iPhone7はいつまで使える!?長持ちさせる方法は?

現在お使いのiPhone7が「電池の減りが早くなった」「充電に時間が長くなった」などの理由で、新しい端末購入するのはまだ早いかもしれません。iPhoneは高スペックのスマホなので、まだまだ長持ちする可能性が高いです。 せっかく購入したiPhone7、長く大切に使っていきたいところですよね。ここでは、iPhone7がいつまで使えるのか解説します。また、長持ちさせる方法も紹介しています。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhone7はいつまで使える?

iPhone7はいつまで使えるでしょうか。iPhone7の寿命について説明します。また、寿命がくると、どのような症状が現れるのかもお伝えします。

iPhoneの寿命は大体3年くらい

「iPhone7の寿命っていつまでだろう……」と思うこともあるのではないでしょうか。iPhoneの寿命は“3年間”であるとApple公式で発表されています。しかし、iPhoneは精密機械ですから、すべてのiPhone7が必ず3年間の寿命が持つとは限りません。

毎日、何時間もスマホゲームをしてiPhone7を頻繁に使用している場合と、数分の通話ぐらいしかしないケースでは、圧倒的に使用時間が違います。また、落としたり、水気のあるところで使用したりする機会が多い場合と、丁寧に扱っているケースでもやはり、iPhone7にかかる負担は異なってくるでしょう。

長時間ゲームで遊び続けた人は2年ほどしか持たない可能性があり、反対に使用する期間がない人は5年以上持つ可能性があります。

使用方法や時間、扱い方によってiPhone7の寿命は違ってくる場合があるため、注意しておきましょう。

寿命がきたときの症状

では、iPhone7の寿命が来たときには、どのような症状が出るのでしょうか。寿命がきたとき、以下のような症状がiPhone7に現れる可能性があります。

・充電回数が増える、充電時間が長い

iPhone7には“リチウムイオンバッテリー”とよばれる電池が使用されています。リチウムイオンバッテリーの特徴として「電池が長持ちする」「軽量」「充電が早い」などのメリットがあります。

しかし、バッテリーはいつまでも使用できるわけではありません。使用していくうちに劣化していってしまうのです。

したがって、充電をする回数が増えたり、1回1回の充電時間が長くなってきたりした場合、バッテリーの寿命が近づいている可能性が高いです。

・充電がすぐに減る

充電がすぐに減ってしまうのも、バッテリーが劣化していることが考えられるでしょう。「100%充電していたのに、数時間後には充電がなくなった」というような症状がでた場合、寿命が近づいているサインです。

今まで長持ちしていたバッテリーがすぐ減ってしまうようになるのは、バッテリーが劣化し、電気を維持することが難しくなってしまうからです。

・勝手に電源が落ちる

電源が頻繁に落ちるようになり、再起動も始めようとしないというケース。このケースもバッテリーの劣化が関係して起こっている可能性が高いです。

目次へ

iPhone7を長持ちさせる方法はある?

決して安くはないiPhone7。できることなら長く使用し続けたいところですよね。そこで、ここではiPhone7を長持ちさせる方法を紹介します。

iPhone7を長持ちさせる方法

iPhone7に使用されている「リチウムイオンバッテリー」は、熱に弱いという弱点があります。実際にApple公式では、使用は0℃から35℃、保管場所は、マイナス20℃から45℃を推奨しています。

しかし、100%のフル充電を行うと熱が発生しやすくなり、バッテリーを傷めてしまう原因になりかねません。負荷がかかってしまう可能性があるため、100%のフル充電は控えましょう。

また、充電しながらの使用もNGです!ついついしてしまいがちですが、フル充電と放電を繰り返し、リチウムイオンバッテリーの劣化に拍車をかけてしまうのでやめておきましょう。

・不要な通知はオフにする

便利なアプリの通知も、実はバッテリーを消耗しています。使用頻度が低いものや、必要性が低いものは通知をオフにしておきましょう。

【通知をオフにする方法】

・「設定」→「通知」を開く

・使用後が低いものや必要性が低いアプリの通知を「オフ」に切り替える

修理サポート期間は何年くらい?

