お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneカメラでQRコードを読み取れない?対処法を解説!

QRコードは知りたい情報を確認したり電子チケットに利用したりなど、さまざまなシーンで導入されています。スマホのカメラで読み取りできるため、バーコードのように専用リーダーを用意する必要もありません。

最近では、QRコードを使用したキャッシュレス決済の利用も拡大しています。

QRコードを読み取る機会はいつ訪れるかわからないため、手順を確認しておくと安心です。本記事では、iPhoneでQRコードを読み取る基本的な手順を解説します。

iPhoneでQRコードを読み取る方法

QRコードを読み取る方法はいくつかあります。

まずはiPhoneで読み取る手順を確認してみましょう。

方法1:標準カメラアプリで読み取る

QRコードの読み取りはiPhoneに標準搭載されたカメラアプリで行えるため、新たに専用アプリをインストールする必要はありません。iPhoneのカメラアプリでQRコードを読み取る基本的な手順は次の通りです。

  1. カメラアプリを開く
  2. 読み取りたいQRコードにカメラをかざす
  3. 画面上部に「○○QRコード」のメッセージが表示

iPhoneでQRコードの読み取りが正常に完了したら、画面上部に「○○QRコード」のメッセージが表示されます。メッセージをタップすると、Webサイトやアプリのインストール画面などにアクセスできます。

また、メッセージを下にスワイプすると、Webサイトやアプリの詳細を表示させることが可能です。

方法2:コードスキャナーで読み取る

各種設定の変更や機能にスムーズにアクセス可能なコントロールセンターでは、QRコードの読み取りも可能です。ただし、予めコントロールセンターにコードスキャナーを追加しておく必要があります。

コントロールセンターのコードスキャナーでQRコードを読み取る手順は次の通りです。

  1. ホーム画面で右上端から下にスワイプ
  2. 「コントロールセンター」を表示
  3. 「コードスキャナー」のアイコンをタップ
  4. コードリーダーが起動
  5. 読み取りたいQRコードにカメラをかざす
  6. 画面上部に「○○QRコード」のメッセージが表示

コントロールセンターに表示させる方法

iPhoneによっては、コントロールセンターに「QRコード」のアイコンがないことがあります。たとえば、OSのバージョンがiOS12にアップデートされていない場合です。「QRコード」のアイコンがないときは、次の手順でコントロールセンターに追加できます。

  1. 「設定」を開く
  2. 「コントロールセンター」をタップ
  3. 「コントロールをカスタマイズ」をタップ
  4. 「コントロール追加」一覧の「QRコードをスキャン」の「+」をタップ

「QRコードスキャン」を追加した後は、コントロールセンターを開いて正しく表示されるかを確認してみましょう。

方法3:Chromeアプリから読み取る

iPhoneに標準搭載されたカメラアプリでQRコードを読み取ると、Safariが自動で起動します。そのため、QRコードを使用してWebサイトにアクセスする際には、「○○QRコード」のメッセージをタップするとSafariで表示されます。

QRコードはChromeアプリでも読み取り可能です。WebサイトをChromeで表示させたい場合は、カメラアプリではなくChromeアプリでQRコードを読み取ってみましょう。ChromeアプリでQRコードを読み取る手順は次の通りです。

  1. ホーム画面で「Chrome」アイコンをロングタップ
  2. 3Dタッチメニューが表示
  3. 「QRコードをスキャンします」をタップ
  4. 「”Chrome”がカメラへのアクセスを求めています」のメッセージが表示
  5. 「OK」をタップ
  6. カメラが起動
  7. 読み取りたいQRコードにカメラをかざす
  8. 画面にURLが表示
  9. 「開く」をタップ

方法4:LINEアプリから読み取る

QRコードはiPhoneに標準搭載されたカメラアプリやコードスキャナーのほかに、LINEアプリでも読み取り可能です。LINEアプリには、アカウントのQRコードで「友だち」追加できる機能があります。

「友だち」追加用のQRコードリーダーは、一般的なQRコードの読み取りにも使用できます。LINEアプリでQRコードを読み取る手順は次の通りです。

  1. LINEアプリを開く
  2. 「ホーム」をタップ
  3. 「友だち追加」のアイコンをタップ
  4. 「QRコード」のアイコンをタップ
  5. QRコードリーダーが起動
  6. 読み取りたいQRコードにカメラをかざす
  7. 画面にURLが表示
  8. URLをタップ

方法5:QRコード読み取りアプリを入れる

iPhoneのモデルによっては、標準搭載されたカメラアプリでQRコードを読み取れないことがあります。iOS11以前のiPhoneでQRコードを読み取るためには、専用アプリのインストールが必要だからです。

