お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの画面にバグが起きた場合の対処方法とは!

iPhoneに白い線が入った原因は?

iPhoneの画面に、ときおり白い線が入ることがあります。白い線が発生する原因と、対処方法を見ていきましょう。

iPhoneに白い線が入る原因

iPhoneに白い線が入る原因は主に2つの原因が考えられます。

1.   物理的な故障

iPhoneの落下や長期間使い続けることで起こる経年劣化によって、液晶部分やフロントパネルが故障することがあります。故障したときに、白い線が入ることがあります。

2.ソフトウェアの故障

iOSの不具合が発生すると液晶画面に電気が正しく通らなくなる場合があり、そのようなときに白い線が発生することがあります。

このように、iPhoneに白い線が入る原因としては主に物理的な故障とソフトウェアの故障の2つが考えられます。

その他の線が入ってる場合は?

iPhoneには白い線以外にも、斜め線や黒い線、縦線が入ることがあります。これらの症状は、とくに画面の破損とともに発生することが多くあります。画面が反応せずに、タッチパネルが誤作動するなどの問題が発生します。

黒い線や斜め線などが入る原因として考えられることは、物理的な故障です。

このとき、確認をしてほしいのは、着信やメールが受けられる状態であるか否かです。受けられる状態であれば、画面のみが故障していることが考えらます。対して、動作がまったくしない場合は、内部のパネルまで故障している可能性があります。

このように、判断することができれば、症状によって故障しているところを見極めることができます。

目次へ

iPhoneの画面バグの対処方法!

続いて、iPhoneの画面バグの対処方法を解説します。

iPhoneの画面バグの対処方法は?

iPhoneの画面バグの対処法としては、3つあります。

1. アプリを閉じる

不具合が発生する原因は、物理的な故障以外にもシステムの問題である可能性があります。まずは、アプリをすべて完全に閉じてみましょう。

アプリを閉じる方法としては、ホームボタンを素早く2度押しします。すると、マルチタスク画面が開きます。閉じたいアプリの画面を上方向へスワイプすると、開いていたアプリを終了することができます。

これらの作業を行わないと、アプリを終了したつもりでも、実はバックグラウンドで作動していることが大いにしてあります。その場合、気がつかない間にiPhoneに大きな負担をかけていることが考えられます。負担が、大きくなるとバグが発生しやすくなるのです。

2.iPhoneの再起動を試してみる。

iPhoneもパソコンと同じように、再起動するとバグが解消される可能性があります。

アプリを閉じても変わらない場合は、再起動を試みましょう。再起動の方法については、以下の節で詳しく説明をします。

3.リセットを試してみる

リセットは、バグがどうしても解決できない場合に有効な方法です。実行することで、バグが解消される可能性があります。

リセットの方法は、機種により異なります。

  • ・iPhone7以降の機種:スリープボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続ける
  • ・それ以外の機種:スリープボタンとホームボタンを同時に押し続ける

リセットを行った場合、すでに保存されているデータや設定は、消えることはありません。しかし、強制的にリセットをかけているため、直前に使用していた保存前のデータなどは失われてしまう可能性があります。

それぞれのiPhoneの再起動の仕方

iPhoneの再起動方法はシリーズによって異なります。

  • ・iPhone6S以前

ホームボタンと電源ボタンの長押しで強制的に再起動することができます。長押しを続けているとAppleロゴが表示されるので、その状態になれば再起動は完了です。

  • ・iPhone7 / iPhone8

音量を下げるボタンと電源ボタンを長押しすることで行うことができます。iPhone7シリーズとiPhone8シリーズでは、ホームボタンが無くなったため、以前の機種とは再起動方法が異なっています。

  • ・iPhoneX / iPhoneXS

音量(大)ボタンを押してすぐ離し、音量(小)ボタンを押してすぐ離した後に、サイドボタン(電源ボタン)を10秒ほど押し続けると強制的に再起動することができます。

目次へ

それでも画面がおかしい場合は?


iPhoneにバグが発生したときの対処法を紹介してきました。しかし、これらの対処法を実施しても、画面のバグが直らない場合はどうすればよいのでしょうか。

対処法を実施しても、画面が直らなかった場合の解決法をご紹介していきます。

AppleStoreに相談!

画面のバグが直らない場合の対応のひとつには、AppleStoreに相談する方法があります。画面のバグが物理的原因の場合、液晶画面の交換を依頼しましょう。

AppleStoreの店舗に出向いて修理を行う時には、予約が必要になります。事前に予約してから、利用するようにしましょう。

iPhoneの画面修理にかかる費用については、AppleStore製品に対する保証である「AppleCare+」に入っている場合には、税別で一律3,400円で修理を行うことができます。

保証対象外の場合の修理費用は、はシリーズによって異なります。下限で税別14,800円からで、上限で税別37,400円ほどになります。

AppleCare+に加入している場合とそうでない場合は、大きく金額が違ってくるため、故障したときのことを考えてあらかじめAppleCare+に加入しておくことをおすすめします。

なるべく早く修理したい!

iPhoneの修理を依頼する場合、真っ先にAppleStoreを思い浮かべます。しかし、AppleStoreでなくても街にあるiPhone修理業者に依頼して修理をしてもらうことができるのです。

前述したとおり、AppleStoreでは、修理に出すときに予約が必要です。さらに、修理までに時間がかかることもあります。そのため、早く修理をする必要がある場合は、iPhone修理業者に依頼することをおすすめします。

スマホスピタルでは、iPhone修理を行っています。店舗は全国の主要となる駅近くにあります。年中無休で午前10時~午後21時まで営業しているため、仕事帰りに立ち寄っていただくことが可能です。

修理後は、3カ月の保証が付いているので安心して利用していただけます。iPhoneが故障してしまった場合には、ぜひご利用ください。

目次へ

まとめ

iPhoneの画面に、バグが発生したときの対処法についてご紹介しました。バグが発生したときには、自分でできる対処法をまず、行ってみましょう。

それでも解決しないときには、修理業者での修理が必要です。早く修理をしたいときにはスマホスピタルがおすすめです。「壊れたかな?」と思ったときには、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。