Appleでは修理を行っており、万が一故障してしまっても使用し続けることが可能です。iPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償サポートがついています。

他に「AppleCare+」と呼ばれる保証サービスに加入しておけば、AppleCare+の購入日からサポートが2年間に延長可能。AppleCare+の保証が終了したあとは、有償で修理を申し込むことができます。有償修理サポートは、Appleが修理を行っている限り、サポートを受けられます。

しかし「いつまで修理サポートを受けられるのか」と、疑問に思いますよね。

昨年には2012年9月21日発売した「iPhone 5」が2020年12月30日をもって修理サポートが終了することが発表されました。(CDMA版は2020年10月5日)iPhone5のように、古くなった機種は、サポートが終了してしまう可能性があるため、注意しておきましょう。Appleの発表をチェックしておくと安心です。

iPhone5だと発売から約8年間、修理サポートを継続しています。2016年9月16日に発売したiPhone7は、まだ修理サポート終了まで期間に猶予がありそうですね。

目次へ

スペックにこだわらないならバッテリー交換

iPhoneを新しく買い換える必要がないと思っているなら今使用しているiPhone7のバッテリー交換がおすすめです。詳しく説明します。

バッテリー交換で更に長持ち

iPhone7をそのまま使えるのであれば、新しく買い換える必要ないと思っている人はiPhone7のバッテリー交換を行うのがおすすめです。iPhoneは高性能なスマートフォンなので、他製品よりも長く使用できるといわれています。

iPhone7はバッテリー交換で長持ちしやすくなります。「充電ができなくなった」「電池の減りが早い」等の症状は、バッテリー交換で解決することが多く、交換すればまだまだ使用できる可能性があるでしょう。

前で紹介した下記の症状が現れたらバッテリー交換をしましょう。

・充電回数が増える

・充電時間が長い

・充電がすぐに減る

・勝手に電源が落ちる

iPhoneの保証(AppleCare+)に加入している場合は、保証が終了する前にAppleStoreにバッテリー交換依頼をしておくと良いですね。

スマホスピタルならデータそのままで交換可能!

AppleCare+に加入していない場合、AppleStoreでバッテリー交換を依頼すると修理が高額になる可能性があります。AppleStoreは店舗数が全国で8店舗と少なく窓口も混雑して修理までに労力が必要です。また、修理は最低でも10営業日以上かかるため、長期間、スマホが手元にないことに……。

しかもAppleStoreでバッテリー交換すると、初期化されてしまうのでバックアップをとらなければいけません。時間や労力、金額を考えるとハードルが高いのです。

スマホスピタルなら、即日即日対応OK!データそのままで修理可能なため、バックアップの必要もいりません。修理したいけど、AppleStoreに依頼するのが面倒だという人はぜひスマホスピタルにおまかせください。

目次へ

まとめ

iPhoneの寿命は約3年。使用方法によって寿命は異なります。修理を続ければiPhone7は長く使用できます。下記のような症状がでたら修理を検討しましょう。

【症状】

・充電回数が増える、充電時間が長い

・充電がすぐに減る

・勝手に電源が落ちる

iPhone7を長持ちさせるには、以下のことに留意しましょう。

【長持ちさせる方法】

・100%の充電をし続けない

・充電しながらの使用を避ける

・不要な通知はオフにする

即日修理、データ消去なしならスマホスピタルで修理がオススメです。

正規店は受付から修理までに時間がかかってしまうケースがあります。1日でも早く修理したい人は非正規店がおすすめです。

Apple Care+に加入していない場合、正規店では液晶交換修理にiPhone6s、7、8で17,800円~かかります。iPhone Xでは31,800円と高額です。

しかし、非正規店であるスマホスピタル(※梅田店)では、液晶交換修理はiPhone6s、iPhone6Plus5,080円、iPhone8 7,080円。iPhone Xはなんと23,600円で修理可能です。(※軽度の場合)

また非正規店は駅の近くにある場合が多いため、仕事帰り、学校帰りでも寄れます。スマホスピタルではiPhoneの即日修理可能、データもバックアップの必要がなく手間なく修理に出せます。総務省登録もされているので安心して修理ができますよ。

目次へ