QRコードの専用アプリは数多くリリースされており、App Storeからインストールできます。アプリごとに手順は異なりますが、基本的な手順は次の通りです。

  1. 「QRコード専用アプリ」を起動
  2. 読み取りたいQRコードにカメラをかざす
  3. 画面に読み取り結果が表示
  4. 読み取り結果をタップ

iPhoneの画面上のQRコードを読み取る方法

iPhoneの画面上に表示されたQRコードは、標準搭載されたカメラアプリでは読み取りできません。

iPhoneの画面上に表示されたQRコードは、おもに次の方法で読み取りできます。

  1. Safariで読み取る
  2. LINEアプリで読み取る

それでは、各読み取り方法を詳しく解説します。

Safariで読み取る

iPhoneに表示されたQRコードは、Safariでの読み取りが可能です。Safariは、iPhoneやiPadなどのApple社製品の標準ブラウザです。SafariでQRコードを読み取る手順は次の通りです。

  1. Safariを起動
  2. QRコードが表示されたWebサイトを開く
  3. 画面上のQRコードをロングタップ
  4. メニューの「開く」をタップ
  5. Webサイトのページが開く

QRコードでWebサイトにアクセスする場合は、Safariを使用すればQRコードのスクリーンショットを撮る必要がないので便利です。

LINEアプリで読み取る

iPhoneの画面上に表示されたQRコードは、LINEアプリでも読み取り可能です。ただし、LINEアプリを使用する際には読み取るときに予めQRコードをスクリーンショットとして保存、または画像としてダウンロードしておく必要があります。

LINEアプリでiPhoneの画面上に表示されたQRコードを読み取る手順は、次の通りです。

  1. QRコードの画像をiPhoneに保存
  2. LINEアプリを開く
  3. 「友だち追加」のアイコンをタップ
  4. 「QRコード」のアイコンをタップ
  5. QRコードリーダーが起動
  6. 画面右上のサムネイルをタップ
  7. 画面にURLが表示
  8. URLをタップ

iPhoneでQRコードを読み取れない場合の対処法

iPhoneでQRコードが上手く読み取れないトラブルが起きることがあります。ここからは、iPhoneでQRコードを読み取れないときの対処法をわかりやすく解説します。

対処法1:カメラアプリを再起動させる

iPhoneでQRコードを読み取る代表的な方法は、標準搭載されているカメラアプリの使用です。カメラアプリに何らかの不具合が起きていると、QRコードを上手く読み取れないことがあります。このようなときには、カメラアプリを再起動させてみましょう。

カメラアプリを再起動する手順は次の通りです。

  1. ホーム画面を素早く2回タップ
  2. カメラアプリを上にスワイプ
  3. カメラアプリ終了
  4. カメラアプリを開く

カメラアプリを再起動すると不具合が解消され、QRコードが正常に読み取れるようになる可能性があります。

対処法2:iPhoneを再起動させる

QRコードが上手く読み取れないときは、iPhone本体に何らかの不具合が起きている可能性があります。iPhoneの不具合が一時的なものであれば、再起動するとQRコードが正常に読み取れるようになることがあります。

ここで、iPhoneを再起動する手順をモデル別に紹介します。

【iPhoneⅩ、11、12、13】

  1. 「電源ボタン」と音量調節ボタンの片方を同時に長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. 電源オフスライダをドラッグ
  4. 30秒程度で電源がオフ
  5. Appleのロゴマークが表示されるまで「電源ボタン」を長押し

【iPhone 5以前、6、7、8、SE(第1、2世代)】

  1. 「電源ボタン」を長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. 電源オフスライダをドラッグ
  4. 30秒程度で電源がオフ
  5. Appleのロゴマークが表示されるまで「電源ボタン」を長押し

対処法:3:QRコード読み取り機能をオンにする

iPhoneでは、QRコードの読み取り機能をユーザーの利用状況に合わせてオンとオフに切り替えることが可能です。通常の手順でQRコードが読み取れないときは、機能がオフになっていないかを確認してみてください。

QRコードの読み取り機能をオンに切り替える手順は次の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「カメラ」をタップ
  3. 「QRコードをスキャン」のスイッチを右にスライド

何らかの事情でQRコード自体をカメラで撮影する際には、機能をオフに切り替えてから行いましょう。機能がオンになっていると、QRコードを読み取ってしまうからです。オフに切り替える場合は上記に沿って「3.」まで進み、スイッチを左にスライドさせればOKです。

対処法4:QRコードに汚れやしわがないか確認する

雑誌や広告などの紙媒体に表示されたQRコードを読み取る際には、汚れやしわがないかを確認しましょう。QRコード自体に汚れやしみがあると、読み取りの処理が正常に行われないことがあるからです。

汚れやしわが原因で読み取りできないと考えられるときには、QRコードをキレイな状態にして再度チャレンジしてみてください。また、QRコードではなくカメラのレンズに汚れが付着していると、上手く読み込めないことがあります。

カメラのレンズに汚れが付着している場合は、柔らかい布やメガネ拭きなどで拭きとりましょう。

対処法5:カメラアプリのモードを確認する

iPhoneに標準搭載されたカメラアプリには、タイムプラスやポートレートなどのさまざまなモードが用意されています。カメラアプリでQRコードを読み取るためには、モードが「写真」または「スクエア」のいずれかでなければなりません。

