります。

操作ボタンに問題がある

iPhone8/8Plusまでの機種では、スクリーンショットにスリープボタンとホームボタンを使用します。スクリーンショットの撮り方は、電源ボタンとホームボタンの長押しです。つまり、これらのボタン1つに問題が起きていれば、スクリーンショットを撮れないのです。

また、ホームボタンや電源ボタンが壊れると、これらを使用した別の操作もできなくなります。このように、物理ボタンの故障によって複数の問題が発生するため、ボタンの故障が原因の場合は早めに修理を依頼することが大切です。

目次へ

これで解決?スクリーンショットできない場合の対応策

通常の操作でスクリーンショットを撮れない場合は、どのように対応すればいいのでしょうか。次のように対応すれば、問題が解決する可能性があります。

①ひとまず「Assistive Touch」を行う

Assistive Touchを使うことで、通常とは異なる方法でスクリーンショットを撮れます。次のように設定しましょう。

1.「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」
2.「AssistiveTouch」をON
3.「最上位メニューをカスタマイズ…」をタップ
4.「デバイス」→「スクリーンショット」を探して選択→画面右上の「完了」をタップ

上記の設定後、画面に円形のボタンが表示されます。そのボタンを押すことで、今開いている画面のスクリーンショットを撮れます。画面上にボタンが表示されることに、わずらわしさを感じるかもしれません。物理ボタンを押すことなくスクリーンショットを撮れるのは便利ですが、できれば使いたくない方が多いのではないでしょうか。

いずれにしても、ボタンが壊れていると何かと不便なため、早めに修理に出した方がいいでしょう。

②強制再起動を行う

端末に不具合が起きている場合は、強制的に再起動させることで改善する可能性があります。強制再起動は、音量(+)と音量(-)を順番に押し、続けて電源ボタンを長押しします。ただし、これらのいずれかのボタンが故障している場合、強制再起動ができません。

音量ボタンが故障していれば、音量を調節できなくなり、電源ボタンが故障していれば電源を落とすことができなくなります。このように、さまざまな問題が発生するため、早めに修理に出すことをおすすめします。また、強制再起動をする場合、バックアップをとっていないデータが消失することもあるため、普段からバックアップはこまめに行うようにしましょう。

アプリでゲームをしている場合は、必ずセーブすることが大切です。また、ダウンロード中のコンテンツがある場合は、いったんダウンロードを中止しましょう。強制再起動をしてもシステムに問題が起こることはありませんが、あまり頻繁には行わないようにしてください。

③iOS修復を行う

iOSやアプリに問題が起きているためにスクリーンショットを撮れない場合は、「iOSの修復」で改善が期待できます。iOSの修復には、Appleが提供するiTunesや専用の修復ツールが必要です。iTunesでiOSの修復を行う方法をご紹介します。

1.パソコンとiPhoneをUSBで接続する
2.iTunesを開く
3.コンピュータ上でデバイスを選択する
4.アップデートを選択する

iOSが再インストールされます。また、ダウンロードには15分以上かかるため、時間があるときに行いましょう。専用の修復ツールは複数あり、それぞれ使い方が異なります。ダウンロードしたツールの使用方法を確認しましょう。また、信頼できる企業の修復ツールを使うことが大切です。

④ボタンの修理を行う

スリープボタンやホームボタンなど、ボタンそのものが壊れている場合は、iPhoneの専門業者に修理を依頼しましょう。修理を依頼できるのは、Apple直営店、Apple正規サービスプロバイダの専門店、修理専門店のいずれかです。どこに持って行っても同じと思う方もいますが、修理にかかる時間や料金などが異なるため注意が必要です。

この中では、Apple直営店、Apple正規サービスプロバイダの専門店のいずれかに修理を依頼すれば安心と思っている方が多いのではないでしょうか。確かに、サービスの信頼性は高いかもしれませんが、修理を依頼するまでに長い時間がかかります。

Apple直営店は店舗数が少ないため、近くにない場合があります。また、修理を依頼するには必ず予約が必要です。連日混雑しているため、予約がなかなかとれず、修理に時間がかかります。また、修理を依頼してから完了までに2週間程度かかる場合もあるなど、不便な点が目立ちます。

これは、Apple正規サービスプロバイダの専門店も同様です。速やかにボタンを修理したい場合は、修理専門店への修理依頼をおすすめします。ただし、さまざまな修理業者が存在するので、修理を依頼する際は信頼できる業者かどうか十分に見極める必要があります。

iPhone8のスクリーンショットを撮れなくなった場合は、スマホスピタルにご相談ください。スリープボタンとホームボタンの交換修理が可能なため、スクリーンショットのトラブルが解決します。また、全国各地に店舗があるため、すぐにでも修理を依頼したい方におすすめです。

混雑していることはほとんどありませんので、基本的に即日での修理が可能です。また、当社は総務省登録修理業者でもあり、国からの認証を得ています。粗悪品の修理パーツが出回っていますが、スマホスピタルは必ず信頼できる仕入先から入手したパーツを使用します。

修理後にボタンがすぐに壊れるといった心配はありません。長年の経験で培った確かな技術を持つスタッフが親切丁寧に対応いたします。

目次へ

まとめ

iPhone8のスクリーンショットを撮れなくなった場合は、強制再起動したりiOSの修復を試したりしましょう。システム的な問題や物理的な問題が原因だと考えられます。原因に応じて適切に対処すれば、スクリーンショットのトラブルを解消できるでしょう。ボタンの故障が原因の場合は、自分で対処することはできません。修理専門店に修理を依頼しましょう。スマホスピタルは、総務省登録修理業者として安心と信頼を獲得してまいりました。的確に修理いたしますので、お気軽にご相談ください。

目次へ