お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone以外の修理について

スマホスピタルお役立ち情報 2018年販売されたiPadPro11/iPadPro12.9に問題が!!その問題とは?

2018年に販売されたiPad Pro(第3世代)で、本体自体が湾曲するという問題が発生しているのをご存知でしょうか??その湾曲症状というのが、2018年に販売されたiPad Pro 11インチ/iPad Pro 12.9インチの両方で確認されている状態で、iPad Proを使用しているうちに湾曲してきた方や、購入後既に曲がっていた方などもいるようなんです(゚Д゚;)このiPadPro湾曲問題は販売直後から言われており、曲がるところも端末によって様々なようです。では一体なぜこんなことになっているのでしょうか?

Appleによるとこの問題の原因としては2つ考えられるということです。まず1つ目は、構成部品の金属と樹脂が製造時に冷却されることで湾曲が生じる可能性がある事。2つ目は従来のモデルより筐体素材のアルミが薄い為、温度変化に敏感に反応しているのではないかということです。更に同じiPad ProでもWi-FiモデルとLTEモデルで湾曲の頻度に差があるそうで、LTEモデルの方が内蔵構造が筐体金属部分を分割するように作られている為、曲がりやすい傾向にあるということです。ただ、Appleによると湾曲症状が出ていたとしても、スペックやパフォーマンスに悪影響を与えることはないとの事です。

Appleはこの問題に関しては初期不良(欠陥)とは認めておらず、無料で新品交換できるのかは分からない状態です。筐体の歪みの限界は「紙4枚」の厚みよりも小さい0.4mm以内と決めて品質管理をしているとの事なので、筐体の歪みが平面度基準となる0.4mmを超える場合は一度サポートに連絡するのがよいでしょう。

この不具合についてAppleが提示している保証は、購入してから14日の無条件返品ポリシーで、しかもAppleから直接購入したもののみとなっているようです。ここで注意したいのが、新品購入製品に与えられている「1年間保証」の保証期間内に生じた筐体の湾曲についてのサポートになります。普通であれば、無料で保証となる所ですが、現在のところこの保証も無料ではなく費用がかかってしまうそうです(;´Д`)

この湾曲問題、さほど気になるほどの湾曲具合ならばケースなどで保護することで気にならなくなることでしょう。ケースで保護することで、端末自体を落下させてしまった時などに起こるであろう歪みなども少しは回避できるかもしれませんよ。

当店では、iPadの修理も行っており、もちろんiPad Proの修理も行っております。主な修理内容としましてはガラス交換やバッテリー交換等になりますが、その他の不具合につきましても症状にもよりますが、出来る限り対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせ頂ければと思います(*^^*)

ipad-4550306_1920

当店への道順をYouTubeにて公開中☆

==============================

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。