カメラアプリでQRコードが読み取れないときは、設定しているモードを確認してみてください。モードがQRコードに対応したモードでない場合は、設定を切り替えると正常に読み取れるようになる可能性があります。

カメラアプリのモードを切り替える手順は次の通りです。

  1. カメラアプリを開く
  2. 画面を左右にスワイプ
  3. 「写真」または「スクエア」に変更

対処法6:QRコードと適切な距離を取る

iPhoneでQRコードを正常に読み取るためには、本体とQRコードの距離に注意が必要です。本体とQRコードの距離は、近すぎても遠すぎても読み取れないからです。たとえばQRコードが小さい場合、近すぎると読み取りしにくくなるため、少し遠ざけてみましょう。

また、遠くに表示されたQRコードは小さいため、十分な大きさになるまでiPhoneを近づけると読み取りやすくなります。QRコードを上手く読み取るポイントは、QRコード全体がカメラに写るような距離の調整です。

対処法7:QRコードのピントを合わせる

ピントが合わなければ正常に読み取れないため、できるだけピントを合わせるように調整してみましょう。それでも上手くいかない場合は、画面に移ったQRコードをタップしてみてください。

また、周囲に物が多いときには、QRコードが認識されずピントが合わないことがあります。QRコードを読み取るときにはできるだけ周囲の物を減らすと、読み取りがスムーズになります。

対処法8:明るい明るい場所で読み取る

周囲の明るさが影響している可能性も考えられます。QRコードは、薄暗い場所や光が強すぎる場所だと上手く読み取れないことがあるからです。

薄暗い場所でQRコードを読み取るときには、明るい場所に移動するかiPhoneのライトを使用して再度チャレンジしてみましょう。一方で光が強すぎる場所の場合は、できるだけ光が反射しない場所に移動して試すと改善されることがあります。

対処法9:iOSを最新バージョンへアップデートする

iOSに不具合が起きている可能性も考えられます。iPhoneを快適に使用するためには、iOSを常に最新バージョンにしておく必要があります。バージョンが古い場合は、最新のものにアップデートしてみましょう。

iOSを最新バージョンにアップデートする手順は次の通りです。

  1. Wi-Fiに接続
  2. 「設定」を開く
  3. 「一般」をタップ
  4. 「ソフトウエア、アップデート」をタップ
  5. 「ダウンロードとインストール」をタップ
  6. パスコードを入力
  7. 利用規約を確認して「同意する」をタップ
  8. 更新データのダウンロード開始
  9. 「今すぐインストール」をタップ
  10. アップデート開始
  11. 自動で再起動

対処法を試しても改善されない場合

上記で紹介したさまざまな対処法を試してもQRコードが読み取れないときには、AppleサポートやiPhoneの専門業者に相談してみましょう。

Appleサポートに相談

メーカーであるAppleのサポートに相談するとトラブルの解決につながるアドバイスが受けられます。通常、上記で紹介した対処法を試してもQRコードが読み取れない場合、iPhone本体に問題がある可能性が高いです。

Appleサポートの連絡先電話番号と受付時間は、次の通りです。

連絡先電話番号 0120-277-535
営業時間
  • 月~金:9時~19時
  • 土、日:9時~15時

また、Appleサポートへの相談は、電話のほかにチャットや専用アプリでも受け付けています。専用アプリを利用すると、iPhoneの相談だけでなく修理の予約もスムーズです。

iPhoneの専門業者に相談する

QRコードが読み取れないトラブルは、AppleサポートのほかにiPhoneの専門業者にも相談可能です。Appleサポートに修理を依頼した場合、iPhoneがユーザーに返却されるまでに1週間程度の時間を要するケースも少なくありません。一方でiPhoneの専門業者なら即日返却に対応しているところも多いため、できるだけ早く修理したいユーザーにはおすすめです。

iPhoneの専門業者であるスマホスピタルは、修理内容によっては即日対応も可能です。QRコードが読み取れない原因がわからない場合もご相談ください。もしiPhoneの故障が原因であれば、ご希望の場合その場での修理も承ります。

→スマホスピタルに相談する

QRコードが読み取れないときは最初に再起動を試してみよう

iPhoneでQRコードが読み取れない場合でも、本体が故障したと諦めるのはまだ早いです。何らかの対処法を試せば、QRコードが正常に読み取れるようになる可能性が高いからです。トラブルに遭遇したときには、まずはiPhoneの再起動を試してみてください。

再起動は、iPhoneのさまざまなトラブルを解決できる可能性がある手段だからです。さまざまな対処法を試してもQRコードが読み取れない場合は、ほかの不具合が起きる前にAppleサポートや専門業者に相談しましょう。

スマホスピタルではiPhoneの故障だけでなく、設定や操作に関するご相談も受け付けています。事前にご予約いただければ、店頭でお待たせすることなく対応可能です。iPhoneのトラブルはぜひ一度スマホスピタルにご連絡ください。

→スマホスピタルに相談する

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。