お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 液晶のダメージによる画面の線について

ひと昔前はパソコンで視るのが当たり前だった動画は

今ではiPhoneなどのスマートフォンで視るのが当たり前になっています。

そのためにもiPhoneなどのスマホの画面は出来るだけ綺麗であって欲しいものです。

スマホは常に外に持ち運ぶものなので、故障のリスクがいつも付いてきます。

画面の故障で一番多いパターンは

表面ガラスにクモの巣状にヒビが入る「画面の破損」ですが、

そのほかにも「画面の液晶に色々な色の線が入る」故障も結構見かけます。

S__13385730

iPhoneなどのスマートフォンを滑らせて下に落とした時、持ち上げて画面割れが

無いことを確認し安心したのも束の間、

液晶に虹色の線が入って画面が全く見えなくなることが結構多いです。

iPhoneの画面に線が入る故障ですが色々な線のパターンがあります。

縦線・横線・斜めの線・白い線・黒い線etc…

画面に入る線の症状は様々ですが、共通して言えるのはどれも発生すると

画面を見るにも操作するのにも不便になってしまう厄介なものです。

今回は「iPhoneの画面に線が入ってしまった時の正しい対処の仕方」について

ご説明させていただきます。

 

先ずはiPhoneの液晶に線が入ってしまった時の応急処置をお伝えする前に、

「液晶に入る線の種類」についてご説明します。

いくつかの要因によってある特定の「線」やあるいは複数の「線」が

画面に出てきますが大きく分けてこの二種類に分類されます。

〇ソフトウェア(システム的な)故障による線

〇ハードウェア(物理的な)故障による線

どちらも画面の表示に悪影響を与えて、操作を妨害する点ででは一緒なんですが

原因が違うので最適な直し方も異なってきます。

液晶に線が入って困っている人はどちらの線に当てはまるかチェックしてみてください。

S__13385732

先ずは〇ソフトウェア(システム的な)故障による線の場合、

 

ガラスがヒビ割れてしまっていますが、上記の〇「白い線」「縦線」はソフトウェアの故障の可能性があります。

システムの不具合により、液晶の画面の一部分に正しく電気の信号が送られていない状態です。

ただ気を付けて欲しいのが、「白い線」「縦線」が出ているからといって

必ずしもシステムが故障しているとは言い切れなかったりします。

取り扱いには注意が必要なので、自分で修理しようとはせず、

スマホスピタル尼崎店にご相談ください。

基板に問題が無い限り、画面の交換で改善できることが殆どです。

店舗に部品の在庫があれば、即日でお返し出来ます。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。